• このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーザー生放送の満席時追い出しの仕様変更から見える運営の意図とは
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ユーザー生放送の満席時追い出しの仕様変更から見える運営の意図とは

2014-09-18 21:00
    追記 2014年10月12日, 2014年12月26日
    2014年10月7日頃に昔の仕様に戻り、立ち見Aでも一般会員は頻繁に追い出されるようになったが、10日の21時頃から昔の仕様と以下の新しい仕様の2つが混在する。

    続報 放送によって、21時過ぎから一般アカウントが弾かれる昔からの仕様に変わった放送と、満員になるまで一般アカウントが弾かれない9月に変更された仕様の放送の2種類が存在するようです。運営さんが現在進行形で裏で仕様をいじってるんでしょうか?

    ― まるはに (@maruhani2525) 2014, 10月 10


    詳細はこちら
    2014年9月から始まったユーザー生放送の席追い出しの変更まとめ:まるはにのブロマガ

    追記ここまで

    この仕様変更が何をもたらすかというと、ユーザーチャンネルに選ばれた、または選ばれる可能性のあるユーザーの生放送がニコニコミュニティからユーザーチャンネルにシフトする

    2014年に100チャンネルを目指しているユーザーチャンネルはもう1,2回は選考があるはずなので、そこでたくさん月額課金してくれそうなユーザーの応募と推薦があり次第選ばれる。

    チャンネル生放送の追い出しの仕様は今まで通りなのでアリーナ席でコメントするにはチャンネルで生放送してくれたほうが月額会員にとっては都合が良い。チャンネルコンテンツを無料にしつつ(基本生放送は無料、一部の動画は有料)アリーナでコメントをしたい人を多く取り込むことで、チャンネルオーナーは継続的な課金コンテンツを提供することなくユーザー生放送と同じ負担で月額有料チャンネルを運営することができる。ただし一番最初にチャンネルを立てるときにテンプレートを含めてトップページを作る負担はある。

    例えば、アリーナ席満席の500人に月額540円(税込み)の月額有料会員が得られたとしたら、500*540*0.7 = 189,000円 が毎月のおおよそのチャンネル収益となる。ユーザーチャンネルは月額課金必須のチャンネル(*)なので課金コンテンツを提供し続ける義務を負うことなく運営できることは今回の仕様変更の最大のメリットかもしれない。

    以下の話はユーザー生放送に限ったものでチャンネル生放送や公式生放送では一般会員はどの席に座っていても視聴者が増えるほど追い出されやすくなる。

    話題が広まったのはまことさんの放送で取り上げた運営からの回答コメントでが下の Tweet 画像である。

    ニコ生視聴の優先順位について(まこと放送より) pic.twitter.com/fCvJe41DjH

    ― ∋星屑JET∈ (@hkz_jet) 2014, 9月 17


    オリジナルの画像はこちら
    https://twitter.com/blacktiger2525/status/512181146545692672

    d5a0b5de3c35ffa3a43df67d9db45147dc4cf920

    ミラー放送主のまるはにさんの Tweet
    https://twitter.com/maruhani2525/status/511861008860590081

    現在放送中のまことさんの発言で気付いたのですが、満員になるまでは一般アカウントが弾かれることが無くなり、満員になってから最前の箱(アリーナ)から順に一般アカウントが弾かれるようになったようです。以前は満員でなくても一般アカウントは弾かれまくっていました。

    ― まるはに (@maruhani2525) 2014, 9月 16

    優先入場の意味は満席時に一般会員より優先的に見られるという意味で、アリーナにいる一般会員を優先的に追い出してアリーナ席に座れる意味ではない。「生放送全体の安定性」とは満席になるまで一般会員が追い出されなくなったので、それだけ追い出しの処理をする必要がなく負荷が少なくなる。人気の放送でよく開始直ぐにアクセスが集中してページの反応がなくなることがしばしば見られたがこれも大幅に解消する(はず)。

    優先入場にはコミュニティやチャンネルの無料で行えるお気に入り登録の有無は関係ない。コミュニティはお気に入り登録していないと見られないコミュニティ限定放送があるが、チャンネルにはお気に入り登録限定の放送設定はなく、月額有料会員限定放送がそれに当たる。

    少し前までよく見られた予約枠の準備時間帯の追い出しコマンドが大量に流れなくなり、すべての席が埋まった時点でアリーナ席の席番号が少ない一般会員から追い出される。ここで言うすべての席というのは必ずしも最大の座席数ではなく開始何分で何席以上埋まったらアリーナから追い出されるという仕様で、開始から時間がたつにつれて座席数も増えていく。満席状態(100%満席かどうかは不明)を維持しつつ、アリーナがプレミアム会員で満席にならない限りアリーナ以外の席で一般会員の追い出しが発生しない(はず)。つまり一般会員はアリーナ以外に席を取った場合ほぼ追い出されなくなった。

    アリーナの一般会員が優先的に追い出されなくなったので、アリーナに居座り続ける録画アカウントの存在も大きくなるかもしれない。生放送を見ながら録画する分にはコメントをする可能性があるが、タイムシフトを残さない生放送やタイムシフト視聴ができない一般会員が録画ツールを常時起動している場合、アリーナにコメントしないアカウントが居座り続けてアリーナが過疎る可能性も今回の仕様変更ででてきた。

    今回の仕様変更のまとめ


    • 生放送開始直後のエラーは無反応は減少するはず
    • アリーナ以外の一般会員はほぼ追い出されない
    • アリーナの座席番号の少ない一般会員ほど追い出されやすい
    • アリーナの400番台の一般会員は最初から最後までずっと見られる可能性がある
    • 無言の録画アカウントがアリーナに居座り続ける可能性がある
    • 追い出される心配が大幅に低下したミラー放送は来場者数が減少する
    • 離席して空いた座席に別の視聴者が座った場合の追い出しコマンドも発生しなくなった

    これとは別に座席数の大幅な仕様変更


    2014年8月15日に公式に発表された座席数の大幅緩和。実際は6月19日から行われていたので2ヶ月近くたって発表したことになる。ただし「各コミュニティ ページで確認ができる『獲得した特権』への反映は順次、行います。」は1ヶ月たった今でも確認できない。これにより座席数の大幅緩和で満席になることが少なくなり、プレミアム会員満席(プレ満)状態がほとんど見られなくなった。

    関連記事


    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。