• このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォン版 記事作成・編集機能にお寄せいただいたご意見への回答
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スマートフォン版 記事作成・編集機能にお寄せいただいたご意見への回答

2020-07-16 16:30
  • 10

いつもニコニコ大百科をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
ニコニコ大百科運営チームです。

先日、2020年6月23日(火)にリリースした「スマートフォン版 記事作成・編集機能」に関して、ご意見をお寄せいただきまして、ありがとうございます。

スマートフォン版 記事作成・編集機能にお寄せいただいたご意見まとめ

いただいたご意見・ご質問について、運営チームで協議をおこないました。
以下、回答いたします。

なお、「
実施を検討いたします。」の項目につきまして、それぞれの対応日時は未確定であり、また実装に困難が伴うことが分かった場合は実施しない場合があることをご了承ください。


  1. ユーザー記事を編集しようとするとよみがなが入力できるが、設定しても反映されない。ユーザー記事にはよみがな設定できないのがデフォと思われるので、ユーザー記事でのよみがな入力欄は撤去した方が良い
    実施の方向で進めます。


  2. ウォッチリストに「この記事を編集する」が全部追加されていますが、これは不要ではないか。まず記事を見て編集の必要性を感じてから編集するのが順番なので、ウォッチリストからいきなり編集するケースというのは非常に稀であると考えられる
    利用シーンが無いとはいえないため、現状維持といたします。

  3. ウォッチリストから新着のレスを直接確認したいので、掲示板へのリンクを更新日時の箇所に貼ってほしい
    実施の方向で進めます。

  4. 箇条書き機能がほしい
    実施の方向で進めます。

  5. リンク機能がほしい
    実施の方向で進めます。

  6. 市場を貼り付けたい
    下記よりIDを検索することができます。ご利用ください。
    https://ichiba.nicovideo.jp/search

  7. リビジョン:2816606において、ブログパーツのソースコードにscrolling="no"がないため、PCだと不可解な表示になる
    改善を実施する方向で進めます。

  8. リビジョン:2816613において、関連項目の箇条書きを編集したが、デフォルトで<li style="list-style: none;">となっており、箇条書き左端の●が表示されない
    状況の再現が出来ませんでした。お手数ですが、どのような環境(PCかSPか)、どのような操作で発生したか当記事へのレスにてご連絡ください。

  9. パソコン版では編集した記事がウォッチリストに追加されるはずだが、新規作成した記事がウォッチリストに追加されていなかった
    対応を検討いたします。

  10. アポストロフィ【 ' 】%27 を記事名に含む記事において 編集用のツールバーが表示されない状態になるので編集が不可能
    改善を実施する方向で進めます。

  11. お絵カキコ、ピコカキコの貼り付けはできたほうが良い
    対応を検討いたします。

  12. スマートフォン版では箇条書きの<li>タグが使えないようなので実装を希望
    実施の方向で進めます。

  13. 箇条書きされている箇所に、追加で箇条書きを入れる場合は、書けるようにしてほしい
    箇条書きの数を単純に増やしたい場合は、現状は改行すると増やすことが可能です。上記12番同様、箇条書きを任意の場所で追加できる形の実装を検討いたします。

  14. タッチパネル誤反応による投稿ボタンの誤爆防止のため、最初から投稿ボタン出さずにプレビューボタンだけを表示させ、半強制的に一度プレビューさせてから投稿ボタンを出した方が良い
    実施の方向で進めます。

  15. リダイレクト記事の作成をできるようにしてほしい。また、これをやる場合は、スマートフォン版からだとページ番号をチェックすることが出来ないのでどこかでできるようにしてほしい
    対応を検討いたします。

  16. スマートフォンで編集した場合、その記事の編集履歴にスマートフォンからの編集であることをわかるようにしてほしい
    スマートフォンからの編集であることがわかる、ということは同時に、パソコンからの編集である場合もわかる、という意味になります。そのことが編集者の皆さんにとって必ずしも良いことであるとは限らないと考え、現時点では予定はありません。

  17. 各種記事の「この記事を編集する」のボタンのカラーリングを変えてほしい
    現在、実施予定はありません




改めて、たくさんのご意見をありがとうございました。
今後共ニコニコ大百科をよろしくお願い致します。

大百科運営チーム
(2020年7月16日)
×
2. について「利用シーンが無いとはいえないため、現状維持といたします。」とありますが、記事を読んでいない状態でその記事を編集しようとするシーンは、私自身は「全く」「無い」です。全くまたはほとんど使う機会がない機能のためにウオッチリストに「この記事を編集する」がずらずらっと並ぶのは美しくないと思います。わずかでも利用シーンがある可能性がゼロでないからという理由で機能を際限なく付けていったらそれこそひどいことになると思います。ほかの編集者さんの意見も伺ってみたいですが、はたして本当に編集者視点で考えられているのか疑問ではあります。
3週間前
×
>>1 も読ませていただきました。
2について、確かに利用シーンが無いわけではないのですが、圧倒的に少ないのが事実です。
基本的に編集者は記事の現在の状態及び掲示板等を確認してから編集に移るのがさほどなので、ウォッチリストにワンタップでリンクが有る必要はないと考えます。
ですが利用シーンがまったくないわけでもないことから、リンクを消すのではなく、SP版ニコレポの3点リーダーメニューのような形で格納してみてはいかがでしょうか。
3週間前
userPhoto
__
×

6.市場を貼り付けたい
 これは簡易編集モード(スマートフォンの記事作成モード PCモードではない)での挙動です。
 わざわざ別ウィンドウ立ち上げて、URL入力云々…はさすがに無理あります。
 求めているのは、コンテンツで動画・静止画の後にニコ市場の商品が出てくることです。
 「niconico本体側の意向で市場を使うな(拡大しない)」というのなら仕方ないですが。
3週間前
×
8.の不具合を報告したものです。
改めて操作してみましたが、再度同様の不具合が出たため報告します。(「テスト記事」の編集にて確認)
環境……iPhone7、iOS最新版、iOS版Safari
動作……箇条書きの末尾で改行ボタンを押し、文字入力。するとその行は●がつかない。プレビューだったり実際に記事を投稿すると、スマホ版では●が表示されるが、pc版では表示されない。
3週間前
×
>>4
「テスト記事」ではなく、「編集テスト」の記事でした。
3週間前
×
16.スマートフォンで編集した場合、その記事の編集履歴にスマートフォンからの編集であることをわかるようにしてほしい

これに関してPC、SP双方からの編集が把握できる状態になるから導入しないのであれば、
先日の運営生放送での意見で出た 65.新人に双葉マークつけたらどうか に関しても導入の対応を検討しないほうがよいのではないでしょうか?

スマホ版の編集機能という限定された状態での記述を補完するのに目安となるべくスマートフォンからの編集であることをわかるようにする機能を付与してほしいのだと思われますが………

編集に不慣れな方に識別するマークなりを付与して、不慣れな部分をサポートしたりしやすくするのと、
編集機能が限定されていて記事として不十分な部分をサポートするために識別するマークなりが付与されているのと
根本的には変わらないのではないでしょうか?

どちらにしても経験なり環境なりで編集が不十分になっている可能性があるという点では同じだと思います。
3週間前
userPhoto
大百科運営
×
>>1
>>2
削除を実施いたします。利用頻度が極めて低かろうことは認識しておりまして、想定していたのは「競走馬が引退し、その後亡くなった際などは数年単位で更新がなく、明らかに編集する必要があると分かる」といったシーンでした。押し間違うケースもあるため、撤去します。他に相応しい設置場所が規定できれば、そちらに設置いたします。

余談で申し訳ないのですが、先日亡くなった名馬「ビワハヤヒデ」は、ゲーム”ダービースタリオン”で根性なしという設定でしたが、現実では他馬と並んだうえで前に出るレースもあり、強い馬だったのだなあと再確認しました。記事に1行追記されることで、ある種の「区切り」を認識し、掲示板で往時を偲ぶことができると思います。更新いただいたokkunnさん、ありがとうございました。(運営・新人anonymous)
2週間前
userPhoto
大百科運営
×
>>3
意図を理解できておらず、大変失礼いたしました。対応を検討いたします。
2週間前
userPhoto
大百科運営
×
>>4
>>5
こちらで状況を再現できました。明らかに不安定な挙動をしておりますので、修正を行います。
2週間前
userPhoto
大百科運営
×
>>6
ご指摘ありがとうございます。双葉マークについても、現時点では導入を見送ることにいたします。仰る通り、実質的な意味合いとしては近いものでした。経験や技量、知識は一人一人差があるにも関わらず、”不慣れな方”か”そうでない方”か定義されるのが、果たして良いことなのか、という点について、慎重に考えています。似た考え方ではあるのですが、”特に秀逸とされる記事を書かれる方”を見える形にする、という方向性については今後検討していく考えです。
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。