• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第165話(11月26日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第165話(11月26日)

2018-11-26 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    パチンコの新基準機には厳しい出玉率上限が設けられている、というのは皆様すでにご存知ですよね?

    なんとなく知っているけど何でもは知らないわよ、という羽川さんのために簡単にご説明しておきますと、

    保通協(たぶんゼーレみたいな機関です)における型式試験をパスするための実射試験においては、

    それぞれ定められた時間での「出玉の上限値」が存在するのであります。

    具体的に言うと1時間の実射試験で220%以下、4時間では150%以下、10時間だと133%以下。

    1時間の出玉率220%と言われてもピンとこないと思いますので、これまた簡単にご説明いたいますと、

    1時間に発射出来る玉数(アウト玉数)が6,000発ですので、その220%となる13,200発が出玉上限ですね。

    ちなみに13,200発という数値は大当り時に開放するアタッカーによる払い出しだけでなく、

    スタートチャッカー、盤面下部の他入賞口、電サ

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。