• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第186話(4月22日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第186話(4月22日)

2019-04-22 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    ハッピバ~スデ~、トゥ~ミィ~、ハッピバースデ~、トゥ~ミィ~、

    ハッピバアアアスデェイ、ディアブロス…… (砂漠の地中から角竜が登場)


    幸せは誰かがきっと運んでくれる、そう信じながらシンデレラ気分で大人の階段を上り続けてきた私も、遂にレベル46まで到達。

    すっかり薄汚いシンデレラになってしまいました。無理矢理アイドルグループっぽく言うと『下り坂46』の研修生に降格といったところでしょうか。

    もうね、私ぐらいのベテラン中年になると様々なことに力が入らなくなるというか、

    あらゆる物事に対して全力投球する気力が沸き上がらなくなるというか、

    それでいて勃起力だけは無駄な継続率を発揮していると優香(3年前から人妻)、

    要するに頑張れない自分に対して年齢を言い訳にしてしまうのです。

    目押しミスは老眼、ボーナス引けないのは老化現象、女にモテないのは加齢臭。

    そう、全ては年齢が悪いの。自身の努力不足や不運なんて認めないの。だって私はシンデレラだもの。


    ……いけない、このままでは令和の荒波に乗り切れません。6号機に勝てません。

    今いちど自身を見つめ直して「パチンコ・パチスロ的アンチエイジング」しなければ。

    目指すは、生涯現役パチンカー。生き抜け、0.5パチコーナーで……!


    はい、令和を前に全力投球の前戯も終了したところで本日は平成の最終月らしく、

    「私が独断と偏見で選んだ平成パチンコ・パチスロ台ベスト3」を発表いたしまして、

    約31年間の時代と私のパチンコ・パチスロ遊技人生にひとつの句点を打つことにいたします。

    令和の直前にありがちな企画ではありますが、いいじゃない、シンデレラだもの。

    それではカボチャの馬車に乗って、いざ出発!!


    【私が選ぶ平成パチンコ…第3位】

    ・フィーバーレクサスⅣD(三共)

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。