• このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第194話(6月17日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

パチンコ業界人・砂肝の生焼けコラム 第194話(6月17日)

2019-06-17 12:00
    1db6a156d93d01726402b3982e3cd792d5946e39

     

    愛って、何ですかねっ(突然、お茶の間へスライディングタックル)!?


    いやね、私もヒマさえあればスマホor金玉をいじり倒すタイプのオジさんですから、

    その日も左手にスマートなフォン、右手にゴールデンなボールというジュリースタイルで、

    ツイッターちゃんを開いて画面上に流れ続けている文字を眺めていたんスよ、何せヒマだったので。


    ところが、とあるツイートが目に飛び込んできた瞬間、思わず左手のスライドと右手のマッサージが同時停止(信頼度80%)。


    そこには『パチスロ愛が感じられない演者と編集』みたいな少しショッキングな発言と共に、

    初代まどスロでプチボ中のバーを狙うカットインの画面に対して演者の女の子が「なにこれ?」と呟いている状況と、

    見事に図柄を揃えた後に『マギカラッシュ(ART)突入確定』というテロップが入った画像が掲載されていたのです。


    なるほど、ですよね。

    この状況を一応、ご説明しておきますと初代『パチスロ魔法少女まどか☆マギカ』では、

    プチボーナス中に黒図柄を狙うカットインが発生して見事に図柄が揃った場合、

    本機の最強上乗せ特化ゾーンである『アルティメットバトル』の突入が確定いたします。


    つまり彼女は激アツ演出の発生時に状況が呑み込めず「なにこれ?」と本音をこぼして、

    さらに見事にアルティメットバトルが確定したにも関わらず編集された映像では単に『ART確定』とだけしか画面に表示されなかった、と。


    ええ、確かに初代まどスロに関して知識のある演者さんであれば、ここでのリアクションが全く違うものになるでしょうね。仮に私が動画の撮影中であれば、この状況のセリフは以下の通り。


    ①プチボを引く→「プチボを引いたでござる。3回目プチボの花言葉は『乱れ切り』ずら」

    ②バー狙いカットイン(青)発生→「ゴフッ! ……とはいえ青、油断は禁物でござるぞ」

    ③リール回転中→「ここは男を見せるでござる。中押し一択で参ろう」

    ④見事に中段に黒停止→「ブブブブブ、ブヒイイイィィィィィ!!!!!」

    (そのまま離席、リゼロのシマの遊技客全員に後頭部への手刀をお見舞い)

    ⑤画面下に「砂肝殿、アルティメット確定! ※出玉には個人差があります」のテロップ


    こんな感じでしょうか。個人差はあれども皆さんも似たような行動になるハズです。

    少なくともプチボ中カットイン発生という勝負所において真顔で「なにこれ?」と言ってしまったら「え、何アンタ?」という逆ツッコミを覚悟せざるを得ませんよね。


    で、調べてみたらこの演者さんは数年前からパチンコ・パチスロ業界にも進出していらっしゃる現役のセクシー女優さんだということで納得。なるほど、ツッコミ待ちでしたか(下品)。

    彼女は以前にも初代まどスロの実戦コラムとかも書いていらっしゃるので、基本的な知識はあるものの残念ながらプチボ中カットインは未体験だったのでしょうね。


    そう、つまりこの状況で語られるべきはパチスロ愛うんぬんではなく、ただ単により深い知識があったか無かったか、それだけのお話なんスよね。

    仮に彼女がこの状況を理解さえしていれば、おそらくリアクションは以下の通りだったはず。


    ①プチボを引く→「えええ、アタシ小さいの嫌いなんだけどwww ウケルwww」

    ②バー狙いカットイン(青)発生→「ちょw マジウケルw 入れちゃう? ナマで?」

    ③リール回転中→「中で出し…… じゃないや、中押ししちゃう? それとも挟んじゃう?」

    ④見事に黒揃い→「イイイイイ、イグウウウウゥゥゥゥゥンンンンン!!!!!」

    (そのまま離席、リゼロを遊技中の男子全員の睾丸を1つ残らず粉砕)

    ⑤画面下に「アルティメット確定! ※潮を吹きかけました(白目)」という謎テロップ


    という、奇跡も魔法もある動画が成立したに違いありません。睾丸は無くなるけど。



    今回、私が残念に思ったのは演者である彼女や動画の編集者からパチスロ愛を感じられなかったことではなく、

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。