• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

【ヒキ弱王の日常 2020】~相性論はオカルトなのか?編~(8月6日)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ヒキ弱王の日常 2020】~相性論はオカルトなのか?編~(8月6日)

2020-08-06 23:59

    7504cd605976ea84073c13fca1bc2dbed7565ffe


    ~相性論はオカルトなのか?編~



    この世は「確率」に支配されている。宇宙に地球という惑星が誕生し、そこに生命が生まれ、現在のような文明を築くに至るまで発展する…そんな事が起こる確率はとても計算できないほど低い、という話を聞いたことがある。そもそもが“そう”なのだ。あらゆる分岐点で都合の良い方の確率を選び続けたからこそ、今の地球が、我々人類が存在する。

    もし、そうならない方の確率が選ばれていたら…? そっちの宇宙では、地球はとうの昔に爆発して塵となり、跡形もなく消え失せているかもしれない。いわゆる「パラレルワールド論」というやつだ。地球が誕生しなかった確率、誕生したけどすぐに消えてしまう確率、誕生したけど生命は生まれなかった確率、生命は生まれたけど途中で絶滅してしまう確率…そんなifの宇宙がもしかしたらあったかもしれないけど、我々はそれを認知できないので「なかったこと」として生きている。決して交わることのない平行宇宙。どのくらいの確率で、そっちの宇宙やあっちの宇宙が選ばれる可能性があったのか? そんなもの、今となってはどうでもいいことだ。


    さて、ここでいきなりパチンコの話である。いわゆる「台との相性」というやつを感じたり、意識したりしたことがある人は意外と多いんじゃないかと思う。凱旋は相性悪いけど、ハーデスだとよくGODが引けるんだよな…とかね。確率は同じ1/8192のハズなのにな。


    …本当にそうか? 任意の誰かにとって凱旋の1/8192とハーデスの1/8192は、本当に同じ確率なのか?
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。