• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ミズノ製「飛びすぎる統一球」でむしろプロ野球が面白くなる
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ミズノ製「飛びすぎる統一球」でむしろプロ野球が面白くなる

2014-04-15 12:26
    昨年、日本プロ野球機構(NPB)のトップだった加藤良三コミッショナーが、騒動の責任を取って引責辞任したばかりだったが……。

     4月10日、日本プロ野球界に「またか」という失望の声が広がった。

     今季一軍の公式試合で使われているミズノ社製の統一球が、“抜き打ち検査”の結果、規定にある反発係数の基準値(0.403~0.423)を上回り、「平均0.426」だったことが判明。一般的に、反発係数が0.001大きくなると飛距離が20cm伸びるとされており(球速144km/hでスイング速度126km/hの場合)、これに照らし合わせると、現在の基準値より60cm以上飛びすぎる統一球に、すり替わっていたということになる。

    8bcc8b3b0fb6afbc8993b139362d0980347cccbb
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。