• このエントリーをはてなブックマークに追加
日本国憲法・生活保護法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

日本国憲法・生活保護法

2014-08-01 00:00
    日本国憲法
    第25条
    すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
    2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

    生活保護法
    第1条(この法律の目的)
    この法律は、日本国憲法第25条 に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

    第2条(無差別平等)
    すべて国民は、この法律の定める要件を満たす限り、この法律による保護(以下「保護」という。)を、無差別平等に受けることができる。

    第3条(最低生活)
    この法律により保障される最低限度の生活は、健康で文化的な生活水準を維持することができるものでなければならない。

    第4条(保護の補足性)
    保護は、生活に困窮する者が、その利用し得る資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活の維持のために活用することを要件として行われる。

    2 民法 (明治29年法律第89号)に定める扶養義務者の扶養及び他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先して行われるものとする。
    3 前2項の規定は、急迫した事由がある場合に、必要な保護を行うことを妨げるものではない。

    第5条(この法律の解釈及び運用)
    前4条に規定するところは、この法律の基本原理であつて、この法律の解釈及び運用は、すべてこの原理に基いてされなければならない。

    第25条(職権による保護の開始及び変更)
    保護の実施機関は、要保護者が急迫した状況にあるときは、すみやかに、職権をもつて保護の種類、程度及び方法を決定し、保護を開始しなければならない。
    2 保護の実施機関は、常に、被保護者の生活状態を調査し、保護の変更を必要とすると認めるときは、速やかに、職権をもつてその決定を行い、書面をもつて、これを被保護者に通知しなければならない。前条第4項の規定は、この場合に準用する。
    3 町村長は、要保護者が特に急迫した事由により放置することができない状況にあるときは、すみやかに、職権をもつて第19条第6項に規定する保護を行わなければならない。

    第27条(指導及び指示)
    保護の実施機関は、被保護者に対して、生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができる。
    2 前項の指導又は指示は、被保護者の自由を尊重し、必要の最少限度に止めなければならない。
    3 第1項の規定は、被保護者の意に反して、指導又は指示を強制し得るものと解釈してはならない。

    第30条(生活扶助の方法)
    生活扶助は、被保護者の居宅において行うものとする。ただし、これによることができないとき、これによつては保護の目的を達しがたいとき、又は被保護者が希望したときは、被保護者を救護施設、更生施設若しくはその他の適当な施設に入所させ、若しくはこれらの施設に入所を委託し、又は私人の家庭に養護を委託して行うことができる。
    2 前項ただし書の規定は、被保護者の意に反して、入所又は養護を強制することができるものと解釈してはならない。
    3 保護の実施機関は、被保護者の親権者又は後見人がその権利を適切に行わない場合においては、その異議があつても、家庭裁判所の許可を得て、第1項但書の措置をとることができる。

    第56条(不利益変更の禁止)
    被保護者は、正当な理由がなければ、既に決定された保護を、不利益に変更されることがない。
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。