• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

中国が極超音速滑空体の試射を続けている - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第487号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

中国が極超音速滑空体の試射を続けている - 小川和久の『NEWSを疑え!』 第487号

2016-05-09 12:10

    特別号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第487号(2016.5.9)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】 

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)
    ・中国が極超音速滑空体の試射を続けている
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎編集後記
    ・ヒラリーもトランプと同じことを言うかもよ(小川和久)

    ──────────────────────────────────────────

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆中国が極超音速滑空体の試射を続けている

    ロシアは4月19日、シベリアからSS-19大陸間弾道ミサイル(ICBM)を用いて飛翔体を打ち上げ、マッハ5(秒速1.7キロ)以上の極超音速で大気上層を滑空させた後、地上へ落下させた。中国航天科工集団(CASIC)も4月22日、山西省太原衛星発射センターから弾道ミサイルを用いて極超音速滑空体を打ち上げ、最高速度マッハ10で中国上空を飛行させた。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。