• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

実は日米に封じ込められている中国海軍 - 第391号(2015年4月27日特別号)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

実は日米に封じ込められている中国海軍 - 第391号(2015年4月27日特別号)

2015-04-27 12:09
    『NEWSを疑え!』第391号(2015年4月27日特別号)

    ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

    【価格】1,000円/月(購読料のうち半分は、研究所の活動に対する維持会費とお考えいただき、ご理解をいただければ幸いに存じます。) 
    【発行日】2015/4/20
    【発行周期】毎週月曜日、木曜日
    【次回配信予定】4/27
    ──────────────────────────────────────────
    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021
    ──────────────────────────────────────────
    【今回の目次】 
    ◎テクノ・アイ(Techno Eye) 
    ・実は日米に封じ込められている中国海軍 
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之) 
    ◎編集後記 
    ・私にとってもドローン事件は痛恨事(小川和久)
    ──────────────────────────────────────────
    ◎テクノ・アイ(Techno Eye) 
    ──────────────────────────────────────────
    ・実は日米に封じ込められている中国海軍

    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)

     尖閣諸島周辺での中国政府公船の行動、中国による南シナ海の低潮高地の埋め立て、中国海軍艦艇の増強などの報道からは、領土や海洋秩序の現状を力で変更する主導権が中国にあり、日米は中国に圧倒されているとの印象を受けても不思議ではない。

     ところが実態は逆で、中国海軍艦艇は、潜航中の潜水艦を含めて行動を常に海上自衛隊と米海軍に追尾・監視されており、日米に気づかれずに東シナ海と南シナ海から日本海・太平洋・インド洋へ展開することはできない。
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。