• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】【追悼】本当は千倍怖い『火垂るの墓』から、高畑勲を読み解く!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】【追悼】本当は千倍怖い『火垂るの墓』から、高畑勲を読み解く!」

2018-04-15 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/04/15

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』

    今夜は、高畑勲監督の追悼特集として、『火垂るの墓』を解説します。

    ジブリ関係者が全員、「ジブリで一番の変人は高畑さん」と口をそろえる高畑勲監督。『火垂るの墓』を読み解くことで、その本質に迫ります。

    『火垂るの墓』は「心中もの」として描いた。高畑監督は、原作者の野坂昭如との対談でそう語っています。

    「二人で死ぬ」というゴールへ向かって進んでいくこの作品は、見る者にとってつらすぎて、「二人がかわいそう」「戦争はいけない」といった視点に逃げてしまいがち。
    でもそこに本質はありません。

    現在、解説のために『火垂るの墓』を見直している岡田は、心を殺さないと見ることができない。
    しかも、つらすぎて一回通して見ることもできない、とのこと。

    なぜ『火垂るの墓』がこんなにつらいのか、切ないのか、重いのか、こわいのか。
    心を殺して見切った岡田が、一般の解説の二段奥、三段奥まで、深く掘り下げて語ります。

    岡田からの伝言は
    「つらいので、前後編に分けたくない。一度で語りきれるように祈ってください」
    とのことです。

    『火垂るの墓』の公開からちょうど30年。
    30年目の答え合わせでもあるニコ生ゼミ、どうぞお楽しみに!


    ちなみに、前回のニコ生岡田斗司夫ゼミ#225は

    00:00 追悼・高畑勲
    09:17 『エヴァ』解説・前回のおさらい
    11:30 『エヴァ』不自然なカット割り
    18:10 『シン・ゴジラ』会議室
    26:10 庵野秀明はレイアウト主導
    29:57 庵野秀明の主役主義
    37:50 『シン・ゴジラ』における許可の流れ

    00:00 実相寺アングル
    08:07 庵野作品におけるオマージュ
    13:20 ガンダムへ捧げるオマージュ
    21:27 オーナインシステム
    24:10 エヴァのテーマ・イメージ共有
    32:30 エヴァへのおたより
    38:42 『火垂るの墓』

    【YouTube無料公開】

    以下の岡田斗司夫ゼミ(表放送)が無料公開されました。

    【イベント】東京公式オフ 04月21日(土)

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の公式オフ会(岡田斗司夫参加)、4月は下記の予定です。

    東京公式オフ 04月21日(土)15時~

    サロン会員は、どなたでも無料で参加できます。
    今からのお申込みでも間に合います!

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2018/12/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「未来予測特集:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来予測は何が違った?」
    • 2018/12/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「イオン推進の無人小型機が、宇宙ビジネスを壊滅させる?」
    • 2018/12/20
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ニュースが真実かどうかなんてどうでもいい世界に僕たちは生きている」
    • 2018/12/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人間を月に送った「月軌道ランデブー」という画期的アイデア」
    • 2018/12/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マンガ特集:人間描写がすごすぎる『3月のライオン』、ウンチクが面白い『決してマネしないでください』、魔法とロボットの融合『混沌世界ボルドー』など」
    • 2018/12/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「米国史上最高の大統領アイゼンハワーと、スプートニクショック」
    • 2018/12/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「怨念と不条理を描いた、初代『ゴジラ』の怖さ」
    • 2018/12/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「銀行口座の残高がゼロだと、コンビニにも入れなくなる?!」
    • 2019/01/04
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『もののけ姫』は、宮崎駿による『ゴジラ』だった!」
    • 2019/01/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「庵野秀明が『シン・ゴジラ』の続編を作ったら、こんな話になるはず!」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。