• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

お知らせ

お知らせはありません。

ブロマガ最新記事

  • 【フリー公開】マネジメントから見たメイウェザーvs天心騒動■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回のテーマは マネジメントから見たメイウェザーvs天心騒動 です! 【関連記事】 ・メイウェザー騒動、米MMAメディアの反応まとめ 「メイウェザーは帰国して、那須川の動画でも見たんじゃないんでしょうか」■MMA Unleashed ・なぜ我々は「メイウェザーvs天心」の茶番・八百長扱いを大歓迎するのか ―― シュウさんはメイウェザーvs天心の中止騒動はどのように見てるんですか? シュウ  これは非常に残念なことですよね。今回アメリカで日本の出来事が久しぶりに大きなニュースになったんですよ。それこそアントニオ猪木vsモハメド・アリじゃないですけど、局によっては臨時ニュースで扱っていたところもあったので。ただメイウェザーは基本的に引退したボクサーですし、もうプライベートのエキシビジョンマッチしかやらないとは聞いていたので、RIZINさんやフジテレビさんが出せる程度のお金で真剣勝負をやるのかな? とは思っていたんです。1試合何百億円も稼いでた人間が数十億円でやるのかって話ですよね。ただ、メイウェザーは...

    2日前

  • TAKAみちのく選手の不倫トラブル■事情通Zの「プロレス 点と線」

    プロレス業界のあらゆる情報に精通する事情通Zの「プロレス 点と線」――。今回のテーマは 「 TAKAみちのく選手の不倫トラブル 」 についてです! 【1記事から購入できる「プロレス 点と線」シリーズ】 ・ 石森太二の新日本プロレス参戦は既定路線だったのか ・「新日本プロレス内部対立」の噂とは何か? ・男色ディーノはなぜ全裸になったのか〜DDT再出発とLGBT問題〜 ―― TAKAみちのく選手の不倫トラブルが写真週刊誌で報じられました。 事情通Z  うーん、こんな騒ぎになったから言うわけじゃないけど……TAKA選手のこの手の話でいい噂はひとつも聞かなかった。ある選手とも女性問題で揉めたことがあったと聞いているし、そういったトラブルがここまで表沙汰にならなかったのが不思議というか。 ―― プロレスファンからも「なぜ今頃になって……」という声が聞こえてきますね。SNSで告発している女性もいたり。 Z  いや、ホントにそう。表沙汰になる山場は2つ3つあったんだよ。でも、大きな問題にはなってくなかったから、うまくフォローして回ってるのかなとは思ってたんだよね。 ―― も...

    2日前

  • 大量リリースへ! UFCフライ級廃止の舞台裏!!■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回のテーマは 大量リリースへ!  UFCフライ級廃止の舞台裏!! です! 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・UFC日本大会は2020年の東京オリンピックイヤー ・UFC日本再侵攻! 堀口恭司UFC復帰のタイミングはここだ!? ・【井上姉弟NYへ飛ぶ】海外練習の環境作りはここまでやります! ・格闘家の皆さん、契約書はちゃんと読みましょう!! ―― 今日は、世界中に大激震が走った「UFCフライ級廃止」についておうかがいしたいと思います! というか、こんなことが起きちゃっていいんですかね!?(笑)。 シュウ  日本でも試合したことあるジャレッド・ブルックスとか、あのあたりの選手たちはツイッターやインスタでブーブー文句を言ってますねえ。UFCもフライ級全40人ぐらいをいきなりバンと切るなんて「そんな酷いことはしないだろう」という予想だったんですけど……やっちゃいました(苦笑)。 ―― 変な話、40選手を一気にリリースするなんて、一つの団体がなくなるぐらいですよね。 シュウ  独占契約と...

    2日前

  • メイウェザー騒動、米MMAメディアの反応まとめ 「メイウェザーは帰国して、那須川の動画でも見たんじゃないんでしょうか」■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「 メイウェザー騒動、米MMAメディアの反応まとめ 」です! 【1記事50円から購入できるオススメ記事】 ・アメリカMMAサイトでRIZINが報道されない理由 / ジョン・ジョーンズいきなり怪気炎 ・ボクシングごっこでPPV80万件を販売した炎上お騒がせユーチューバー! ・ヌルマゴメドフ・マクレガー乱闘劇のその後:記録破りのPPV売上240万件達成! ・ONEは好調なのか?それとも火の車なのか? 財務データと事業戦略を読み解く 11月5日(月)に行われた記者会見で電撃的に発表され、11月8日(木)には早くも暗礁に乗り上げたRIZIN.14でのフロイド・メイウェザー対那須川天心戦。筆者が観測する限り、米国MMAメディアでも事前情報や内部事情が伝わっていた様子はなく、我々ファンと同じタイミングで、発表を受けて純粋に大きな驚きに包まれている様相だ。今回は、混乱や不正確さもそのままに、米国MMAメディアのTwitterなどでの初期反応をまとめてご紹介したい。 ●11月5日、メイウェザー対天心発表当日 Luke Thomas記者 ・メイウェザーへの支払いは誰がやる...

    5日前

  • ドント・ストップ!? 森嶋猛、タクシー運転手を殴る■事情通Zの「プロレス 点と線」

    プロレス業界のあらゆる情報に精通する事情通Zの「プロレス 点と線」――。今回のテーマは 「 森嶋猛、タクシー運転手を殴る 」 についてです! 【1記事から購入できる「プロレス 点と線」シリーズ】 ・ 石森太二の新日本プロレス参戦は既定路線だったのか ・「新日本プロレス内部対立」の噂とは何か? ・男色ディーノはなぜ全裸になったのか〜DDT再出発とLGBT問題〜 ―― た、た、大変です! 大晦日の那須川天心戦をキャンセルした森嶋猛選手がタクシー料金の支払いを巡って運転手に殴って逮捕されました! 踏み倒そうとした料金は100億円だったとか……。 事情通Z  森嶋選手とメイウェザーの件がゴッチャになってるよ! 事件については各媒体で報道されているとおり。森嶋選手はお金を借りるためにタクシーでアチコチ移動していたけど、誰にも借りれられなかった。犯行現場となった歌舞伎町で借りるアテがあったんだろうかね。運転手さんに「ちょっと待っててくれ」って車から出たんだけど、行ったり来たりが続いて料金は18000円。「いい加減、払ってくれ!!」ということからトラブルになった。 ―― そんなにメーターが...

    5日前

  • なぜ我々は「メイウェザーvs天心」の茶番・八百長扱いを大歓迎するのか

    この記事は メイウェザーvs天心 を 語ったDropkickニコ生配信を編集したものになります(語り:ジャン斉藤) 【1記事から購入できる過去記事】 ・「今日もダメだけど、まあいいか」と諦める……みんなボブ・サップを抱えて生きているのだ ・【追悼KID】魔裟斗vs山本KID徳郁に見えた修斗四天王の輝き…… ・「浅倉カンナvsRENA」の素晴らしさをチェール・ソネン、巌流島から語ってみる ・こんなスーパーファイトを待っていた! 00年代ノスタルジーなき堀口恭司vs那須川天心!! いやあ、今日は語りたいことがたくさんありますね。森嶋猛逮捕の件とか!! 「RIZINがメイウェザーに100億円払えるのか」という話題と「森嶋猛がタクシー代18000円を払えなかった」がぶつかったわけです(笑)。 じつは前回のニコ生配信で、メイウェザーのRIZIN参戦の話題は超薄っすらと匂わせてたことをおぼえてますか? 「世界的に話題になるカードが候補に上がってるけど、まあまあ、実現するわけがないですから〜(笑)」なんて笑ってて。 RIZIN大晦日は、フロイド・メイウェザー・ジュニアvs那須川天心のスーパーファイト。「鳥肌立った!」とはまさにこのことで...

    6日前

  • ロックンロールなプロレス人生!! リッキー・フジ「今の俺からじゃ想像できないけど、UWFに憧れて……」

    リッキー・フジの ロックンロールなロングインタビュー!! UWFに憧れた新日本プロレスの練習生がカナダに渡り、デビューするまでの軌跡を 1万字で追います! 【1記事から購入できるオススメバックナンバー】 【人生最終回】安田忠夫「もうすべてがイヤになったから、練炭自殺したんだよ……」 谷津嘉章「巌流島で猪木さんと向き合えるのはマサさんしかいなかったよな」 ミスター高橋with田山正雄   レフェリーの魔術「試合はこうして壊れていく――」  平田淳嗣   おまえ平田だろ!「スーパーストロングなプロレス人生」  新倉史祐   道場破りから前田日明vsルスカまで……「俺が見た昭和・新日本プロレス伝説」  康芳夫   世紀の呼び屋「猪木vs人喰い大統領アミンはぜひやりたかったね」   猪木快守   猪木一族の事業欲とは何か?   ―― リッキーさんは今年でプロレスデビュー30周年なんですよね。 リッキー  88年の6月にカナダでデビューしてますからね。1冊の本を書けるくらいの体験をしてますよ(笑)。  ―― インタビューではもったいない感じなんですかね(笑)。最初は新日...

    2018-11-06

  • 多発するプロレスラーのケガを考える■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長 小佐野 景浩 の「プロレス歴史発見」――。今回のテーマは 「 多発するプロレスラーのケガを考える 」 です!  <1記事から購入できる連載記事! クリックすると試し読みできます!> 愛すべき元横綱・輪島が戦った全日本プロレスの2年間 全日本プロレスの「うっかり八兵衛」が明かす全日本秘話 プロレスラーが憧れたプロレスラー、マサ斎藤さん あの日の全日本プロレス、SWSを語ろう■北原光騎×小佐野景浩 最後まで全日本プロレスを愛した馬場元子さん 中邑真輔、棚橋弘至、柴田勝頼……新・闘魂三銃士 最後のムーンサルトプレス……天才・武藤敬司 縁の下の力持ち!! 坂口征二の荒鷲人生 WARからイッテンヨンへ! ライオン・ハート時代のクリス・ジェリコ 「情」で生きる佐々木健介の激烈人生!   プロレスラーで初めて大臣になった男、馳浩 大森隆男のワイルドな全日本プロレスLOVE   暴走親方、諏・訪・魔!! 嗚呼、阿修羅・原……修...

    2018-11-02

  • 「世界一時間のかかるチョップ」スコッティ・2・ホッティ■ジョバーのブルース

    かませ犬の影の物語を追うコラム「ジョバーのブルース」――初回は スコッティ・2・ホッティ です!!(文/鈴木喜勝) ジョバーと言う言葉を知っているだろうか? 「負け役」いわば「かませ犬」という意味を持つプロレスにおける隠語の一つ。 プロレスという娯楽スポーツの中で、ジョバーの存在は切っても切れないものであり、どの時代にもジョバーは必ず存在した。 彼らの存在がいたからこそ、スター選手たちは輝き、そしてこれから輝こうとするレスラーたちの魅力を引き上げることができた。そんな彼らは、決して表舞台には出ず、そして人知れず姿を消していく。 人生も同じ。華やかに生きていける者の陰に隠れ、ひっそりと生きていく者たちがいる。だが、敗者がいたからこそ、勝者がいる。自分が損することにより、他者を引き上げることができる者こそ、本当の意味での勝者なのではないか。 プロレスは「負けたけど、あいつ良かったよな」と観客に思わせることは可能だ。負けというマイナスの要因をプラスにできる。それが、プロレスの良さの一つだろう。 今回はその“J”(Jobr)たちに光を当てて、彼らの生き様、そして負け様を伝えていきたい。 ...

    2018-11-02

  • MMA業界初の大型トレード! その幸福な結末■MMA Unleashed

    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「 MMA業界初の大型トレード! その幸福な結末 」です! 【1記事50円から購入できるオススメ記事】 ・アメリカMMAサイトでRIZINが報道されない理由 / ジョン・ジョーンズいきなり怪気炎 ・ボクシングごっこでPPV80万件を販売した炎上お騒がせユーチューバー! ・ヌルマゴメドフ・マクレガー乱闘劇のその後:記録破りのPPV売上240万件達成! ・ONEは好調なのか?それとも火の車なのか? 財務データと事業戦略を読み解く まさかMMAの文脈でこんな言葉を耳にする日が来るとは思わなかった、と誰しもがあ然とした、UFCデミトリアス・ジョンソンとONEベン・アスクレンの“トレード”劇。実際には、プロ野球で見られるようないわゆるトレードというわけではなく、UFCがONE行きを前提としたデミトリアス・ジョンソンのリリースに合意、ONEもかねてUFC行きを希望していたアスクレンをリリースしたというもので、UFCとONEが団体同士で選手の頭ごなしに交換を決定したというわけではない。ただ、両者ともに契約試合数をまだ残していた状態だったと報じられており、...

    2018-11-02

  • QUINTETラスベガスの衝撃――中井祐樹「日本は取り残されています」

    ラスベガスに進出したQUINTET! 今回は主審を務めた 中井祐樹 先生にその面白さをまたまた語っていただきました〜!! 【1記事から購入できる関連企画】 ■ やっぱり面白かったQUINTETを分析! 中井祐樹「10th PLANETはグレイシー一族に通じる」 ■中井祐樹、「QUINTETの面白さ」と「グラップリングのあり方」を語る ■キャッチはどこへ消えたのか? 宮戸優光×中井祐樹「プロ・レスリング」の文化と競技論 ■【原理主義の親玉に訊く】「中井さん、なぜそこまで強さを追求するんですか?」■中井祐樹☓大沢ケンジ ―― 中井先生、今日はQUINTETのラスベガス大会について聞かせてください。 中井  わかりました。今回のQUINTETはAbematTVの中継がなく解説の仕事がなかったので、ワンマッチの主審をやったりしたんですね。大会翌日にラスベガスでマクレガーvsヌルマゴがあったんじゃないですか。「こんな機会はなかなかない」ってことで、30万円のチケットを買って見に行った関係者もいましたね(笑)。どんな席かはわからないですけど。 ―― さ、さ、さ、30万円!! ビッグカードということで高騰したんですねぇ。 中井  そんなわけ...

    2018-11-02

  • 【900記事オーバー】1記事50円から購入できるDropkickバックナンバー

    【900記事オーバー】1記事50円から購入できるバックナンバー 【10月記事アクセスランキング】 1位 「今日もダメだけど、まあいいか」と諦める……みんなボブ・サップを抱えて生きているのだ 2位  「佐山先生をUFCの殿堂に!」……川口健次✕朝日昇、青春のシューティング対談!! 3位 私が経験した芸能事務所トラブル■二階堂綾乃 4位 ボクシングごっこでPPV80万件を販売した炎上お騒がせユーチューバー 5位  怪物デイブ・メルツァーと『レスリング・オブザーバー』■斎藤文彦INTERVIEWS 6位 愛すべき元横綱・輪島が戦った全日本プロレスの2年間■小佐野景浩の「プロレス歴史発見 」 7位 「おい、ウソだろ? 天心の左カウンターが当たらないって……」■山田武士 8位 男色ディーノはなぜ全裸になったのか〜DDT再出発とLGBT問題〜 9位「天心vs堀口はキックであってキックではない。まさに異種格闘技戦でした」■鈴木秀明 10位  台風vs雷神vs大砂嵐!! 大混乱のRIZIN.13の舞台ウラ■笹原圭一RIZIN広報 【10月その他のバックナンバー】 ・ プロレス復帰してジャーマンを喰らいました!■...

    2018-11-01

  • 【グンマーの謎】北関東プロレス界隈の首領・島田宏インタビュー

    90年代インディーの話題になると必ずと言っていいほどその名前を聞く 島田宏 インタビュー。若松市政が操っていた 宇宙パワーや宇宙魔神の正体とも噂される彼はいったい何者なのか?  【1記事から購入できるバックナンバー】 折原昌夫インタビュー後編「天龍さんの引退試合を見に行かなかったのは……」 【濃厚18000字】トンパチ折原昌夫が明かす全日本プロレス、SWSの信じられない話!! 元祖・大仁田信者が50歳で覆面レスラーになるまで〜ワイルド・セブンの告白〜 【インディの怪人、ついに語る】サバイバル飛田「もう客を焼き払うしかなくなった……」 【壮絶!!後編】シャーク土屋に病魔が襲う!! 「もっと生きたい…水が飲みたい!!」 「FMWアイドル女子レスラー」の今はキリスト教伝道師……里美和ロングインタビュー 上田勝次   FMWを支えたキックボクサー「アイツが死んで以来、ヒジは使ってないよ…」  金村キンタロー   理不尽小僧「インディで年収1500万……一銭も残ってないです!」   ウルトラマンロビン   「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」   髙...

    2018-11-01

  • 【DJ、ONEに電撃トレード】UFCフライ級は消えてしまうのか?

    この記事は DJ、ONEに電撃トレード を 語ったDropkickニコ生配信を編集したものになります(語り:ジャン斉藤) 【1記事から購入できる過去記事】 ・「今日もダメだけど、まあいいか」と諦める……みんなボブ・サップを抱えて生きているのだ ・【UFC229世紀の大乱闘】怒りのハビブ、コナー・マクレガーを仕留め損なう ・【追悼KID】魔裟斗vs山本KID徳郁に見えた修斗四天王の輝き…… 今回は前UFCフライ級王者デメトリアス・ジョンソンのONEトレードの話題に触れようと思ったんですが……それを吹き飛ばす大事件が起こりましたねぇ。大砂嵐、再び無・免・許・運・転!! 今年4月に静岡の高速道路で無免許運転し、速度違反したことが発覚しました。そもそも大砂嵐が相撲を廃業したのは、今年1月の無免許運転による追突事故が理由ですからね。まるで凝りてない!(笑)。 大感動大爆笑のボブ・サップ戦にこんなオチが待ってるなんて……。 この件を受けてRIZINは大砂嵐との契約を即解除。大晦日に控えていたMMA第2戦も当然なくなりましたが、こういうかたちで去ったほうが伝説になりますよね。どうやってもあのサップ戦は超えられないというか。いや、超...

    2018-11-01

  • 勝手にしやがれ! アメプロ開催中止騒動の歴史■アメプロインディ通信「フリーバーズ」

    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」( https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds )を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは 勝手にしやがれ! アメプロ開催中止騒動の歴史 です ! <1記事から買える関連記事> ・新日本に続いてDDTも“裏レッスルマニア”に参戦!! ・『ルチャアンダーグラウンド』を経て世界に羽ばたくジェフ・コブ ・竹田誠志、米デスマッチトーナメント出撃! 「アメリカのファンをドン引きさせたい」 ・CMパンク、おまえはそんなところで何をやってるんだ? ・【#MeToo】マイケル・エルガンはすべてを失ってしまったのか 先日10月17日、沢田研二が、さいたまスーパーアリーナでのコンサートを「契約上の問題」を理由に急遽中止したことが騒動になった。中止理由についてはいろんな憶測が飛び交ったが、結局のところ「お客さんが9000人と聞いていたのに7000人だった」ことだとされた。本来なら怒っても良さそうなファンたちだが、あまりSNSを使わないファン層が多いせいか、表立って怒りを表...

    2018-11-01

  • 「佐山先生をUFCの殿堂に!」……川口健次✕朝日昇、青春のシューティング対談!!

    「シューティング最強の男」と「奇人」のシューティング対談! シューティングジム横浜主宰にして修斗世界ライトヘビー級王者だった 川口健次 氏と、修斗四天王にして元・修斗世界フェザー級王者の 朝日昇 氏が格闘技黎明期を15000字で語りつくします! 【1記事から購入できる関連記事】 修斗、リングス、K−1、PRIDE…90年代を漂流した格闘家・本間聡ロングインタビュー 朝日昇インタビュー最終回……修斗分裂騒動の裏側、着せられたクーデターの汚名 村浜武洋“流浪と怒り”のロングインタビュー「やるか!? おう、コラ! ああん!?」 【和術慧舟會創始2万字語り】西良典インタビュー「総合格闘技がなかった時代の話をしよう」 運命のバリジャパ、安生道場破り、幻の長州戦真相――中村頼永インタビュー<ヒクソン来襲編> 木村浩一郎  「FMWとリングスで俺はこの業界をナメてしまったんですよ」  紀元前のシューティング……「スーパータイガー・ジムに通った高校生」/ソムチャーイ高津 山田学  初代シューターにしてパンクラシストの大冒険   修斗初代王者/仮面シューター・...

    2018-10-31

『Dropkick』チャンネル

『Dropkick』チャンネル

【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/OMASUKI FIGHTの北米コラム『MMA UNLEASHED』/アカツキの『味のプロレス出張版』/大沢ケンジの「日本格闘技化計画」/二階堂綾乃のイラストコラム/オレンジ色の手帳/中井祐樹日記/ニュース解説!ジャン斉藤のMahjong Martial Arta……など。音声配信もやってます!

2012/10/29 開設 7動画

生放送!

Twitter