• このエントリーをはてなブックマークに追加

お知らせ

お知らせはありません。

ブロマガ最新記事

  • 中嶋勝彦を見よう/「プロレスの仕組み」論■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」

    プロレスラーの壮絶な生き様を語るコラムが大好評! 元『週刊ゴング』編集長 小佐野景浩 の「プロレス歴史発見」――。今回は 中嶋勝彦を見よう/「プロレスの仕組み」論 で す! <1記事から¥100から購入できる連載記事! クリックすると試し読みできます!> 東京スポーツ新聞社制定「2023年度プロレス大賞」 追悼“テキサスブロンコ”テリー・ファンク G1クライマックスに圧倒的な価値観を! ALL TOGETHERに見えたリアルな関係  【永田三冠議論百出】全日本プロレスは大丈夫 清宮海斗の「顔面蹴り」と「平和ボケ」 プロレス大賞の選考は毎年難しい 岩谷麻優vsKAIRI IWGP女子王座の勝負論 私が愛した“若獅子”アントニオ猪木 この旦那にしてこの妻あり!! 天龍源一郎を支えたまき代さん 頑固一徹! 追悼・ターザン後藤さん 大谷晋二郎選手の試合中の事故について 『至高の三冠王者 三沢光晴』を書いた理由 新日本プロレスvsノア対抗戦から見えた個人闘争の炎 令和の横アリ大実験!新日本vsノア対抗戦 東京スポーツ新聞社制定プロレス大...

    2日前

  • ABEMAvsU-NEXT、スターダム岡田社長に言いたいこと■ジャン斉藤の「よけいなニュース解説」

    ジャン斉藤が語るONE日本大会について(ニコ生配信したものを再編集した記事です) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・最強の格闘家ジョビンを現役復帰させる会■松澤チョロの脱線プロレス ・堀口恭司、朝倉海はUFCと本戦契約できるが…■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク ・笹原圭一の「泣いて、笑って大晦日RIZIN」を語ろう【17000字!!】 ・RIZIN離脱……高田延彦という後味の悪い男 「ジャン斉藤さんの記事をガンガン買えるようになりたいです」というメッセージがあったんですけど、自分がいうのもなんですがDropkickメルマガはめちゃくちゃ安いです。月額会員になれば1記事40円くらい! まあシステム的に値上げができないから仕方なく据え置きのままなんですけど、ホントは「12%」値上げしたいんです!……というタイムリーな数字ネタから始まる「よけいなニュース解説」です。 久しぶりに「ダナ・ホワイトじゃなくてデイナ・ホワイトって書け!」というお叱りの声が届きまして、懐かしくて嬉しかったですよ。「デイナ・ホワイトと書かないのは意地を張ってるんですか?」と迫られたんですけど、意地は全然張ってないですよ...

    3日前

  • ボクシング界は安全面を議論していないのか■山田武士

    山田武士 トレーナーが語るリング禍について(聞き手/ジャン斉藤) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・ 同期・船木誠勝が語る武藤敬司vs蝶野正洋 「2人はデビュー戦から大人でした」 ・驚愕のMMA大革命、迫る/RIZIN大晦日あれこれ■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク ・PRIDEからRIZINまで! 選手の名前をコールし続けた男・太田真一郎 ・猪木さんは「おまえ、俺のことを信用してねえだろ」と……鈴木秀樹インタビュー ―― 井上尚弥と青木真也のリング禍を巡るSNSのやりとりが話題になってますが、そこに加わった山田さんのポストも炎上してましたね。 山田  お騒がせしました。ジャンさんが「SNSは議論に向いてない」と書いてましたけど、文字数にもかぎりがあるし、本当に難しいです。ボクも青木くんのことは知らないわけじゃないから、あれが芸風だってことはわかってるんですよね。でも、多くのボクシングファンは青木くんのことを知らないじゃないですか。だから黙っていられないところもあって。 ―― 青木真也もべつに特段おかしなことを言ってるわけじゃないんですけど、あの「芸風」...

    2024-02-19

  • 【プレイバック】「すべらせろ!」と叫んだ山田武士が明かす「桜庭和志vs秋山成勲の真相」

    ★2021年9月にDropkickメルマガで掲載された記事を再録します 秋山成勲が清原和博と自身のYouTubeチャンネルで、いまから15年前の桜庭和志戦の“真実”を明かした。 秋山全ての真実を話す https://www.youtube.com/watch?v=MlaT-3whGWc&t=680s 【桜庭和志さんへ】秋山が全てを認めた日 https://www.youtube.com/watch?v=B6BpRTa7Lzw その内容は動画を確認してもらいたいが、突然の告白は当時の事件をあらためて振り返るきっかけをつくることになり、秋山成勲の動画も深くは踏み込んだ内容ではなかったことから、当時から囁かれていた「主催者とグルだったのではないか」「グローブに凶器を仕込んでいたのではないか」という疑惑も再燃させてしまった。やってはいけない反則を行なったとはいえ、しかるべき罰を受け、謝罪を行なった秋山成勲が15年経っても批判を浴びてしまうのは、主催者によるこの事件の調査に対する不信感も理由のひとつに挙げられるだろう。そのため今回登場する山田武士トレーナーも“疑わしい人物”というイメージが強い。  山田氏は当時の秋山成勲のコーチであり、セコンドも務めていた。あの日、最も間近で秋山成勲と行...

    2024-02-19

  • 【プレイバック】冬木弘道は「俺はやっぱり死ぬんだな」とニヤリと笑った…■小佐野景浩のプロレス歴史発見

    ★2014年11月にDropkickメルマガで掲載された記事を再録します 元『週刊ゴング』編集長・小佐野景浩が90年代のプロレス界を回顧する「プロレス歴史発見」。「冬木弘道」後編――。病魔に侵された冬木のために、三沢光晴ら男たちが奔る! そして天龍源一郎と冬木弘道の情で結ばれる師弟関係……そこには壮絶な生き様があった 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・ 夢とトラウマを与えたアントニオ猪木の「死」■菊地成孔 ・ RIZIN離脱……高田延彦という後味の悪い男 ・ リングス伝説の佐竹雅昭戦とは何だったのか■長井満也 ・ 東京スポーツ新聞社制定「2023年度プロレス大賞」■小佐野景浩の「プロレス歴史発見」 ―― 今回は“理不尽大王”冬木弘道さんについておうがいいたします。 小佐野  ……いやあ、あの人のことを思い出すとね、涙が出そうになりますね(しみじみと)。亡くなる までの1年間は本当に凄い生き様でしたから……。 ―― 小佐野さんは冬木さんとはいつ頃から付き合いがあったんですか? 小佐野  冬木さんとよく話すようになったのは、『ゴング』が週刊化されて、ボクが記者として取材活動をする...

    2024-02-19

  • 【ONE】セージ・ノースカット問題とは何だったのか?■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    多くのMMAファイターをマネジメントする シ ュウ・ヒラタ 氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。今回も16000字で語ります(この記事はニコ生配信されたものを編集したものです) 【1記事150円から購入できる過去記事】 ・堀口恭司、朝倉海はUFCと本戦契約できるが…■シュウ・ヒラタ ・驚愕のMMA大革命、迫る/RIZIN大晦日あれこれ■シュウ・ヒラタ ・平本蓮、井上直樹、佐々木憂流迦、神龍誠のこれから■シュウ・ヒラタ ・計量問題を考える/アイポークの現場で起きたこと■シュウ・ヒラタ ―― 今月もセージ・ノースカット問題を含めていろいろとうかがいたいんですが、まずは2024年もUFCのアジア選手発掘企画ROAD TO UFC(以下RTU)が行なわれるという話題から。シュウさんが開催情報を発信されて話題になってましたよね。 シュウ  そうなんです。UFC上海の担当者、あとショーン・シェルビー、ミック・メイナードという2人のマッチメーカーに確認したら、いまのところ5月末のスタートで考えているということでしたね。UFC上海の担当者は、男子はフライ級、フェザー級、ライト...

    2024-02-16

  • 【UFCと契約】鶴屋怜の可能性が恐ろしいよ!

    UFCの契約を勝ち取った 鶴屋怜 インタビューです!(聞き手/ジャン斉藤) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・ 扇久保博正、浅倉カンナを生み出したパラエストラ千葉に迫る■鶴屋浩 代表インタビュー ・極真世界王者・上田幹雄「大山総裁ならRIZINに殴り込んでいたと思います」 ・堀口恭司、朝倉海はUFCと本戦契約できるが…■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク ―― 2月4日の「ROAD TO UFC」トーナメント決勝を制してUFCの契約を勝ち取った鶴屋選手ですけど、帰国後もう練習されてるんですね(取材は2月9日)。 鶴屋  帰ってきた翌日には始めてますね。 ―― もうちょっとゆっくりしてください!(笑)。金原正徳選手がクレベル・コイケに勝ったときもすぐにロータス世田谷で練習してて「休まないんだ!」ってビックリしたんですけど、世界クラスはやっぱり普段の姿勢から違うんですねぇ。 鶴屋  まあ自分の場合は他にやることがないってところはありますね。それにさすがに2部練じゃなくて1部練なんですけど。試合後は減量から解放されたところもあって食べ過ぎちゃうから、身体を動かさないと太っちゃうんで...

    2024-02-15

  • 【大人のMMAトーク】日本格闘技界がよくわかる15000字■DEEP代表・佐伯繁

    親交のあったキラー・カーン追悼ポーズのモンゴリアンチョップ!(聞き手/ジャン斉藤) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・笹原圭一の「泣いて、笑って大晦日RIZIN」を語ろう【17000字!!】 ・ブラックローズ大晦日の裏側■証言:セコンド大塚隆史 ・PRIDEからRIZINまで! 選手の名前をコールし続けた男・太田真一郎 ・【年の差24歳婚】北岡悟 「格闘家と結婚」インタビュー 年に一度のペースでDEEP代表の佐伯さんから日本格闘技界の現状をうかがうインタビューをやってますが、その取材前、韓国ブラックコンバットのパク・シユンvs須田萌里で起きたシユンのグローブ掴みの件で関係者と電話でやりとりする佐伯さん! 佐伯  ……お待たせしました。 ―― いろいろと大変そうですね。DEEPの選手を派遣しているとはいえ、自分の団体で起きたことではないから対処も難しいですし……。 佐伯  ホント難しいんだよね。ウチで何か起こったら競技統括しているJ-MOCさんを通してやりとりすればいいんだけど、向こうはブラックさんに権限があるのか、競技をどこでコントロールしているのか。そこがよくわからないんですよ。だって今...

    2024-02-11

  • 【閲覧注意】ビンス・マクマホンおぞましき性的虐待・性的人身売買の全貌

    アメリカンプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」( https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds )を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回のテーマは ビンス・マクマホンおぞましき性的虐待の全貌 です! <1記事から買えるバックナンバー> ・ クリス・ジェリコ性的暴行疑惑騒動の顛末 ・ 夢とトラウマを与えたアントニオ猪木の「死」■菊地成孔 ・ 【バチバチ最終回】臼田勝美「ありがとうバトラーツ」 ・今成夢人のファンタスティックな話■松澤チョロの脱線プロレス 「会ってすぐにマクマホンは、私に仰向けになるように命じました」 2020年5月9日、74歳のビンス・マクマホンは、自身が会長を務めるWWEの社員女性を奴隷のように弄んでいた。 「すると、私の上にまたがり、私の頭に排便したのです。マクマホンはシャワーを浴びに行きましたが、私には排泄物をつけたままでいろと命令しました。そして、その場にいたマクマホンの友人である理学療法士とやれと言われました。マクマホンの汚物が髪にまとわりつき、背中にもつた...

    2024-02-10

  • 【ロッシー小川電撃解雇】スターダムは分裂するのか■事情通Zの「プロレス 点と線」

    プロレス格闘技業界のあらゆる情報に精通する事情通Zのコーナー。今回のテーマは スターダムは分裂するのか です! 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・リングス伝説の佐竹雅昭戦とは何だったのか■長井満也 ・ 全日本プロレスで何が起きているのか■事情通Zの「プロレス 点と線」 ・キラー・カーン伝説を語り継ぐ■斎藤文彦INTERVIEWS ・RIZIN離脱……高田延彦という後味の悪い男 ―― Zさん、スターダムの創業者にしてエグゼクティブプロデューサーのロッシー小川さんがスターダムを電撃解雇されました! スターダム側の発表によればロッシーさんが「多数のスターダム所属選手・スタッフに対する引き抜き行為があった」からだと。事実ロッシーさんは新団体設立を宣言しています。Zさんは事前にこの噂は聞いてたんですか? Z  全然聞いてなかったです(キッパリ)。 ―― 事情通なのに! Z  そこが今回のポイントのひとつだよ。水面下でこんな大掛かりな動きがあったのなら、なんでもかんでも書き殴る海外サイトが放っておくわけないでしょう。私が知らなかったりしただけかもしれないけど(笑)。 ―― た...

    2024-02-09

  • やりすぎくらいがちょうどいい……武尊『ユメノチカラ』を読んで

    ジャン斉藤が語る 武尊『ユメノチカラ』 について(ニコ生配信したものを再編集した記事です) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・それでも乗りたい「苦役列車RIZIN」■笹原圭一の超RIZIN2感想 ・ブラックローズ大晦日の裏側■証言:セコンド大塚隆史 ・井上尚弥、那須川天心の拳を守る「バンテージ職人」永末ニック貴之インタビュー ・リングス伝説の佐竹雅昭戦とは何だったのか■長井満也 実現不可能と言われた那須川天心戦がなぜ実現したのかは 「僕の格闘技人生を振り返るとわかってもらえるんじゃないかと思う」 と書き記す武尊の2冊目となる著書『ユメノチカラ』。リング外の行動も真っ向勝負のファイトスタイルそのもので、なるほど武尊の人並み外れた執念が世紀の一戦実現を動かしたことが伝わってきます。 ボクは常々「現役格闘家・関係者の本はいまでも現場に携わっているから、諸事情でぶっちゃけられず微妙な内容になりがち説」を唱えているんですが、『ユメノチカラ』は想像以上にけっこう踏み込んでいて行間でも読ませる。天心戦では 「ここではとても明かせないようなこともたくさんあった」 と書いてあるけど、「...

    2024-02-07

  • 「これがRIZINか……」佐藤将光、センターラインを超える

    RIZIN3月大会で井上直樹と対戦する 佐藤将光 インタビューです!(聞き手/ジャン斉藤) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・【RIZIN初参戦】佐藤将光センターラインな12000字インタビュー ・RIZINフェザー級チャンピオン・鈴木千裕13000字インタビュー ・大晦日プロデビュー!! 「美しきドブネズミの伴走者」平本丈インタビュー ・【ゆるやかな狂気】横山武司「日本の柔術家で俺が最もMMAに向いている」 将光  すいません、取材日を変えてもらって。 ―― 予定では1月7日に収録するはずが、取材当日に体調を崩されて。今日1月14日に変更になったわけですけど、お身体はいかがですか? 将光  もう回復してます。年が明けて仕事を始めるというときにひさしぶりに身体に響く風邪でしたね(苦笑)。 ―― 大晦日のRIZINではカード発表(3月神戸・井上直樹戦)で挨拶されました。 将光  そうですね。大晦日にも試合の話はあったんですが、いろいろあって流れちゃったって感じですね。 ―― 挨拶したときに「来年のRIZIN、1年しっかり盛り上げて行く」と言わ...

    2024-02-05

  • 続・全日本プロレスで何が起こっているのか■事情通Zの「プロレス 点と線」

    プロレス格闘技業界のあらゆる情報に精通する事情通Zのコーナー。今回のテーマは 「 続・全日本プロレスで何が起こっているのか」「TAKAみちのくとKAIENTAI DOJO」 です! 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・ 全日本プロレスで何が起きているのか■事情通Zの「プロレス 点と線」 ・クリス・ジェリコ性的暴行疑惑騒動の顛末 ・「これは中毒になりますよ……」佐々木憂流迦、プロレスデビューを振り返る ・夢とトラウマを与えたアントニオ猪木の「死」■菊地成孔 ―― Zさん、Dropkickの記事がきっかけで全日本プロレスで黒幕騒動が起きちゃいましたよ! 事情通Z  いやあ、遅かれ早かれでしょ。まあ、あの記事が出たことで選手や関係者、メディアもみんな言いやすくなった感があるけど。 ―― みんな大好き“Show”大谷泰顕さんが手かげた全日本プロレス社長・福田剛紀氏のインタビューもなんだか恐ろしいことになってますし……。 Z  あれは現段階でコメントしないほうがいいかも。その理由はあとで説明にするとして、まずサイモン(・ケリー)さんが「俺は黒幕じゃない!」と否定した。でも、あの記事が出る前に、サ...

    2024-02-03

  • 武尊、青木真也、三浦彩佳vs平田樹、ABEMA格闘技の光と…

    ジャン斉藤が語るONE日本大会について(ニコ生配信したものを再編集した記事です) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・K-1のONEチャトリ批判は何が狙いだったのか? ・笹原圭一の「泣いて、笑って大晦日RIZIN」を語ろう【17000字!!】 ・ざまあみろ大晦日……格闘“技”は憎しみを浄化させる ・RIZIN離脱……高田延彦という後味の悪い男 『トップブライツ』でダウトベックに負けた松嶋こよみ選手がかなり叩かれてまして。これはボクが大晦日RIZINの感想でも指摘した「ざまあみろMMA」の燃え方。「RIZINを下に見ていたくせにRIZINで朝倉未来に負けた奴にやられたぞ! ざまあみろ!」ってやつですね。結果に関して何か言われるのはプロの宿命ですけど、松嶋選手がRIZINを選択しなかったことは批判されたりすることではないのかなと。「RIZINに出ろ」という声にしても、RIZINだって負けたばかりの松嶋選手を使おうとは思わない。出すならダウトベックのほうですよ。ケラモフが何かのトラブルで国家に拘束されてて佐賀大会欠場濃厚だから摩嶋一整vsダウトベックをやるしかない! 松嶋選手はUFCへの道を選んだってだけであって、今回は出...

    2024-02-02

  • 1記事から購入できる1月記事バックナンバー

    1月記事バックナンバー ・笹原圭一の「泣いて、笑って大晦日RIZIN」を語ろう【17000字!!】 ・ブラックローズ大晦日の裏側■証言:セコンド大塚隆史 ・堀口恭司、朝倉海はUFCと本戦契約できるが…■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク ・2冠、結婚、プロモーター…堀口恭司「あれが本当のオレだから」 ・「これは中毒になりますよ……」佐々木憂流迦、プロレスデビューを振り返る ・K-1のONEチャトリ批判は何が狙いだったのか? ・全日本プロレスで何が起きているのか■事情通Zの「プロレス 点と線」 ・大晦日の大混乱を締められる朝倉海は“持っている”■水垣偉弥 ・夢とトラウマを与えたアントニオ猪木の「死」■菊地成孔 ・ざまあみろ大晦日……格闘“技”は憎しみを浄化させる ・ロック様のマーク・ケアー物語…MMAが「みじめな戦い」だった時代 ・クリス・ジェリコ性的暴行疑惑騒動の顛末 ・キラー・カーン伝説を語り継ぐ■斎藤文彦INTERVIEWS 12月記事バックナンバー ・驚愕のMMA大革命、迫る/RIZIN大晦日あれこれ■シュウ・ヒラタ ・RIZIN離脱……高田延彦という後味の悪い男 ・最強の格闘家ジョビン...

    2024-02-01

  • 嗚呼、矢地祐介! ああ、ヤッチくんよ!!

    RIZIN2月大会に出場する 矢地祐介 インタビュー!対戦相手が変更になったことで原稿が面白くなりました!(聞き手/ジャン斉藤) 【1記事から購入できるバックナンバー】 ・ブラックローズ大晦日の裏側■証言:セコンド大塚隆史 ・笹原圭一の「泣いて、笑って大晦日RIZIN」を語ろう【17000字!!】 ・2冠、結婚、プロモーター…堀口恭司「あれが本当のオレだから」 ・堀口恭司、朝倉海はUFCと本戦契約できるが…■シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク ―― 矢地選手は大晦日のずいぶん前から、ご自分のYouTubeで「大晦日の試合はあるのか」「相手は誰がいいか?」みたいに煽っていたので、試合がなかったうえに例のツイートでオチがついた感じが面白かったんですよ。 矢地  ハハハハハハ。それはよかったです。 ―― あのツイート自体はめちゃくちゃ炎上してましたね。 矢地  たしかに炎上しましたね(笑)。 ―― ボクがびっくりしたのは、てっきり自宅でお酒でも飲まれたうえでツイートしてるのかと思ったら……。 矢地  いや、あれは会場でツイートしてたんですよね。 ―― 会場には行かれ...

    2024-02-01

『Dropkick』チャンネル

『Dropkick』チャンネル

【更新コンテンツ】スペシャルインタビュー/斎藤文彦INTERVIEWS/小佐野景浩の「プロレス歴史発見」/プロレス点と線/ジャン斉藤のMahjong Martial Arta……など。音声配信もやってます!

2012/10/29 開設 14動画

生放送!

次回放送予定をお待ちください。