• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント情報】ミノフスキー粒子とリラルな戦争との関係」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント情報】ミノフスキー粒子とリラルな戦争との関係」

2019-06-18 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2019/06/18

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫ゼミ・プレミアムでは、毎週火曜は夜8時から「アニメ・マンガ夜話」生放送+講義動画を配信します。毎週日曜は夜8時から「岡田斗司夫ゼミ」を生放送。ゼミ後の放課後雑談は「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」のみの配信になります。またプレミアム会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」、「岡田斗司夫の個人教授」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    まずは、6/4放送分のハイライトから。


     もともと、富野監督が『ガンダム』を作った時に「嫌だ」と言っていたのが、当時のロボットものにあった”ウソ”です。
     1979年、『ガンダム』が放送された当時、最新の戦争というのは米ソ冷戦、別名“ボタン戦争”でした。
    (中略)
     見えない敵をレーダーで補足して撃ち、それが当たると、敵は自分の見えないところで爆発して消えていきます。
     勝敗は、敵に出会う前に決まるわけです。

    「敵を戦闘機の照準の中に入れて、撃て~」というような、いわゆる僕らが知っている飛行機同士の戦いというのは第1次大戦のものなんですよ。

     ところが、『ガンダム』がオンエアされることになった時、スポンサー筋の玩具会社とかが望んでいたのは、そうじゃない。当たり前ですけど、もっとわかりやすい19世紀までの”英雄の時代”の戦争とか戦闘をやって欲しかったわけです。

     決して、ロボット同士がお互い地平線の向こうからミサイルを撃ち合って、敵がやられたかどうかはレーダーの中に映る“ブリップ”といわれる光点がフッと消えることでわかる、みたいなしょーもない戦いを見せてもしょうがないわけですから。

     そこで富野さんは、“ミノフスキー粒子”という設定を発明して、『ガンダム』という世界の中の戦争を一気に19世紀まで押し戻すことに成功したわけです。

     ミノフスキー粒子というのは、まあ、レーダーや通信電波が使えなくなってしまう宇宙空間の煙幕みたいなもんです。

     これ以上の説明は、「ミノフスキー粒子」で検索したら、いくらでも細かい話が出てきます。そこに書いてあるのは、基本的には疑似科学であって、例えば「ガンダムの続編のこれでは、こういうふうに応用されている」みたいなことがいっぱい書いてあるんですけど。
     ただ、『機動戦士ガンダム』の中では、ミノフスキー粒子というのは、いわゆる煙幕みたいな使い方をするんですね。

     これによって、宇宙船というのは、基地と連絡が取れなくなります。いわゆる電波妨害ですから、通信ができなくなるわけですね。その結果、戦艦同士の戦いも、一気に帆船時代の戦いに戻ってしまう。

     通信が使えちゃった場合、宇宙戦艦がすぐにお互い通信できたり、本国と連絡を取り合えてしまって、お話としてなかなか進みにくいので、一気に戦艦同士がお互いに通信できないような状況に持っていくわけですね。
     もちろん、レーダーもあまり使えないので、攻撃手段として誘導ミサイルを使えない。イコール、モビルスーツで近くまで行って、強い武器で敵を叩くという、19世紀っぽい戦いに出来たんです。
     ロボットアニメの作り手にとっては、誠に都合のいい設定です。

     『ガンダム』は、このミノフスキー粒子という設定で、ロボット戦争を19世紀の英雄の時代までいきなり引き戻すことができたんですね。
     もちろん、他のロボットアニメも英雄の時代っぽいことをやってます。でも、それは、まあゴジラのところでも話したんですけど、もう何も考えずに巨大ロボットを、まるで怪獣みたいに扱ってるだけなんですね。
     でも、『ガンダム』というのは、もうちょっと現代の技術というのをちゃんと取り入れたものにしたかったので、こういったミノフスキー粒子というのを考えたんです。

     しかし、ストーリーが進むにつれて、『ガンダム』の中でも、戦争の描き方というのが変わっていきます。

     例えば、第12話「ジオンの脅威」では、新兵器の投入による戦争の変化を見せています。いわゆる、第1次大戦における戦車みたいなものを出しているわけですね。

     イギリスのベルファスト攻防戦では、“水中モビルスーツ”というのを登場させた。これもやっぱり新兵器の投入であり、ここら辺は第1次大戦っぽい描き方なんですよ。
     しかし、それがジャブロー防衛戦とか、ジオンの宇宙要塞ソロモンの攻略戦においては、第2次大戦のノルマンディー上陸作戦のような、いわゆる事前準備が全てを決めるというような戦争の描き方をしています。
     そして、ソロモンを落とした後、ジオンの新兵器“ブラウ・ブロ”とか“エルメス”による超遠距離攻撃というのは、当時、最新だったベトナム戦争や米ソ冷戦時代の出会わない戦闘、お互いが見えない距離から撃ち合う戦争というのを見せている。

     こんなふうに、ロボットアニメしか見ない子供達に「現実の戦争というのはこうだ!」というふうに教える。
     「ロボットアニメでもここまで表現できるんだ!」という視点で、ストーリー展開の中で、19世紀から現代戦におけるまでの現実の戦争の進化というのを、徐々に徐々に出していってるんです。
     こういったものを、ストーリーの話数の展開によって見せていったところが、教育的に見た場合の『ガンダム』というアニメが果たした役割であるんですよ。

     ジブリとか宮崎駿のアニメって、自然とか日本の民族文化というのを教えようとしますよね?
     あれと同じように、実は富野アニメって、歴史とか戦争というのを視聴者に教えようとする、そういう教育的な部分があるんです。

     もちろん、ジブリアニメは宮崎駿の自分勝手な哲学ですし、富野アニメは富野由悠季の自分勝手な哲学なんですけど。
     でも、それぞれの哲学なり歴史観というのを、本編の中に上手く入れ込みながらやっているというところが、ちょっと面白いところでもあります。


    明日夜のニコ生は
    20:00~ 「機動戦士ガンダム完全講義」 です(いつもの火曜日ではなく、水曜日配信です)。

    6月19日(水) 20:00~ 「機動戦士ガンダム完全講義〜第12回」 

    お楽しみに!

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    次回配信予定
    • 2019/07/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【月着陸50周年記念】岡田斗司夫が宇宙開発とアポロ月着陸を語りつくすゼミ、いよいよ大詰め!」
    • 2019/07/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『なつぞら』解説:謎のアニメ『どうぶつ三国志』とは?」
    • 2019/07/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「今日のニコ生は、ガンダム完全講義第17回です」
    • 2019/07/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「見たら必ずトラウマになる〜40年前に連載されていた日本版スパイダーマンの衝撃画像!」
    • 2019/07/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「NASAが不自然な発表?エイリアン宇宙船の真相【都市伝説】」
    • 2019/07/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「本当は怖いLINEスコア〜LINEが目指す21世紀型の奴隷制度とは?」
    • 2019/07/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「都市伝説+新スパイダーマン「NASAとLINEの陰謀」&70年代トラウマ・マンガ」