• このエントリーをはてなブックマークに追加
【読書週間におすすめの1冊⑫】『マネマネサイコトロピック』
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【読書週間におすすめの1冊⑫】『マネマネサイコトロピック』

2016-11-07 18:00

    こんにちは、メルマガの中の人兼ツイッターの中の人・Kです。
    10月27日~11月9日は読書週間中、毎日1冊、おすすめの本を紹介中♪

    月曜日なんてこなければいいのに。
    テストもバイトも塾も。
    面倒なことはぜ~んぶ誰かに押し付けて。

    あーあ、自分がもう一人いたらいいのにな。

    今日は、そんな夢を叶えた少女のお話をご案内します。


    ▼自分のコピーを手に入れた少女の結末は?
    『マネマネサイコトロピック』

    かいりきベア 原作・原案/結来月 ひろは 著/しおみづ イラスト 
    ◆特設サイト

      
    7e993bf486b9d96aa90cb3f153b49d2d9a68f0a0

    【あらすじ】

     進学校に通う高校二年生の二条マヤは、毎日勉強漬けで忙しい日々を送っていた。

    「自分がもう一人いればいいのにな――」

    そんなことを考えていたある日、“どんな願いも叶うアプリがある"という噂を聞いたマヤは、半信半疑で噂のアプリに願いをかける。
    すると目の前に、もう一人の自分『イミテーション』が現れた――! 

    1週間後。
    テスト返却日に好成績を収め、クラス中の注目を集めるマヤの姿があった。

    「神様、ズルしてゴメンなさい♪」

    その後もイミテーションを増やし続け、すべてがうまくいくと思ったマヤだったが、『14番目』が現れたことで少しずつ計画が狂いはじめる……。


    本書は同名ボカロ楽曲のノベライズなのですが、
    楽曲の中の世界観が余すことなく、さらに
    よりリアルになって、表現されています。

    「もう一人の自分を手に入れる」。
    誰もが一度は思い描いたことがある夢を
    本作では、「アプリ」によって叶えた――という
    とっても現代チックな導入でストーリーが進んでいきます。

    ▼中の人イチオシのシーン

    ――誰もが憧れる自由気ままな生活。
    今のマヤにはそれが可能なのだ。
    ――イミテーションがいる限り、この生活は続いていく。
    マヤの幸せは保障されたも同然だ。
    「私の夏休みはずっと続いていくんだ!」
    暦が夏を終えた今日、マヤの夏休無期延長が決まった。

     
    学校へは自分の『イミテーション』を向かわせて、
    自分は家でのんびり過ごす――誰もが憧れる生活に突入したマヤ。
    ところがこの日から、少しずつ少しずつ、歯車が狂っていきます。

    マヤはどうなってしまうのか?
    アプリは誰がつくったものなのか?

    そして、もしかしたら――
    自分が知らないだけで、どこかにそんなアプリがあって、
    電車で隣に座った見知らぬあの人や、
    今日一緒に食事をしたあの子も、
    誰かのコピーなのかも……?
    もしかしたら、●●も――

    一度考え始めると、なかなか離れない疑惑。

    現実が静かに浸食されていく恐怖をぜひ、秋の夜にお楽しみください――。




    以上、中の人・Kが、
    読書週間におすすめの1冊⑫『マネマネサイコトロピック』を紹介しました♪

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。