再生数ランキング (昨日)

コメント数ランキング (過去3日間)

新着

チャンネル (444)

  • ディスカバリーレイジチャンネル 人生を楽しむのは老後から? 今からじゃだめなの? どうしたら楽しめるの? そんな疑問を本質翻訳家(ホンホン)の山田玲司がガッツリ講義していきます!ヤンサンでは言えない山田玲司の本気のホンネ!真面目に働く人達を讃えたい!人生は楽しんでもいい!!!
  • 中島孝志のインテリジェンス時事放談 自身の著訳書500冊超(電子書籍120冊超)、政財界有名人出版プロデュース500人超、年間読書量3000冊の作家・ジャーナリスト・経営コンサルタント・キーマンネットワーク主宰の中島孝志が、日本と世界の政治、経済、社会、軍事、市場、その他の時事問題などホットな話題を、マスコミが絶対に伝えない真のインテリジェンスでお伝えする情報チャンネルです。
  • 心理学をもっと身近に 心理学に関する学習支援・研究支援事業をしております合同会社セカンダリーのニコニコチャンネルです。心理学検定、大学院入試、公務員心理職、公認心理師など心理学の各種試験や教養のためにご活用ください。また、公刊された学術論文の紹介や研究法の紹介もしております。研究活動にもお役立てください。
  • 日本文化チャンネル桜 日本の歴史・伝統文化等の再検証を通じ、独自の視点で日本の未来を考える番組をお送りしているチャンネルです。
  • 石田衣良 大人の放課後ラジオ 小説家 石田衣良が、若い仲間たちと大人の放課後をテーマにお届けする、自由気ままな番組です。映画・マンガ・本、音楽など最新カルチャーから、恋愛&人生相談、ほんのり下ネタまで、日常のひとときを、まったりにぎやかにするエイジレスでジェンダーフリーなプログラムです。
  • メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」 ニコニコ本家アプリより使いやすい会員専用アプリ【ぬこみこ動画】つくりました。無料ダウンロードはこちらから- iOS: https://t.co/8kDr78i9ER- Android: https://t.co/pnnurzNB1Zケンブリッジ大学をはじめとする研究者たちから届いた、最新の研究をもとに、皆さんの人生をより良いものにする方法を考察・解説する放送です。
  • スタンダードジャーナル(THE STANDARD JOURNAL) そもそも報道というものには、公平性や客観性はなく、報道主による意図があり、何かしら歪んでいるものです。チャンネル名のTHE STANDARD JOURNALですが、標準的というのは、日本から見て、また、日本の自分の立場から見てというところにならざるをえない。日本の報道も左翼無責任報道が多いのでその立場とも違う、欧米のリアリズム視点をもった日本からの標準(STANDARD)で読み解きたい。番組名の「アメリカ通信」はスタンフォード大学、フーバー研究所フェローであった故・片岡鉄哉教授が初めた日本人向けの米国情報サービスであり、それを弟子である奥山真司が引き継ぎ続け今回映像も試みてみようという形になった。1週間の欧米の英字新聞・雑誌ニュースを読む番組。日本は欧米ではどう報道されているのか?政治、経済、カルチャー、ゴシップまで取り扱います。戦略的思考で、欧米人の思考をさぐりたい。
  • NHKちゃんねる NHKの多彩な番組より、選りすぐりのオススメ番組をご紹介!
  • 虎8チャンネル ■■■■■ご意見・ご感想はhttps://tora8.tvまで■■■■■上記メールアドレスにてご意見・ご感想を頂けますと幸いでございます。本チャンネルはご好評頂いております「虎ノ門ニュース8時入り!」のアーカイブチャンネルです。YouTubeで放送されたもののアーカイブとなりますので、やや低画質になります。ご了承下さい。虎ノ門から、政治・経済・社会を斬りつける!!タブーなき憂国の志士たちが日替わりで繰り広げる生放送のデイリーニュースショー!この番組は地上波テレビっぽい、いわゆる「事前の段取ごと」は基本いたしません。 なので、ニュース選びも出演者打ち合わせもすべてダダ漏れ感覚でお送りします。なので、司会者やパネラーがスタジオ入りするのもズバリ8時!そこからこの日の番組をどう作っていくのか?何にこだわって語るのか?番組作りの舞台裏もお楽しみください!
  • 岡田斗司夫ゼミ・プレミアム 岡田斗司夫ゼミは毎週2回、配信です。毎週火曜は夜8時から「アニメ・マンガ夜話」。生放送+講義動画を配信します。毎週日曜は夜8時から「岡田斗司夫ゼミ」を生放送。ゼミ後の放課後雑談は「岡田斗司夫ゼミ・プレミアム」のみの配信になります。以下はプレミアムの特典です。岡田斗司夫の過去動画など全コンテンツは、以下のサイトからご覧になれます。・岡田斗司夫アーカイブアクセスのためのパスワードは、チャンネル会員向けメルマガで配信しています。記事の最後の方、「番組への質問」の前に書かれています。ブロマガのページでも同様に掲載しています。岡田斗司夫プレミアムブロマガご確認ください。岡田斗司夫アーカイブでは、岡田斗司夫ゼミの無料および会員限定動画、ゼミの全文テキスト、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを見放題となっています。またキーワードから過去トークを一発で呼び出せる「オタキング名言動画集」機機能も装備しました!ぜひご活用下さい。○ご注意:チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください。チャンネル入退会についてお問い合わせはドワンゴ「ニコニコヘルプ」にお願いします。
  • 岡田斗司夫ゼミ 岡田斗司夫ゼミは 毎週2回 夜7時 配信+過去動画2本公開します。 ■日曜「岡田斗司夫ゼミ」 ■火曜「マンガ・アニメ夜話」 ■木・金曜日「岡田斗司夫ゼミ過去回」に前説などの撮り下ろし映像を加えて公開 ●過去の動画は、10週前までの分が視聴可能となります。11週以前の動画をご覧になりたい方はこちらを退会し、「岡田斗司夫ゼミプレミアム(月額2,200円税込)」にご入会下さい。2019年12月1日より
  • 「月刊中国」鳴霞の「中国 最前線!」 元中国共産党エリートでジャーナリストの鳴霞が中国国内と世界の最新ニュースをお伝えします。//鳴霞プロフィール//1958年中国遼寧省瀋陽市(旧奉天市)生まれ、元共産党のエリート。中学校で中国の青年団のリーダー。高校卒業後、東北の農村に下放され、1979年に瀋陽市科技日本語学園に入学。1981年中国航天部瀋陽市運市工企業の戦闘機・ミサイル製造現場(旧満州航空機株式会社)の情報課日本語担当勤務。1982年来日、京都日本語学校を卒業し、兵庫・大阪の日本語学校で講師を務める。2002年から月刊中国主幹。☆ご質問やご要望、ご意見は下記にメールでお願いします。「月刊中国」事務局meika.monthlychina@gmail.com
  • KAZUYA CHANNEL GX 2 YouTubeのKAZUYA CHANNELでおなじみのKAZUYAがはじめるニコニコ生放送。時事ニュースから、堅い政治の話からやわらかいアニメやマンガ、流行っているもの、面白いもの、YouTube動画ノウハウまで、ゆるいカタチでお届けします。
  • ビデオニュースちゃんねる ニュース専門のインターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」のニコニコ動画支局。
  • 松田政策研究所 “リアリズム”を標榜する松田政策研究所として、その時々の政治経済・文化、社会、外交・国際情勢問題などをデマや偏った言論に惑わされることなくFACTと科学的知見、国際感覚及び国益の観点から松田学と山岡鉄秀が解説します。更にゲストをお呼びしてのテーマを絞っての深堀・専門的な議論も展開します。更にこのChの特徴として番組内で得た問題意識や知見を元に松田学の経験や人脈、山岡鉄秀の国際経験を活かし永田町・霞が関へのアプローチへも繋げていく“具体的なロビー活動”と“政策立案”を推進するための放送を目指します。
  • ゴー宣ネット道場 『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、国家や社会を議論する全く新たな空間を生み出しています。毎月開催されるその熱く、濃密な「ゴー宣道場」の様子を動画配信し、さらに新しい言論人、新しい表現者を発見して紹介しながら、この日本を覆う閉塞感を打破しようという冒険が開始されました!この動画チャンネルに刮目せよ!!
  • ニコニコニュース ニコニコニュースは、ニュースをきっかけにユーザーの皆さんとのコミュニケーションを楽しむことができるサービスです。
  • 水間条項国益最前線 ジャーナリストであり、近現代史研究家でもある水間政憲が代表を務める、有限会社オフィス存が運営するチャンネルです。日本の国益を護るために有益な情報を発信するために開設しました。共に戦ってくださる同志の皆様の加入をお待ちしております。
  • 久野潤チャンネル 久野潤チャンネル:日本近現代史の研究者、政治学者、歴史学者である久野潤が時事問題から歴史、サブカルまで、ノンストップかつ縦横無尽に語り尽くす番組。日本全国に渡るフィールドワークにより培った芳醇なネットワークを活かした、多彩なゲストを迎えた特番も。
  • PLANETSチャンネル 宇野常寛が代表を務めるユニット第二次惑星開発委員会および雑誌『PLANETS』の公式チャンネルです。豊富な記事とメールマガジン、そして動画をお届けします。運営(株式会社PLANETS 連絡先:wakusei2nd.biz@gmail.com )
  • 上七軒文庫チャンネル 上七軒文庫は、北野・西陣エリアの京町家を拠点とする「私塾」として、人文学の講義などを行っております。このチャンネルでは、過去の講義の動画、講義資料、その他動画コンテンツなどを提供していきます。近年、大学を中心とした学術研究環境、特に人文学の研究環境は、厳しい状況が続いております。短期的な成果を求める「実学」が称揚され、大学に「即戦力」のみが求められる一方、古典の読解などを中心とした人文学は「役に立たない」学問というレッテルを貼られるようになりました。大学が税金などの公的資金によって運営されている以上、ある程度しかたがないのかもしれませんが、このままでは先人から受け継いできた人文学の伝統が途絶えてしまうのではないか、という危機感を私たちは持っております。
  • 444