• このエントリーをはてなブックマークに追加
Rd3,4【富士スピードウェイ】AGE♂AGE♂RACING レースレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Rd3,4【富士スピードウェイ】AGE♂AGE♂RACING レースレポート

2014-05-26 14:33

    AGE♂AGE♂RACING レースレポート

       6ef986bc7e38cbc4ce7a178ea6bcc9db0d794f20

    ------------------------------------------------------------------------------------------

    2014 SUPER CAR RACE SERIES Round3/4 富士スピードウェイ
    SUPER CAR RACE SERIES 第3/4戦が5月17-18日に富士スピードウェイで開催
    AGE♂AGE♂RACINGからはカテゴリーIIにシリーズフル参戦の2台に
    今回スポット参戦の72号車 Ferrari F430challengeを加え、3台での参戦
    今回70号車は佐々木 孝太がニュルブルクリンンクでのVLNに参戦の為
    NAORYUが1名で全スティントを担当することになり
    72号車は公式戦初参戦となる

    70号車
    車両     Ferrari 458challenge
    ドライバー  NAORYU

    69号車
    車両     Ferrari F430challenge
    ドライバー  草野 健 舩井 俊仁

    72号車
    車両     Ferrari F430challenge
    ドライバー  江原 謙輔 須崎 弘一郎

    ■公式予選
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    今回の第3戦/第4戦は5/17(土)に公式予選と第3戦決勝
    5/18(日)に第3戦の決勝結果順によりグリッドを決定し第4戦決勝が行われた。

    公式予選は5/17(土)9:05にスタート。

    9:20までの15分間でAドライバーがタイムを競うが、今回一人での参戦となる
    70号車 Ferrari 458challengeのNAORYUはこの時間帯は未出走。
    69号車 Ferrari F430Challengeの草野 健は1'49.708
    72号車 Ferrari F430Challengeの須崎 弘一郎は1'52.334
    この時点で72号車の須崎はマシンの不調を感じていたとのこと…

    5分間のインターバルの後、9:25からの15分間でBドライバー予選が行われた
    70号車 NAORYUは1'45.922の好タイムをマークするものの
    7号車 KRM AZEST F458 片岡 龍也/濱田 孝典組にわずか0.927及ばず
    3'31.844でカテゴリーIIの2番グリッドを獲得。
    69号車 舩井 俊仁は1'48.607でA/Bドライバー合算3'38.315の7番グリッド
    72号車 江原 謙輔は1'51.973でA/Bドライバー合算3'44.307の8番グリッドとなった。

    ここで72号車の江原は4000rpm以上吹けないとエンジントラブルを訴え、苦しい予選だったと語る。

    その後、決勝直前までメカニックが奮闘するもののエンジントラブルを解消できなかった72号車は
    残念ながら第3戦の出走を断念する事となった。



    ■決勝1
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    第1戦決勝は15:40に50分のレースがスタート。

    c1dba4dc88c966e39c94814296e3cdde4877983c 1411e69f6bf23c4b9efbac28dcc64e494f2a9ab8

    スタート前のグリッド上で出走がかなわなかった72号車 江原から
    「僕の分まで!」と固い握手を交わした70号車 AGE-AGE-458 NAORYUは
    完璧なローリングスタートを決め7号車 KRM AZEST F458 片岡 龍也選手の後にキッチリつけた。
    後続のマシンも綺麗なスタートで富士の1コーナーに飛び込んでいく…

    3c4b222483dc2ef653bb101e3e56861e065a746a

    しかし7号車 KRM AZEST F458 片岡 龍也選手は2位の70号車 AGE-AGE-458 NAORYU以下を序盤グイグイ引き離すものの、2連勝中で40秒のピットストップが課せられた70号車 AGE-AGE-458 NAORYUが安定したラップタイムを刻み、ドライバー交代のタイミングまでにその差を詰めに詰めていた。
    7号車 KRM AZEST F458 片岡 龍也選手はギリギリのロングスティントで引っ張る作戦に出たが、なんとわずか数秒のオーバーでドライバー交替時間違反となり
    ドライビングスルーペナルティを取られ大きく後退。


    ここで自力で7号車のオーバーテイクを狙ってタイムを刻んできた70号車 AGE-AGE-458 NAORYUがついにトップに立ち
    69号車 AGE-AGE-430chも4位争いを展開し好走を続けていた。

     48e157d5076e1d6797d0610c08b7c8a5bd1974f0 d7ad9b0a9843215352ffdb4d341dac717e6f3406

    その後、70号車 AGE-AGE-458 NAORYU、23号車 KremerGT3RSR 山野 直也/滝澤 智幸組、14号車 石松 PORSCHE R.S.R. 池田 大祐/三沢 伸輔組、9号車 BINGOSPORTS997 武井 真司/堀田 誠組がポジションを争うが、14号車 池田/三沢組が24周目にマシントラブルでピットイン。
    23号車山野/滝澤組も後退し70号車 AGE-AGE-458 NAORYUが後続を30秒以上引き離して開幕戦もてぎラウンドから無傷の3連覇を飾った。
    2位には9号車 BINGOSPORTS997 武井 真司/堀田 誠組が、
    3位には23号車 KremerGT3RSR 山野 直也/滝澤 智幸組が入った。
    69号車 AGE-AGE-430ch 草野 健/舩井 俊仁組は4位フィニッシュしたものの、後の再車検で車両最低重量違反となり、残念ながら失格となってしまった。その重量わずか2㎏…

     15373ee25d835a165c7132f3a9cd5ccd25402430 3295951ea9d26951158b4b62fa4ad125c8a54b95
     22df3de88fe15d01fb6e6271ff89303e7b0f316e


    ■決勝2
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    明けて5/18(日)第4戦は16:20スタート
    ここでなんとドラマが!
    昨日エンジントラブルに見舞われた72号車に昨晩スペアエンジンの提供を頂き
    メカニックの奮闘によりわずか一晩でエンジンを換装し、朝にはエンジンに火が入るところまでこぎつけていた。

     a16ae42c33af8cd13428d4307cc84ba5638d0018 b96a481a28151d8556168584821edd9228c8a898

    そして第4戦の出走が叶い、最後尾グリッドにマシンを運んだ。
    70号車 AGE-AGE-458 NAORYUは昨日の優勝によりカテゴリーIIのポールシッター。
    レースを序盤からリードする。
    パワステトラブルの修復が叶わなかった7号車 KRM AZEST F458が不出走となったいま、70号車の3連覇による60秒加算の2分間ピットストップを考えると
    最大のライバルは14号車 石松 PORSCHE R.S.R. 池田 大祐/三沢 伸輔組とみられていた。

     8ac5adb2423f4ab31fb5d6f92795e269b50ce4fb

    70号車 AGE-AGE-458 NAORYUは16周でピットインし、2分のピットストップを消化後ピットアウト。
    ここでなんと17周目走行中の14号車 石松 PORSCHE R.S.R.がトラブルによりコース脇にマシンを止め、70号車 AGE-AGE-458 NAORYUはトップでレースに復帰する事となった。

    そして後半スティントをキッチリまとめ、60分のレースを一人で走り切った70号車 AGE-AGE-458 NAORYUが昨日に続き優勝!
    AGE♂AGE♂RACINGのホームであるここ富士スピードウェイで開幕から4連覇を飾った。

     607936219a862f615589697f9e5944dbe86a0929 ce7630569aa563cd747d650ba46ee3cc6645429e
     8eeda9b026bbbd3f41649d087a0d25c7254fa38a c4a24936b234e2a763d79b8a59f618b76e70e8a4

    2位には9号車 BINGOSPORTS997 武井 真司/堀田 誠組が、3位には38号車 TEAM KRM・FSRSR Aki Miyazaki/Sky Chen組が入った。
    69号車 AGE-AGE-430ch 草野 健/舩井 俊仁組は4位入賞を果たし、表彰台まであと1歩の大健闘を見せた。

     39d49c0c03db36c30c7f3d5219e4c14ef319f547 c29ccf1d8c1448d119764937521d55b9b98b00ee

    72号車 AGE-AGE-430 江原 謙輔/須崎 弘一郎組はエンジントラブルの苦難から返り咲いたものの、ミッショントラブルを抱えながらの決勝では順位を上げて7位フィニッシュで初の公式戦を終えた。

     bc16eea7ffe5dafd9d1d01759f62ae7d353de0af eb2115a2336a777c3f9238bbb3775a08458f842c

    この結果、70号車 AGE-AGE-458は4連覇により80ポイントを獲得し、依然ランキング1位をキープ。
    69号車 AGE-AGE-430chは8ポイント加算し20ポイントで富士ラウンドを終えた。

     afc9feaa6a37d8e2dbb6be134d2a3a62e9e39262

    次戦岡山国際サーキットでの第5戦/第6戦は6/14-15で行われる。
    既にピットストップがMAXの60秒加算になった70号車 Ferrari 458challengeは
    佐々木 孝太が再び出走の予定で、連覇をどこまで伸ばせるかが見どころ。
    69号車Ferrari F430Challenge 草野 健/舩井 俊仁組も経験を積み上げ、着々と力を付けてきた。
    岡山は表彰台を目指して楽しみなラウンドになる。

    優勝、そしてシリーズチャンピオンを目指しチーム一丸で頑張りますので、
    応援とご支援のほどよろしくお願い致します。

     29b4f4c045cad2e9365d9d7f16dd18f920b820f1 300e28698a6e0fd5c4a09f9e6f586d64e5ddb573
     左70号車RQ 左からMarina,Aika,Suzuna,Saori
     右69号車RQ 左からMaya,Maiko,Reila


    ------------------------------------------------------------------------------------------
    関連リンク
    SUPER CAR RACE SERIES 公式サイト
    SCR 公式Facebook
    AGE♂AGE♂RACING 公式サイト
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。