• このエントリーをはてなブックマークに追加
Rd7,8【スポーツランドSUGO】AGE♂AGE♂RACING レースレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Rd7,8【スポーツランドSUGO】AGE♂AGE♂RACING レースレポート

2014-07-29 15:54

    AGE♂AGE♂RACING レースレポート

    25b3e53aa65f583c9ee4efe2123f4a3f38ff05c5
    729bcbdaa4f612ec4a3a0d86a0f3a2f3959f86ea

    ■Race Report
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    TEAM NAORYU AGE♂AGE♂RACING レースレポート
    2014 SUPER CAR RACE SERIES Round7/8 スポーツランド菅生
    SUPER CAR RACE SERIES 第7/8戦が7月5日-6日にスポーツランド菅生で開催
    今回70号車 AGE-AGE-458の単独エントリーとなるAGE♂AGE♂RACINGが
    あらためてTEAM NAORYU AGE♂AGE♂RACINGとしてレースに臨み
    前戦岡山までに6連勝と快進撃中のNAORYUと佐々木 孝太のペアで出走する

    70号車
    車両     Ferrari 458challenge
    車名     AGE-AGE-458
    ドライバー  NAORYU 佐々木 孝太

    今回の第7戦/第8戦は7/5(土)に公式予選と第7戦決勝
    7/6(日)に第7戦の決勝結果順によりグリッドを決定し第8戦決勝が行われる。

    ■公式予選
    ------------------------------------------------------------------------------------------
     a621e18032458b851a8e3461e0d6f5c9a309d772 984712b04f3ce4274d9755bc4fe7f26745b3dda2
    公式予選は7/5(土)10:05にスタート。
    今回はカテゴリーIIが5台とカテゴリーIIIが1台のエントリーとなり
    10:20までの15分間でAドライバーがタイムを競う。

    このAドライバー予選は朝降った雨で路面がまだ濡れており
    チョイ濡れに一部川にならない程度の水溜りが残るといった微妙なコンディション。
    その中担当を任されたNAORYUは「正直怖い」とつぶやいていた。

    というのもライバルチームはことごとくプラチナドライバーやGTドライバーが担当し、
    タイヤチョイスもスリックで非常に繊細かつ大胆なドライブが求められたからだ。

    そして予想通り、トラクションに勝るポルシェ勢がAドライバー予選では上位を占める。

    5号車 LibertyWalk 108 DIRECTION 997GT3の白坂 卓也選手と77号車 炙りや秀苑・シフト997の竹内 浩典選手がチョイ濡れ路面で速さを発揮し、3位以下を約3秒離してそれぞれ1-2位を獲得した。

    ここで70号車 AGE-AGE-458 NAORYUは1'34.469となり、3位の9号車 BINGO SPORTS997の武井 真司選手に0.031及ばず4位タイムとなる。

    実はこのセッション中、9号車 BINGO SPORTS997の武井 真司選手が70号車 AGE-AGE-458 NAORYUを常に背後でピタリとマークし、70号車を若干上回るタイムを狙っていた様だ。


     82a82ed82d1663cdb642bb672cc752973d64edc5

    続いて5分間のインターバルの後、10:25からの15分間でBドライバー予選がスタート。
    この時間になるとレコードラインは乾いてほぼドライと言える状況に。
    ここで70号車 AGE-AGE-458 佐々木 孝太が乾き始めた路面で猛烈なアタックを開始。
    1人30秒を切る1'27.021を出しコースレコードを樹立。
    トータルタイム3'01.490で77号車を0.678上回り70号車 AGE-AGE458がポールポジションを獲得した。

    2番手に77号車炙りや秀苑・シフト997GT3、3番手に14号車 石松PORSCHE R.S.R.が入った。

    予選後NAORYUは「乾いた路面でフェラーリ本来のコーナリングが出来る。決勝もドライなら戦える」とコメント。確かに、路面の乾き始めた状況では第1セクターから第2セクターにかけてのインフィールドで
    Ferrari 458challengeのターンインが鋭く、コーナリングスピードも目に見えて速い。


    ■決勝1
    ------------------------------------------------------------------------------------------

     ad521d8ab725045a8968bbd018a09e2cac145de6

    第7戦決勝は14:05に60分のレースがスタート。
    70号車 AGE-AGE-458はスタートドライバーを佐々木 孝太が担当。

     65189e66d4ab118ce5a6feb75e91d98e0bda9c72 075f65ee1f023fe7db10e1eb0800d23b166b5f52

    綺麗なローリングスタートと思われたがどうも70号車AGE-AGE458の佐々木 孝太と
    77号車 炙りや秀苑・シフト997GT3の竹内 浩典選手との間に、現役GTドライバー同士の高度な牽制合戦があったようだ。
    レース後のコメントで竹内選手は「1コーナー飛び込みを狙っていたが(佐々木孝太に)スタートでフェイントを入れられうまく前に出られなかった」と語っていた。

     3c7d613b6a3f1f7ccaf5915000fe49f3056d718a b666326be8604c1bddb6399a7df0c4d52f53c7c4

    完璧な戦略でホールショットを奪ったAGE-AGE458佐々木孝太は
    2位の77号車 炙りや秀苑・シフト997GT3 竹内 浩典選手をじわじわ引き離し
    大きなマージンを築きつつ20周目にNAORYUにバトンを渡す。
    ピットストップは60秒+MAXハンデ60秒の120秒にもかかわらず、2位を15秒以上離しておりライバルチームはレース半ばで7連覇を阻止する事がほぼ難しい状況となる。
    そして佐々木 孝太から受け継いだマージンに31秒以上にまでタイム差を上乗せした70号車 AGE-AGE458 NAORYUがフィニッシュ。
    見事に7連覇を達成しつつ、全戦全勝がNAORYU1名のみとなりドライバーとしてのシリーズチャンピオンを手に入れた。


     1d6f8d2e56d26b153f2a7b9f1afe522cbd7d0bb3 7a6ba26f7e89f48c31a9da00b6a768cea9b71553
     b719ef67ee49e1c1127f18a259d0ec8c7f1b57f3 d2b678d4d1eca0042b09483aab1f351bc757c4c3

     2185f8e3344a482c36e823f055f6d274098010f2
      喜びを爆発させジャンプ一番のNAORYU/佐々木 孝太のペア。

    2位にはレース終盤に2位争いの好バトルを征した14号車 石松PORSCHE R.S.R.三澤 伸輔/田畑 勇組が、3位には77号車 炙りや秀苑・シフト997GT3 山脇 大輔/竹内 浩典組が入った。
     17ad0b9e24bd2aec937c467588fc4eb5c89ceefc d374d98792b44e3b5cdeb0c935eb6ff68ccdedda
     db590b4a119169db36e90f5e13c610567247331b bbda19c1273837837e3683022f803726994b1f46

    今回のポディウムでも佐々木 孝太は
    「ドライバーだけでなく、メカニック、スタッフみんなの力で勝ち取った7連覇」
    と語り、チームの総合力という「強さ」が発揮された事をアピールしていた。



    ■決勝2
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    a1d52b30162a2793ea879bb3ffb09d59d686dbe2

    第8戦決勝は明けて7/6(日)12:45に60分のレースがスタート。
    今回はスタートドライバーをNAORYUが担当する事になった。

    レース前「なんとしてでも(佐々木 孝太に)トップでバトンを渡したい」とNAORYUは語る。
    その言葉通り、70号車 AGE-AGE458 NAORYUは前戦優勝によりポールポジションから飛び出して行く。

    しかし8連覇を阻止すべく追い上げて来たのが5番グリッドから猛然とダッシュを決めた
    5号車 LibertyWalk 108 DIRECTION 997GT3の白坂 卓也選手。
    1周目から3台を抜き2位に浮上した後、2周目に70号車 AGE-AGE458 NAORYUに追い付き1、2、3コーナーまでサイドバイサイドのバトルを展開し、息詰まる攻防で観客を魅了しつつ互いのチームをハラハラさせる。
    しかし70号車 AGE-AGE458 NAORYUはこのバトルを見事に堪え、トップを死守して佐々木孝太にバトンを渡す事に成功。

    交代後NAORYUは「バトルを楽しんだ」と語るほどに満足げだった。
    ここまではレース前の言葉通り完璧な走りを見せたと思われたが…

    ピットインの際、イン側に5号車 Liberty Walk 108 DIRECTION 997GT3 白坂 卓也選手が居た為減速し譲った後にピットに入った70号車 AGE-AGE458 NAORYUだったが、
    そこでわずかにホワイトラインカットした為に
    なんとドライビングスルーペナルティを課されてしまう。

    既にAGE-AGE458はドライバー交代しており、佐々木 孝太がドライビングスルーペナルティを消化。
    その間に1位を14号車 石松PORSCHE R.S.R.に明け渡し、約10秒先行されてしまう事に。

    しかしそこでスイッチが入った佐々木 孝太は猛烈なプッシュを開始。
    「菅生は大好きなコース」と公言する佐々木孝太は1分27秒台を連発し切れのある走りで
    3周後に14号車 石松PORSCHE R.S.R.からトップを奪還し、フィニッシュ目指して激走。

    その後トップのままフィニッシュし、ドラマチックなレースを制した
    70号車 AGE-AGE458 NAORYU/佐々木 孝太組が怒濤の8連覇を達成した。

    8918d5290db506de8300591d59a5175ee91b81dd 9420a79a257fa29c07dfcd62059cdec33df07176

    2位は14号車 石松PORSCHE R.S.R.三沢 伸輔/田畑 勇組
    3位は炙りや秀苑・シフト997GT3 山脇 大輔/竹内 浩典組となった。
    レース後NAORYUは
    「ホワイトラインカットをし、ドライブスルーペナルティを受けてしまった。
    佐々木 孝太選手に迷惑をかけてしまい、申し訳なかった」と振り返る。
    しかしその遅れを佐々木 孝太が跳ね返し、見事なチームワークで連勝記録を「8」まで伸ばした。

    ちなみに、70号車 AGE-AGE458と14号車 石松PORSCHE R.S.R.はメンテナンスガレージが同じTOMEI SPORTS。
    昨日の第7戦に続き第8戦もTOMEI SPORTSのマシンがワンツーフィニッシュを飾った事になる。

     6df512dec7bdebdff52b3c002689bdf948bdcd21 49ae04290114bba4320d8392740e9dec6020264f
    ドライバーの速さ、強さもさることながらノントラブルで強いマシンをセットするメカニックの力なくしてなしえなかった8連覇と言えるだろう。

     87869d0a418d5fbf5d810066d67d0d49d81fb71b a580bea8e968a8580d658ba1c9f534ec375fda33

    次戦第9戦/第10戦は最終戦となり、8月2日/3日に岡山国際サーキットで開催される。

    前戦岡山ラウンド終了時に「こうなったら全勝したい」と語ったNAORYUの言葉通り
    全勝目指しチーム一丸で頑張りますので応援とご支援のほどよろしくお願い致します。

     8a529fd7aa7ad530eb038b90124fd5ad4ea25b4d e8f83b6456cbd0ca65f76d68b6054d7349166839
     f8670bc0c543b8c48ad51a6d9f8b5221cc7753c7 8a10f97dfa8963b730fb0a44f1499ba277c76e37

     141648cc8f4a28d4b463ac394666285dccb8390d


    8107848dd3bd88014af9cb55425d682b4d5177d4
    ------------------------------------------------------------------------------------------
    関連リンク
    SUPER CAR RACE SERIES 公式サイト
    SCR 公式Facebook
    AGE♂AGE♂RACING 公式サイト
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。