• このエントリーをはてなブックマークに追加
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2019-02-28 12:30

    「1日に1時間ずつ戻るらしいよ。だからまだ渦中にいるんだね」

    トリオのリハでベースのマットに言われ久しぶりに感じる時差ぼけ。午後時間にふと意識が遠のき、それを振り払うところを目撃されたのだ。

    「起きて寝てまた起きて、、、それがなんなのかがわからなかったんだけれど、やっぱり悔しいけれど時差は時差だよね。もう何週間も経ったのになあ。歳かなあ」

    「ははは!」

    49793eac3532f812a3772bf6704d2d56f0224d3f

    今は午後なのに感覚としてはまだ夜明けのような不思議な感覚だ。寝ろと言われればパタンと寝れそうだしこのまま仕事もできる。だから一応起きて暦上の朝から動き回ってここにいる。体が自分じゃないみたい。

    7925aee7416f661b23d9fdf613111d699c6c55b4

    ぴの介助犬証明書が紛失した。時差ボケの頭ではどうしても見つけ出すことができない。まるで宝探し。ぼうっとした頭で根気もなく、おかしいな、おかしいなと呟くばかりで、見つからない。

    気分転換に星乃珈琲をユックリ淹れてふ〜ため息を深くついて散らかった家の中を片付ける。ぴの耳掃除のWet Tissueが目に入る。あ、そうだ、痒そうにしてたっけな。早速呼び出して片方ずつ掃除してやる。ぴは自分がパパの時差ぼけの犠牲になったと大げさにオヤツをよこせとうろうろするけれど、結構耳はすっきりしたはず。なかなか忘れっぱなしでやってあげてなかったもの。

    04e8714fd52c107d5fd7e3b8df507feeff8ab477

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。