• このエントリーをはてなブックマークに追加
“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体 ファンクラブ“錬金術”と娘への“王位継承”
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

“ジャニーズの女帝”メリー副社長の正体 ファンクラブ“錬金術”と娘への“王位継承”

2018-09-13 18:00

    75a0304e7450e70121d3b3d8db4a82222c7f64d7
    「週刊文春」記者に滝沢は1時間近く熱弁

    「事務所への感謝は当たり前。わからなかったらアホ」。秘蔵っ子・滝沢はまるでメリー氏のように言った。だがSMAPのファンが“不幸の手紙”一枚で斬り捨てられたことに、多くの“ファミリー”が悲しんでいる。世代交代で果たしてジャニーズ事務所はどうなるのか。

    ◆ ◆ ◆

    「僕は(SMAPのことは)知らないし、直接話す機会もない。何も分からない分際で答える資格もないですよ。大体派閥って何? 何をもって派閥というの?」

     9月15日の午前3時過ぎ。東京・銀座の会員制バーから出てきた滝沢秀明(34)は、小誌の直撃取材に、ときに声を荒らげながら1時間近くにわたって答えた。

    「うちの滝沢」

     昨年1月、小誌がメリー喜多川副社長(89)にインタビューした際、メリー氏は彼のことをこう呼び、その寵愛ぶりをのぞかせた。一方でメリー氏は「飯島のSMAP」と表現した上で、かつて元チーフマネジャーの飯島三智氏が、SMAPの番組から滝沢を降ろした疑惑を記者の前で指摘した。滝沢はそのインタビューを覚えていた。

    「あれ、貴方が書いたの? 飯島さんは辞めましたから。もう終わったこと。派閥があろうが無かろうが、関係ないですよ。うちのタレントは事務所に守られているけど、それぞれ自分の仕事は自分で決めてますから。(事務所には)ただ恩返しをしているだけです。僕だけでなく、ジャニーズは全員そう。ただの少年が180度人生を変えてもらったわけですから、感謝するのは当り前。それをわからなかったらアホでしょう」

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2019-07-12 10:54
    チャンネル月額: ¥864 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。