• このエントリーをはてなブックマークに追加
THIS WEEK【芸能】日活で脱いで、女性と絡みも…筒井真理子の体色変化の歴史
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

THIS WEEK【芸能】日活で脱いで、女性と絡みも…筒井真理子の体色変化の歴史

2024-04-18 05:00
     十日、日本映画批評家大賞が発表され、筒井真理子(63)が主演女優賞に輝いた。
    「昨年公開の『波紋』で夫の失踪をきっかけに新興宗教にのめり込む主人公を演じた。日本を代表する鬼才監督ともツーカーの撮影だったそうです」(映画記者)
     甲府出身の筒井は四人兄姉の末っ子。青山学院大に通っていたが、「友達が多くいる」とわざわざ早大を受験し直した才女。学生時代に鴻上尚史主宰「第三舞台」に参加。芝居にのめり込み、七年かけて大学を卒業した後も舞台女優を続けた。
     一九九四年、映画「男ともだち」に主演。浅野忠信と共演した「淵に立つ」はカンヌ国際映画祭に出品され、海外でも高く評価された。
    「テレビに進出すると大河からミステリーまでコンスタントに出演。貴婦人役から悪女まで、様々に色を変えることから『カメレオン女優』と呼ばれています」(演劇関係者)
     二〇一七年、日活ロマンポルノ「アンチポルノ」に出演。ヌードのみ
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になればこのチャンネルの全記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    週刊文春デジタル
    更新頻度: 毎週水,木曜日
    最終更新日:2024-05-25 10:36
    チャンネル月額: ¥880 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

    コメントを書く
    コメントをするにはログインして下さい。