• このエントリーをはてなブックマークに追加

チャンネルと同時入会でプレミアムが初月無料!(0円)

アメ通LIVE 入会はこちらから

毎週火曜日:20:30~奥山真司の「アメ通 LIVE!」 -------------------------------------------- ★スタンダードジャーナル2(THE STANDARD JOURNAL 2) http://ch.nicovideo.jp/strategy2 ▼Youtube THE STANDARD JOURNAL https://www.youtube.com/user/...

TSJへのご意見・ご感想はこちらからお寄せ下さい↓

アメ通LIVE!へのご意見・ご感想はこちらから
http://qa.nicovideo.jp/faq/show/673

生放送過去ログ

奥山真司CD講座

奥山真司CD講座

生放送

THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信

THE STANDARD JOURNAL アメリカ通信

日本国内メディアの報道は多分に左翼的であり、無責任報道が多い。「リアリズム」的視点から、欧米の英字新聞・雑誌ニュースを読み解く。日本は欧米ではどう報道されているのか?政治、経済、カルチャー、ゴシップまで取り扱います。戦略的思考で、欧米人の思考をさぐりたい。

スタンダードジャーナル編集部

  • アンケートにご協力下さい。|TSJ2

    みなさん、こんにちは アメリカ通信の和田です。 前回の放送で、 アメリカ大統領選挙の結果待ちの中、 トランプを応援することについての、 アメリカ通信のスタンスを説明をしました。 https://www.youtube.com/watch?v=tM1AlYrH70s&t=28s ぜひ動画をご覧になって下さい。 「これまで、前回の大統領選挙にトランプが現れるや すぐに取り上げてきたのに、なぜ応援しない?」 「まだ、大統領選挙は終わっていない。 なのにバイデンについて語る?」 などの意見をたくさんいただいていましたから、 それらの特徴的なご意見に丁寧に答えたつもりです。 そこで、さらに、疑問があれば答えていきたいと思っていますので、 ぜひ、アンケート、質問に投稿していただければと思っています。 また、動画を見て、まだ、納得できない、 もっと質問があるという方は、 ぜひ、以下のフォームからご意見を いただければと思っています。 アメリカ通信のスタンスを支持しない 理由は・・・・・・。 質問があります。 ...

    4日前

    • 1 コメント
  • 習近平率いるシナ共産党はなぜ侵略を繰り返すのか?|TSJ2

    ▼習近平率いるシナ共産党はなぜ侵略を繰り返すのか? 和田です。 2012年に、習近平が中国国家主席の座に付いた時、 「偉大なる中華帝国の復興」という発言をしました。 これは過去には「偉大なる中華帝国」があったし、 それをこの現代で取り戻さねばならないというもの。 習近平が言っているこの「中華帝国」とは、 今現在の中華人民共和国とは 全く関係のない王朝ですが、 過去にも自分たちの帝国があったのだから それは取り返さないといけないという、 弱肉強食のシナ大陸に生きる人間の 強いメンタルを感じます。 かつてモンゴル系や満州族らの民族が 支配し拡大した過去の「中華帝国」の業績を 自分たち漢族の成功体験にすり替えている。 自分のものでなくとも、自分の成功体験として 図々しくも持ち続けている点を侮ってはいけない。 中国国防大学教授で上級大佐の劉明福は インタビューでこう答えている。 ※ 劉は習近平の政治スローガン 「中国の夢」の理論的支柱で、 長年教壇に立って軍高官らを指導してきた人物です。 ※ 「戦略は3つあります。 1つ目が『興国の夢』。 建国100周年...

    6日前

    • 0 コメント
  • 日本がシナから"目に見えぬ侵略"をされる4つの土壌|TSJ2

    ▼日本がシナから"目に見えぬ侵略"をされる4つの土壌 和田です。 日本は既に実態として 中国共産党から「目に見えぬ侵略」をされています。 なので、まず、日本がなぜ 「目に見えぬ侵略」を受けるようになったのか? その理由を考えてみる必要があります。 侵略を許してしまう・受けてしまう… その受け皿、土壌があるのです。 「侵略を許す土壌」は、それは主に次の4点です。 その1。共産主義。 戦前の日本では「治安維持法」 という法律を制定しなければならないほど 明確に「共産主義の脅威」というものがありました。 それは、現代を生きる現在の我々の感覚では なかなか実感としてわかりにくいものですが、 私有財産を否定し、日本の国体の変革すら狙う… そんな思想に基づいた組織が共産党でした。 そして、戦後になっても、様々な事情から 共産主義シンパや隠れマスクスレーニン主義者たちは いわゆる「敗戦利得者」として、 戦後から現在に至るまでしぶとく生き残り、 その系譜に連なる人達が、 一定の社会的影響力をもっていることは、 最近の『日本学術会議』問題や、 いわゆる「世人計画」...

    2020-11-10

    • 0 コメント
  • シナ人には国境という概念がない?|TSJ2

    ▼シナ人には国境という概念がない? 和田です。 「日本」という国は、 基本的に同じ民族である日本人が統治し、 もちろん、悠久の歴史を誇る「皇室」も続いています。 そして、海に囲まれた島国でもあるため 国土が確定しやすい。 そのため、外国の国土と歴史について誤解しやすいのです。 では、シナ大陸ではどうなのか? ということを考えてみると、 実は、漢族の歴史でもなく、あの秦の始皇帝ですら 漢民族ではないし、唐も清も異民族、 元はモンゴルです。 シナ大陸でもっとも有名な建造物に 万里の長城があります。 これは、蛮族が入って来ないように作った 外壁・防護壁なので その外側は本来は、つまり、政権の勢力外 とうことに当然なります。 ですが、その化外の民である清朝が 満州から勃興してシナ大陸を 支配し広く勢力を拡大しました。 そして、その清朝の国土の枠を そのまま乗っ取ったのが現在の中華人民共和国です。 更に、その本来「万里の長城」の外のはずの 満州を支配し、満州族はほぼ同化されてしまいました。 加えて、内モンゴルは併合し、ウイグル、チベットを侵略し、 民...

    2020-11-03

    • 0 コメント
チャンネル入会のご案内

エドワード・ルトワック特集

   

奥山Twitter

和田twitter

株式会社オンザボード

紫@管理人Twitter