• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

公共用周波数の民間開放に関する緊急提言
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

公共用周波数の民間開放に関する緊急提言

2017-05-30 20:45

    dem
    自民党本部四階記者会見場

    公共用周波数の民間開放に関する緊急提言

    平成29年5月30日
    自由民主党
    行政改革推進本部
    官民電波利活用PT


    第四次産業革命の進行に伴い、IoT、自動走行、自動飛行などをはじめ、あらゆるモノがつながり、これまで不可能だったサービスや機能が現実化しつつある。 それを支える基盤のひとつが電波である。

    電波の利用ニーズは、これまでもスマホの普及拡大などに伴い急速に拡大してきた(移動通信トラヒックは2010年から16年までに約20倍)。

    今後、第五世代移動通信システム(5G)が導入され、さらに第四次産業革命が加速していけば、より飛躍的な拡大が見込まれる。 また、短期的には2020年の東京オリンピック・パラリンピックでも、電波の利用ニーズ拡大が見込まれる。

    新たな電波の利用ニーズに応えるため、米国や英国では、公共用に割り当てられた周波数を効率化・再編し、民間開放する取組

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。