• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

働き方改革
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

働き方改革

2019-06-19 23:54
    外務省では各局、各課単位でも働き方改革を進め、それを互いに共有し合っています。
     
    例えばいくつかの局課では..
     
    「個人のパフオーマンスを上げるためにきちんと休養させる」という考え方のもと、職員が二週間に一度、必ず定時退庁をできるよう班長が取得状況を管理することとした。また、月一回の休暇取得も推進。
     
    引き継ぎをしっかりと行うことで休み中の職員への連絡は原則的に禁止。
     
    課室内の確認依頼、国会対応の共有などは紙で印刷せず、メールで共有し、作業することを促す。『漏れ』を防ぐために口頭での補足を促進する。
     
    定時後や週末の不要不急のメールは抑制する。
     
    新入省員や新たに配属された職員への業務説明を丁寧に行い、ミッションを共有する。新入省員の担当する業務についても班全体で把握し、フォローすることによって、一、二年目の職員のみに負担させないようにする。
     
    内部の定例会議の記録について、作成をやめたり、作成すると
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。