• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

戦闘糧食
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

戦闘糧食

2019-12-10 22:43
    自衛隊では、陸上で勤務する一般隊員には3,300kcal/日、若い幹部候補生及び自衛官候補生には3,400kcal/日、艦艇乗組員には3,200kcal/日と、隊員の任務に応じたエネルギーが設定されています。
     
    自衛隊の陸上部隊では、食費は1日当たり約900円、海上自衛隊の護衛艦と潜水艦は約1,100円です。
     
    駐屯地や基地では1日3食365日食事を支給します。
     
    曹・士という階級の自衛官は、原則として駐屯地・基地内に居住することを義務付けられているため、休日も含め駐屯地・基地内で食事を提供する必要があるからです。
     
    災害派遣で出動した自衛隊員が食べていたのが「戦闘糧食」といわれるレトルトパックに入った食事です。
     
    加熱剤が付いていて、ビニル袋に加熱剤とレトルトパックを入れ、水を入れると十数分で加熱されます。
     
    おかずは生姜焼き、やきとり、肉団子等など約20種類以上もあり、それに白米やドライカレーが2
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。