• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

次期戦闘機
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

次期戦闘機

2020-06-26 00:46
    航空自衛隊は、これまでF-4、F-15、F-2という三機種の戦闘機を運用してきました。
     
    そのなかでF-4戦闘機は2020年度に全て退役し、F-35に置き換わります。
     
    F-35戦闘機は、高いステルス性を誇る最新鋭の第五世代戦闘機であり、日本が導入するのは、F-35Aと短距離離陸・垂直離陸ができるF-35Bの二機種です。
     
    また、F-15戦闘機は約70機について能力向上させる改修を行い、継続して使用します。
     
    F-2戦闘機は2035年度頃から順次退役していくため、その後継となる戦闘機(次期戦闘機)が必要になります。
     
    次期戦闘機は国際協力も視野に入れながら、日本主導で開発をしていきます。
     
    将来的には、F-35、F-15能力向上機、次期戦闘機の三機種で日本の空を守ることになります。
     
    このうち次期戦闘機は、航空優勢を獲得するため、主として空対空戦闘を行うことを想定しています。
     
    そのために必要な能力・性能
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。