• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

DXがめざすもの
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

DXがめざすもの

2020-11-30 10:07
    少子化や高齢化が進む日本では、子どもを育て、高齢者を見守っていくために、これからますます人のぬくもりが大切になり、人が人に寄り添うことが重要になっていくでしょう。

    しかし、これから人口が減る我が国で人のぬくもりを大切にしていくためには、デジタル化やオンライン化で省人化を進めたり、人がやらなくてもよいことはロボットやAIに任せていかなければなりません。

    その結果、人がやるべきことに人手を集中させることができるようになります。

    DX、あるいはデジタルトランスフォーメーションという無機質な言葉の目的は、これまで以上に人のぬくもりに価値をおく、これまで以上に人に寄り添う社会なのです。

    DXが創り出す行政とは何でしょうか。

    一言で言えば集団から個への転換です。

    これまでの行政は、集団に対してその平均ぐらいを狙った施策を行ってきました。

    一番わかりやすい例は教育でしょう。これまでの学校は40人学級の平
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。