• このエントリーをはてなブックマークに追加
遺伝子組み換え食品の表示
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

遺伝子組み換え食品の表示

2022-11-08 00:43
    大豆とトウモロコシの遺伝子組換えに関する表示が、2023年4月から変わります。

    これまでは、遺伝子組換えでない大豆とトウモロコシは、意図しない混入を防ぐための分別管理がなされていて、意図しない混入の割合が5%以下であれば、「遺伝子組換えでない」という表示をすることができました。

    これは、遺伝子組換えでない大豆やトウモロコシの流通にあたって、はしけやカントリーエレベータなどが遺伝子組換えしたものと共有されるときに、意図せざる混入が起こる可能性があるため、5%までの混入はやむを得ないとして表示制度をスタートしたことによります。

    しかし、その後、遺伝子組換えではないといいながらも最大で5%までの混入の可能性があるものを、遺伝子組換えでないといってよいのだろうかという議論がありました。

    そこで、検討の結果、遺伝子組換えでない大豆やトウモロコシがしっかりと分別生産流通管理され、混入が全く認められない
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。