• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

天津向です。こないだあった本当の話です。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

天津向です。こないだあった本当の話です。

2020-10-22 22:46
  • 1
天津向です。

今日はムカイワークスのお話ではなく、こないだあった衝撃的なお話を。

先日、うちのお母さんから連絡がありました。

今週土日で地元広島の福山というところで『フクヤマニメ』というアニメで地元を盛り上げるイベントにゲストで出させてもらいます。

「実家には帰らんといてな」

「了解」

まあ分からない話ではないです。田舎におけるコロナってのはやっぱり未知の領域で、東京から帰ってきたというだけで回りからうわさされる可能性はありますから、僕もそれは呑み込めました。
で。

「そしてその仕事の合間でちょっと保険会社の人に会ってほしいんよ」

「なんで?」

「いや、今あんたの保険は生命保険も入っているじゃろ」

お母さんが入ってくれた保険を僕が支払っているという形です。

「うん、払ってるよ」

「それを見直そうと思って、保険会社の人に来てもらおうと思って」

「見直し?」

保険のことは基本任せていたので、そうか。見直しとかもあるんか。

「あんたが死んだ時に出るお金あるじゃろ。それって誰も受け取らんと思うから、その料金をおさえるようにしたら、掛け金が下がるみたいで」

「へえ。そういうのもあるんだ」

そう言って僕は違和感を覚えます。

「……お母さん」

「何?」
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
「受け取る人がいない」ということならば、保険に入る意味が・・・
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。