• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【「漂白される社会」とは何か】津田大介の「メディアの現場」vol.70
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【「漂白される社会」とは何か】津田大介の「メディアの現場」vol.70

2013-03-23 09:50
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      津田大介の「メディアの現場」

                                                      2013.3.22(vol.70)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ──3月12日の話──

    みなさんこんにちは。津田大介です。

    この時期が来ると思い出します。

    3月11日。東日本大震災が起きたことで、3月11日は日本人にとって忘れること
    のできない特別な日付になりました。

    その前日となる3月10日は10万人以上が亡くなった東京大空襲が起きた日です。
    日本人にとって大きな災厄が2日連続で起きていたわけですね。例年、東京大空
    襲を語り継ぐためのイベントは行われているそうなのですが、東日本大震災が
    起きて以降は、震災の記憶がまだ生々しいということもあって
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。