• このエントリーをはてなブックマークに追加
【映像│邦画】「おめでとうございます! お迎えにあがりました。」大野智が新米の死神に!?『死神くん』 Vol.1~ Vol.5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【映像│邦画】「おめでとうございます! お迎えにあがりました。」大野智が新米の死神に!?『死神くん』 Vol.1~ Vol.5

2014-10-23 13:36
    tumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio2_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio3_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio8_400.pngtumblr_ndj23tjzjH1tlevuio1_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio5_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio6_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio7_400.pngtumblr_ndj0m3CYvb1tlevuio9_400.png
    4571390739017.jpg
       


    【2014年11月5日(水)レンタル開始】

    ■原作
    ◆えんどコイチ『死神くん』(集英社コミック文庫刊)
    ■監督

    ◆中田秀夫
    ■主題歌
    ◆嵐 『誰も知らない』(ジェイ・ストーム)

    ■出演者
    ◆大野智(嵐)│死神くん(しにがみくん)〈別名:死神413号〉 
    ◆桐谷美玲│監死官(かんしかん)(カラス)
    ◆菅田将暉│悪魔(あくま) ◆松重豊│主任(しゅにん) ほか


    おめでとうございます!  お迎えにあがりました。

    えんどコイチ氏原作のコミック『死神くん』--。

    「どのストーリーも珠玉の名作」とファンの間でも呼び声が高い『死神くん』が、大野 智主演で初めてドラマ化!!
    物語は1話完結。毎回異なる登場人物に対して、死神でありながらも“生きることの尊さ”を訴え、昇天させたり、場合によっては現世に戻したり…。
    死神が登場するというブラックなファンタジーの中に、心温まるシーンが練り込まれたストーリーとなっている。
    死神だけれど、どこか人間的。独特な雰囲気をまとう大野 智がチャーミングでお茶目な“死神くん”を演じる。

    e73c9f6fdc6f3b6a1933556bab5b62ea-640x427


    死亡予定者に死を宣告し、魂を霊界に送る新米の死神、死神413号は「おめでとうございます! お迎えにあがりました」という、どこがどうおめでたいのかわからない決めゼリフとともに現れ、死を迎える人々を見守る死神。

    しかし、死神413号は死神業を始めたばかりの新米ゆえ、時には大事な仕事道具である死神手帳を紛失し、ちょいちょい人間寄りの判断をしがち…。そのたびに冥界のルールを破ることとなり、上司の“主任”に叱責されてしまう。
    また、自殺しようとする人間を説得したり、想定外の死者(誤死)の阻止も仕事の1つ。しかし、姿を現して死神だと名乗っても人間たちには相手にされず、落ち込む死神413号。

    しかもパートナーである“監死官”には「このカスッ」と罵倒されっぱなし。そして、最大の敵である“悪魔”には人間の魂を横取りされそうになる。果たして死神413号は無事任務を遂行することができるのだろうかーー!?

    (c)えんどコイチ/集英社・テレビ朝日
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。