• このエントリーをはてなブックマークに追加
8•15を考える 映画DVD上映会「炎628」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

8•15を考える 映画DVD上映会「炎628」

2014-07-18 10:24
    今年も815日がやって来ます。

    戦争と平和について、毎年考える集いを開催してきましたが、今年は「炎628」上映会を行います。  題名の意味が分かりますか?これは当時の白ロシア共和国(現ベラルーシ共和国)でナチスドイツ軍によって村民が皆殺しにされ、焼き尽くされた村の数なのです。第二次世界大戦中、最も多くの死者を出した国は旧ソ連です。その数は何と
    3000万人にも及ぶのです。そのほとんどが独ソ戦によるものです。

    戦後、アメリカでさえ「第二次世界大戦の勝利はソ連人民の犠牲より得られた」と分析しています。日本の死者は約300万人。日本の10倍にもなります。当時のソ連国民の4人に1人の割合で死者を出したのです。その事実の一端をこの映画で認識しましょう。

    5188101d19ed8289f05b3f7cd13dd892a2b693f8

    日時:2014824日(日)14:00
    (上映時間2時間23分)
    会場:横浜平和と労働会館5階教室
    黒パン・お茶代:300円(上映は無料)
    お申し込み・お問い合わせ:
    神奈川県日本ユーラシア協会事務局
    Tel/Fax
    045-201-3714
    E-mail: eurask2@hotmail.co.jp

    その他、各種イベント、旅行、芸能、スポーツ、芸術、歴史、語学に関するお知らせなどは
    神奈川県日本ユーラシア協会機関誌『日本とユーラシア』2014年7月号電子版をご覧下さい。

    http://www.geocities.jp/eurask/news/index.html



    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。