• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

山田玲司のヤングサンデー【第1号】メンヘラブートキャンプとは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

山田玲司のヤングサンデー【第1号】メンヘラブートキャンプとは?

2014-10-04 07:00
  • 1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
山田玲司のヤングサンデー 第2号 2014/10/4
『メンヘラブートキャンプとは?』
───────────────────────────────────
501cc14677fac00db198b03119febb902929a134

こんにちは山田玲司です。

ふにゃー 第1回ニコ動放送が無事終了しました。

タイトルの「メンヘラブートキャンプ」は最初この響きが気に入ってしまって、これで曲を作ろう!とか言っていたんですが、考えたら今の日本人はみんなメンヘラなので「メンヘラ克服」から初めないとふざけた野郎どもに増々人生を支配されてしまうではないかと思い立ち、これをテーマにコーナーをやろうと思ったのです。



放送の冒頭で少し言ってるんですが、この国では人生の開始早々「猛烈なダメージ」を受けます。

自分で選んだわけでもないのに「変なレース」(お受験だのお稽古だの)に勝手に出させられて、あれこれ批判されたり脅されたりします。

「人に優しく」と言いながら親の多くは「たかだか牛乳をこぼしただけの子供」を罵倒したりします。



学校ってやつも多くは壊滅的状況です。
そこで教わるのは「立ち位置の取り方」とそれに失敗したら生きてはいけないという「恐怖感」「あきらめ」です。

そもそも「みんなに勝て」という教えと「みんな平等」という矛盾した教えが学校を支配しているので、これを自分の中で納得させるのは難儀です。

そしてこの矛盾を解く力量のある教師は少ない。ほとんどが前の世代と同じように「思考停止と服従」を強いてきます。

僕の子供時代もたいして変わらないのですが、今より時代の雰囲気は明るくて「逃げ場」を確保できたり「わかってる大人」も少しはいたので、今の子供は本当に気の毒です。

 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
第1回 超面白かったんだぜ~☆

過去回動画も全部見たぜ~☆ 読んだことのある進撃の巨人の話も、読んだことがない黒子の話も
どっちも話しについていけて面白く見れたので 不思議なんだぜ~☆

読んだことのない漫画の話も面白く聞けるから 次回も楽しみなんだぜ☆w
61ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。