• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー【第226号】「何もできなくてもバンドを組む」という作戦

    2019-02-18 07:003時間前
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第226号 2019/2/18

    「何もできなくてもバンドを組む」という作戦

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    人間には2つの種類がある。

    「バンドを組んだ事のある人間」と「バンドを組んだ事のない人間」だ。


    そもそも「バンドを組む」という発想が自分の中にない人もいるけど、一度くらい「バンドやりたい」と思った事があると思う。


    学生時代に浮かれた連中が「俺達でバンド組もうぜ」なんて言い出すと「じゃあ私はタンバリンで」なんて言う人も必ずいた。


    楽器はできなくてもバンドはやりたい。

    80年代にもそんな人は多かった。


    そんな時、世の中に「打ち込みマシン」とかの「自作カラオケ制作ツール」とかが販売された。

    そのタイミングで、カラオケでも、レコードでもいいから流して、そこに自作の歌やら詩やら「叫び」なんかをのっけて、面白ければよし、というジャンルが現れた。


    雑な言い方だけど、「ニューウェーブ」というジャンルの音楽には「そういうのアリ」という雰囲気があった。


    パンクも演奏はシンプルでいいし、ヒップホップも「楽器演奏能力」は問われなかった。


    今回の番組で取り上げた「ナゴムの時代」は、そういうカルチャーが生まれた時代だった。


    問われたのは「アイデア」と「センス」「思想」と「度胸」だった。


    「それなら行ける!」と暴れ始めたのが「スチャダラパー」や「電気グルーヴ」などの新勢力だった。

    もちろん当時も「凄腕のバンド」は沢山いて、その中にも素晴らしい作品はあったのだけど、上手ければ良いわけではなかった。


    僕は「その感じ」が最高に好きだった。


    そもそも僕が「漫画」という手法に人生を賭けたのは、それが「自由」で「上手い下手より独創性が大事」という場所だったからなのだ。



    それはともかく。

    バンドから「演奏技術のハードル」を外すと「誰でもできること」になる。

    もちろん「度胸」やら「アイデア」は必要だけど、楽譜は読めなくてもいいし、専門教育も受けなくていい。


    そんなわけで、「面白い人」が次々とバンドを組んで出てきたのが、あの時代だったのだ。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第225号】太平洋戦争のやり直し「ヤマト」学生運動のやり直し「ガンダム」「まどか☆マギカ」は何をやり直すのか?

    2019-02-11 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第225号 2019/2/11

    太平洋戦争のやり直し「ヤマト」学生運動のやり直し「ガンダム」「まどか☆マギカ」は何をやり直すのか?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今回の放送で語った事が頭を離れなくて困ってます。


    ここの所ヤンサンでは「Ζガンダム」という85年放送のアニメの解説をしてまして。

    毎週、初めて見る「ガンダム」と格闘してるんですけどね。


    今回の放送で少し話たけど、とにかくこの作品には「作者の思い」が乗りまくってて、作者が伝えたい事と、個人的な美意識に、スポンサーの事情が見え隠れしてる。


    そこで理想と現実の間でもがき苦しむ、作者「富野由悠季」を見る事になるわけです。



    何度も言ってますが、最初のガンダムは60年代の学生運動がベースになってます。


    理想

  • 山田玲司のヤングサンデー【第224号】漫画で食っていく2つの方法

    2019-02-04 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第224号 2019/2/4

    漫画で食っていく2つの方法

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    いやー・・


    先々週のメルマガで「寝室が寒すぎて死にそう」とか書いてしまってですね・・


    沢山の人達に心配かけてしまいまして・・寒くならないオススメの方法も教えてもらいまして・・

    応急処置から根本的解決案まで色々やらせてもらいまして・・

    お陰様でなんとか冷凍怪獣ペギラは寝室から出ていってくれました。


    何より人の暖かさに恵まれている事を実感して、心が暖かくなり申したのでございます。

    本当にありがとうございました。



    それより寒いのは漫画業界です。


    この話、暗くなるので、これで最後にします。


    漫画雑誌が売れなくて、WEB漫画もかつての漫画雑誌ほどの勢いはなく。

    何が辛いって、せっかく新人漫画家が頑張っても舞台も予算もないし、とにかくチャンスが少ない。


    これは単純に時代の変化で、漫画雑誌が1番売れていた時代には、スマホもタブレット端末もなかった。


    電車の中での主な暇つぶしは、新聞か文庫本か漫画しかなかったのだ。


    今の時代、スマホで漫画が読めると言っても、スマホにはSNSも動画サイトもニュースサイトもゲームもある。見逃したアニメだって電車で観られるのだ。


    そんな時代に、「週に少ししか話の進まない漫画の断片」が並んだ「週間漫画雑誌」を1冊づつ現金で買うだろうか?


    高齢化した読者は、新しい文化を受け入れる柔軟さと体力がないので、コンビニの棚には30年前に流行ったような「おなじみの漫画」ばかりになる。

    若い読者は新しい漫画に反応するものの、何しろ数が少ない上にお金がない。



    そんな時代なのに「漫画家になりたい」という人達がいる。

    先輩漫画家の僕としては何とか応援したいのだけど、この状況で漫画家になるのは茨の道だ。


    「好きなことで食っていく」ってのは最高だけど、時代によって「食っていくのは難しいもの」は当然ある。


    そんな状況にずっと悩んでいたのだけど、今回の放送の「Cバージン」で、この問題の解決方法について語りました。


    詳しくは放送で話してますが、大きくわけてこの2つの方法です。


    4cb200cb2f18f9b4cc9b05d0b87dfeecbc842a7d

    【1】MOVIE-COMIC(映画本)


    1冊完結 B5以上の大きさ 200ページ前後 1800円(映画料金と同じ)

    という型で漫画を作る。


    この方法だと、作品は間延びしないし、質は向上する。

    雑誌の人気投票対策の不自然な「サービス」や、無意味な「引き伸ばし」も無くなる。

    作品全体が何度も読み返せるクオリティになる可能性があるので、これなら僕自身も買いたいと思う。

    「映画体験と同等な漫画作品」を目指す。

    この方向なら、上質な漫画を求めている読者は戻ってくると思う。


    言っているだけでは説得力ないので、これの第1弾の映画本「白亜」を5月に発売する予定です。

    (色々豪華にするので値段はもう少し上がります)


    【2】エンタメスクロールコミック