• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【第369号】「個性的な作風の人」には「嫌な奴」が多い?

    2021-11-22 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第369号 2021/11/22

    「個性的な作風の人」には「嫌な奴」が多い?

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【クリエイター人生相談】


    今週のヤンサンは「クリエイター人生相談」の回でした。

    思った以上に盛り上がったのと、当人以外の人にも参考になる話も多かったので良かったです。


    その最後に、我らが加藤オズワルド先生(画業25年)が登場。「自分の型」が欲しい、という話をしてくれました。



    【自分の型】


    「この人らしい絵柄」とか「表現方法」などは確かにあります。

    そういう「自分流」というものが欲しいとのことでした。


    僕から見ればオズの絵は「オズワルド流」でしかなく、むしろ誰かの絵を見て「まるでオズの絵みたいだな」と思う事があるくらいなので、意外な話でした。


    ところがよく聞いてみると、どうもオズはクライアントの注文に合わせていく仕事が多い中で「これが自分だ!」という絵を掴めないでいる、と言っているのではないか?という感じもしてきた。



    【個性的な絵の人は嫌な奴?】


    漫画業界では時々「とんでもなく個性的な絵」を描く人が時々現れる。

    そしてそういうタイプの人はたいてい癖の強い人柄である事が多いらしい。


    確かに「世間なんか知らねえ、俺はこう描く」という強さがないと「個性的な絵」を描くのは難しい。


    なので僕が知る「個性的な絵の漫画家」の何人かは、自分中心で嫌われていると聞いてきた。


    個人的に僕は「癖のあるヤツ」が好きなので、嫌なヤツとは思わないのだけど、自分中心の生き方をしている人には敵も多いだろう。


    逆に言えばそれだけの覚悟と強さがあるから得られた「個性的な絵柄」なのかもしれない。


    相手の気持ちを考えるタイプの「いい人」ほど個性的な絵を描くのが難しいのかもしれない。

    827b2865da924b98c83f49a83a450c69e80111d5

    【いい人の中の『悪い人』】


    この話になると大抵「いい人をやっている人の心の中にだって『悪い人』はいるよね」という話になる。


    ここで言う「悪い人」とは「本当の自分」という事だ。


    「自分」というものの中には「みんなが求めている部分」もあるけれど「これは好きじゃない」といわれそうなものもある。


    言い方を変えると、自分の中に「ヤバいやつ」がいるはずなのだ。


    個性的な表現をする人達は、そんな「ヤバいやつ」を開放しているのだと思う。



    【2つ描く】


    そんなわけで「人のために描くのか」「自分のために描くのか」というのが絵を描く人達の定番の悩みで、そういう時は「自分のため」に寄った作品と「人のため」に寄った作品の両方を描けばいいと思う。


    時に「人のため作品」はあざとく見えたり「自分のため作品」が他者を救ったりするので、ここは描いてみないとわからないのだ。


    制作過程はともかく「出来のいい方」を観る人にプレゼントすればいいのだ。



    この話は「エンタメ対アート」の話でもあり「アート対デザイン」という言い方もしてきた定番の話。



    【その先】

     
  • 【第368号】寂聴さんが「信じない」もの

    2021-11-15 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第368号 2021/11/15

    寂聴さんが「信じない」もの

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    瀬戸内寂聴さんは「携帯小説」が流行ると自分も携帯小説を書き始めた。

    その時のペンネームは「ぱーぷる」だった。


    明らかにおかしいアメリカによるイラク戦争の開戦前にはハンガーストライキに入った。


    「健康にいいから」と言われて貰ったものは全部頂く、と言ってた。

    だから自分が何で健康なのかはわからない、とも言っていた。

     
  • 【第367号】烈子とヤマトとハサウェイ

    2021-11-08 07:002
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第367号 2021/11/8

    烈子とヤマトとハサウェイ

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【選挙とハサウェイ】


    今週は選挙の結果にただただ落胆しながら始まった。

    投票所の列は見た事のないほど混み合っていたし(僕のタイムラインでは)SNSも投票に行く人達で溢れていたのだから期待もしてしまう。


    ところが現実はあの様な有様で、多少の変化はあったものの、これほどまでに国民を不幸にしている現政権が維持されたという。


    「何だこれ?」


    僕の中の違和感はピークに来ている。

    「絶対におかしい」

    本格的に目隠しをされたまま暗闇に突き進んでいる気がする。


    暗澹とした気分のままディスカバリーの企画を考えるが進まない。

    結局最近観た「閃光のハサウェイ」の話と政治の話を組み合わせて考察をまとめる事にした。


    こういう時「ガンダム」という共通言語の存在は本当にありがたい。

    (ぜひディスカバリーレイジチャンネル122を御覧ください)

    cfc9de30c27881e6b7f31ee8be0d284317dd075a

    そして「バグラビ」収録。

    今回はアライグマのOLがデスボイスで叫ぶ「アグレッシブ烈子」の話。

    (3シーズンあったのだけど、途中からかなり面白くて一気見できた)

    f5fbf325a64865cb24e1e39be2a677bd0eef4bd6

    その直後に「宇宙戦艦ヤマト」考察のヤンサン生放送というスケジュール。


    漫画学校の講義(オリキャラの作り方)も挟んでいるので中々の忙しさだった。



    【ヤマトから鳥山明へ】


    久しぶりに観たヤマトはひたすら「他者のために闘う物語」だった。


    全キャラクターが「俺はいい、お前が生きろ」と本気で思っている。


    「俺が私が」という内面的葛藤など出てこない。


    同時に戦前の全体主義や武士道の「桜と死」みたいな「滅びの美学」も強く感じる。

    そっちの危険性も感じるのは否めない。


    そんなヤマトが「古臭いもの」とされた80年代、鳥山明が現れる。


    「滅び」も「死」もない世界で、主人公は無邪気に「遊び」「強いやつと闘いてえ」と言う。


    自分のやりたい事をやればいいという時代になったのだ。


    しかし「烈子」になると「自分が何をしたいのかわからない人生」に悩む。

    cdfd22cbf8ab8b34c15da21872e0819f8cca2168

    「他者」を捨てて「自分のため」に生きれば幸せだったはずが、肝心の「自分」を見失なうという現代(いま)が続いている。


    おまけにヤマトの時代には常識でもあった「誰かのために生きたらその苦しみは終わる」という選択肢を烈子は誰にも教えてもらえないまま生きている。

    (カバ恵さんが近い事を伝えてはいるけど)



    【ハサウェイの中の松本零士】


    「男には負けるとわかっていても闘わなければいけない時がある」というセリフは松本零士作品の定番のセリフだ。