• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー【第221号】「どろろ」と「鬼太郎」

    2019-01-14 07:008
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第221号 2019/1/14

    「どろろ」と「鬼太郎」

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    f2997e829248bc776a8901a371e8cb87f1ece7f2

    【「どろろ」はシェークスピアか?】


    今回のヤンサンで話したけれど、手塚治虫の「どろろ」はすごい。


    手塚治虫作品の中で「どろろ」の初期設定が1番完成度が高く、日本の漫画史の中でも屈指の出来だと思う。


    「どろろ」は、手塚先生が水木先生の「ゲゲゲの鬼太郎」に対抗して描いた漫画だと言われているけれど、その構造や精神性は大きく違う。


    番組ではその違いについて深く語れなかったので、今回のメルマガは「その違い」について掘り下げてみたいと思う。



    まず「どろろ」の主な要素について書いてみよう。


    ・戦国時代の妖怪モノ(旅情系)


    ・親子の確執


    ・親(先代)の呪いで失われた「自分の身体」(自分自身の可能性)


    ・敵となる「悪霊」


    ・世間からの偏見と迫害


    ・異形なる者の強さと美しさ



    などなど・・・


    並べてみるとまるでシェークスピアの物語のようだ。


    対して「ゲゲゲの鬼太郎」の主な要素を並べてみよう。


    ・現代の妖怪モノ(日常系)


    ・親子仲良し


    ・呪われていない


    ・敵はその時「世間で流行ってる何か」が妖怪化したもの(など)


    ・世間と馴染む気はない


    ・異形なるものの気楽さ





    ・・・・うーーん・・・

    比べてみると、なんだろう。この鬼太郎のダウナーなこと。

    絵柄は不気味なんだけど、なんとものんびりしていて実に微笑ましい。


    cc185d0fb9b3fbf867753d6270d026cb8a2808e5

    敵となる妖怪も様々で「敵」という存在かどうかも曖昧なのも多くて語りづらい。


    そもそも、水木先生は「ヒーローなるもの」が嫌いで、鬼太郎がヒーローぶってるのは、連載を続けるために強引にチューニングさせられたからなのだ。


    面白い事に、60年代に描かれたこの2つの妖怪漫画は、どちらも非常に現代的だ。

    その上で、西洋的な物語構造を持つ「どろろ」と、東洋的なユートピアを描く「鬼太郎」とに別れている。


    「どろろ」は「構築派」で「鬼太郎」は「あるがまま派」でもある。

    調子に乗って、この2作品を現代風に言い換えてみよう。

     
  • 【再送】山田玲司のヤングサンデー【第220号】ルッキズム卒業宣言(人を見た目で評価する7つの愚かさについて)

    2019-01-10 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第220号 2019/1/7

    ルッキズム卒業宣言(人を見た目で評価する7つの愚かさについて)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    1月5日(土)~1月7日(月)に発生したニコニコの不具合の影響で、一部の方にメルマガが配信されてないことを確認致しました。

    そのため、7日(月)7時に配信のメルマガを再度、配信させていただきます。

    不具合の詳細はこちらのページをご確認ください。

    https://blog.nicovideo.jp/niconews/98145.html

    ご不便、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

    今後とも、山田玲司のヤングサンデーをよろしくお願い致します。

                             山田玲司のヤングサンデー スタッフ

    以下、メルマガ本文となります。



    親愛なるヤンサンファミリーの皆様、あけましておめでとうございます。

    (写真は箱根駅伝を見ている実家の猫です)

    880969f4556d21b21e403576ad3d541791a02450

    去年の僕は「商業誌の漫画家」としては厳しい年だったのですが、ヤンサン関連では嬉しい事が本当に沢山あって、いい思い出をいっぱい残せた年でした。


    僕は自分自身の評価に関しては厳しい方なので、色々結果が出ないと凹む方なんだけど、ヤンサンでは愛のあるメッセージがコメントで伝わってくるので本当に助かってます。



    そんなこんなで、新年最初のメルマガは「見た目を評価してくる人」についてです。





    えー…突然ですが、あなたは自分を「日本で何位の人間」だと思いますか?


    そんな事言うと、おそらくこう言われます。



    それって生産力で? 見た目で? 若さは関係ある? 希少性は? 賢さは? 血統は?

    ・・なんていう「何を基準に順位をつけるのか?」という話になるでしょう。 


    そこは自分の判断で、と言うと、その人が「何を基準に自分や他者を測っているのか」という事がわかります。


    それで何だかんだ議論した後に、必ず「人間の価値に順位なんか付けられないよね」という当たり前の結論でみんなが同意します。


    ところが現実社会は、生まれた瞬間から何かしろの順位がつけられ、これが死ぬまで続きます。

    繊細な思春期に意味のないレースに出されて、頼んでもいない「順位」を付けられるのです。


    「足の速さ」「学校の成績」「身長、体重、目の大きさ、鼻の高さ」「家族の収入」とか、そんな下らない事でいちいち順位が付けられ、自分は2軍か?3軍か?なんて。


    「スクールカースト」なんて言葉が使われる遥か昔から、世間てのは「こんな」だったのです。


    なので、みんな理屈では「人の価値に順位はつけられない」と言いつつ「常に順位」の世の中でうんざりしてたわけです。


    何度も言ってますけど、そんなダブルスタンダードの偽善的な物言いが嫌になった人の中から「ぶっちゃけ」が現れたわけです。


    「ぶっちゃけ見た目でしょ」


    という「本音主義」が流行って久しい。

    「みんなちがってみんないい」とか言っても、結局は見た目やら収入やら、学歴なんかで人を見ているじゃん。結局は見た目と金じゃん」

    みたいなやつだ。

    昔の人はそんな事はわかってて、それでも人は見た目じゃないよ、なんて言ってたけど、そんなの偽善だと言うわけです。

    そんな幼児的な主張をありがたがってるのは、明らかに「知性の劣化」だと思うが、そんな考えが主流になってるのも事実。



    ところがこの「ぶっちゃけスタイル」という生き方は、とにかく損をする。


    僕はこの件に関して何度も語ったり書いたりしてるのだけど、ヤンサンファミリーには幸せになってもらいたいので、新年最初のメルマガはこの話にします。


    ヤンサンではお馴染みの「ちょうどいいおっぱい問題」の本質です。


    人を見た目で評価して、安直にそれを口にしてるとどうなるか?


    何について損をするのか?


    その理由を簡単に説明してみよう。





    人の「見た目」を評価する人はどうなるか?

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第220号】ルッキズム卒業宣言(人を見た目で評価する7つの愚かさについて)

    2019-01-07 07:001
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第220号 2019/1/7

    ルッキズム卒業宣言(人を見た目で評価する7つの愚かさについて)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    親愛なるヤンサンファミリーの皆様、あけましておめでとうございます。

    (写真は箱根駅伝を見ている実家の猫です)

    880969f4556d21b21e403576ad3d541791a02450

    去年の僕は「商業誌の漫画家」としては厳しい年だったのですが、ヤンサン関連では嬉しい事が本当に沢山あって、いい思い出をいっぱい残せた年でした。


    僕は自分自身の評価に関しては厳しい方なので、色々結果が出ないと凹む方なんだけど、ヤンサンでは愛のあるメッセージがコメントで伝わってくるので本当に助かってます。



    そんなこんなで、新年最初のメルマガは「見た目を評価してくる人」についてです。





    えー…突然ですが、あなたは自分を「日本で何位の人間」だと思いますか?


    そんな事言うと、おそらくこう言われます。



    それって生産力で? 見た目で? 若さは関係ある? 希少性は? 賢さは? 血統は?

    ・・なんていう「何を基準に順位をつけるのか?」という話になるでしょう。 


    そこは自分の判断で、と言うと、その人が「何を基準に自分や他者を測っているのか」という事がわかります。


    それで何だかんだ議論した後に、必ず「人間の価値に順位なんか付けられないよね」という当たり前の結論でみんなが同意します。


    ところが現実社会は、生まれた瞬間から何かしろの順位がつけられ、これが死ぬまで続きます。

    繊細な思春期に意味のないレースに出されて、頼んでもいない「順位」を付けられるのです。


    「足の速さ」「学校の成績」「身長、体重、目の大きさ、鼻の高さ」「家族の収入」とか、そんな下らない事でいちいち順位が付けられ、自分は2軍か?3軍か?なんて。


    「スクールカースト」なんて言葉が使われる遥か昔から、世間てのは「こんな」だったのです。


    なので、みんな理屈では「人の価値に順位はつけられない」と言いつつ「常に順位」の世の中でうんざりしてたわけです。


    何度も言ってますけど、そんなダブルスタンダードの偽善的な物言いが嫌になった人の中から「ぶっちゃけ」が現れたわけです。


    「ぶっちゃけ見た目でしょ」


    という「本音主義」が流行って久しい。

    「みんなちがってみんないい」とか言っても、結局は見た目やら収入やら、学歴なんかで人を見ているじゃん。結局は見た目と金じゃん」

    みたいなやつだ。

    昔の人はそんな事はわかってて、それでも人は見た目じゃないよ、なんて言ってたけど、そんなの偽善だと言うわけです。

    そんな幼児的な主張をありがたがってるのは、明らかに「知性の劣化」だと思うが、そんな考えが主流になってるのも事実。



    ところがこの「ぶっちゃけスタイル」という生き方は、とにかく損をする。


    僕はこの件に関して何度も語ったり書いたりしてるのだけど、ヤンサンファミリーには幸せになってもらいたいので、新年最初のメルマガはこの話にします。


    ヤンサンではお馴染みの「ちょうどいいおっぱい問題」の本質です。


    人を見た目で評価して、安直にそれを口にしてるとどうなるか?


    何について損をするのか?


    その理由を簡単に説明してみよう。





    人の「見た目」を評価する人はどうなるか?