• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 山田玲司のヤングサンデー【第247号】無力感との闘い方

    2019-07-22 07:004時間前
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第247号 2019/7/22

    無力感との闘い方

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    3ba9c9a1c56c7cb3d9337360aa15c3414c46d5ab

    【ジャニーズとよしもと】


    この国には「みんな知っているけど誰も言わないこと」がある。


    その件に関して「明らかにおかしい」と、わかっているのに、マスコミは何も言わない、という「あれ」だ。


    そのくせ芸能人の失態には集団リンチばりに「正論の総攻撃」をする。



    そんなに重大なニュースとは思えないのに朝から晩までそのニュースが繰り返される。

    「なんなんだこれは?」と、初めは思う。


    「何でこんな事をメディアは延々と報道してんの?」と感じた時は、その背後で「報道されてはまずいこと」「騒がれたくない案件」が起きている、と思っていい。



    世界的にもお馴染みのメディアコントロール術の「スピン報道」ってやつだ。


    (かなり前のヤンサンで「小保方さんの使い方は?」という話をして、その使用方法が「特定秘密保護法、強行採決隠し」です、みたいな話をしてますね)





    その昔、映画監督の森達也さんの取材をして、そんな話を沢山聞かせてもらった。



    マスコミは「正義の代理人」の顔をしつつ、その裏で真実を意図的に隠蔽している。


    ここ数年、官邸はの権力の集中が増大して、マスコミは権力者を追求できなくなってきている。


    同様に大企業の権力も増大していて「逆らう事が許されない会社」も多い。



    ところがです。


    今週になって、あの「ジャニーズ事務所」が、事務所を独立したタレントに圧力をかけていた、という報道があった。


    その数日後には「よしもと」のタレントへの圧力に関する報道が続いた。


    いったいどういうわけだ?何が起こっているんだ?


    この2つは日本人のマスコミ関係者ならお馴染みの「触れてはいけない何か」だったのに。


    これもまた「選挙から意識をそらすためのスピン報道」なのか?


    とも思うが、どうもそれだけでもない気がする。


    なぜなら、このタイミングで「どっかのバンドの人が大麻で逮捕」という毎度お馴染みの「いかにもスピン的な報道」があったからだ。


    いや、今回の選挙では政権側がかなりの苦戦を感じているので、大小合わせたスピン3連打、という事なのだろうか?


    このあたり、マスコミ関係の友人の情報や、自分でも収集可能なネットの情報だけでは、確信的な判断はできないけど、何か今までとは大きく変わる「気配」がする。



    eb9412b4a0797934a9f15daa1d863fd1d18d7ea6

    【映画「新聞記者」】


    多くの人が考えるのを避けてきた、様々な矛盾やタブーなどが表に出る。

    そんなタイミングが来ている予感がする。


    先週観てきた話題の映画「新聞記者」もその1つだ。


    実在のスキャンダルをモデルにしたと思われる「権力の腐敗」を内側から暴いていく、という、かつて松本清張が描いてきたような骨太の社会派ドラマで、こういう本格的な社会派コンテンツを観るのは本当に久しぶりだった。


    映画そのものも素晴らしいけど、何よりもほとんどのマスコミが目を塞いできた「問題の核心」に容赦なく迫っているのが素晴らしい。



    見どころは「エンドロール」だろう。

    いつもの映画ではよく見かける「あの会社」も「あの会社」の名前もない。


    この映画の出演をオファーされた役者さんの何人かが「何らかの理由」で出演を辞退したという報道もあった。


    辞退の理由の本当の理由は確認できないが、この映画が明らかに「政権批判」を題材にしているのは映画を観ればわかる。



    噂されているように、もし「権力側からの圧力」がこの映画にあったならば、このエンドロールに出てくるすべての個人、企業、団体は「権力に屈しなかった人達」ということになる。


    そんな中に、かつて絶望に効くクスリで取材させて頂いた「森達也さん」と「寺脇康文さん」の名前もあった。



    【選挙情報の変化】


    そして今回の選挙に関するSNSでの情報も今までのものとは格段に違っていた。


    政治的発言に「意識高い系」と冷笑していた空気が激減している。


    普段政治的発言をしない人達も「選挙にいこう」と声を上げ始めた。


    同時に政府の進める最悪の政策と、議員の幼稚な発言、スルーを続ける大手マスコミ、政権寄りの激しく偏った報道も続いている。



    バブル崩壊からの「本格的墜落」がついに可視化され始めた気がしている。

    天井は落ち、床は抜けたこの社会が、いよいよ誤魔化しきれなくなったのだろう。


    「自分達だけは逃げ切ろう」とする「1部の人達の思惑」もバレバレだ。




    【圧力をどうするか?】


    この「新聞記者」では、権力の圧に直面する官僚の姿が描かれている。

    主人公の若い官僚には妊娠中の妻がいる。


    彼は自分の「無力感」に打ちのめされる。



    身内を人質に取られたまま、腐敗した権力に圧力を加えられていく。

    今回の「ジャニーズ」や「よしもと」の一件が重なって見える。


    彼が直面する問題は、すべての人が関わる可能性がある問題だ。


    「そんなもの私にはない」と思う人もいるだろうけど、そもそも学校の教室で味わう「同調圧力」も同じ「社会の圧」だし「今はこれがイケている」みたいな流行や世間の風潮もすべて「圧」なのだ。


    何をやってもどうにもならない。

    ひたすら「自分の無力感」を感じさせられながら生きていくことになる。



    【線引き】


    前にも話したかもしれないけど、僕のご先祖様には太平洋戦争の時に反戦運動をして捕まった人がいる。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第246号】嫉妬は幸運の兆し

    2019-07-15 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第246号 2019/7/15

    嫉妬は幸運の兆し

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    fda66f5cc476a64a8ba9f642deba924db7cdcc9b

    【愛とは何か?】


    いよいよ「ディスカバリーレイジチャンネル」の本格配信が始まりました。


    プレ配信で「太陽の塔の仕掛けたもの」をやって、その後「内容紹介」の動画を配信して、いよいよ「本格的な講義」の動画を撮っていました。



    さて、何を最初にやろうか・・と考えて、僕は「愛とは何か?」というテーマで講義の動画を作ったわけです。


    「愛とは何か?」

    もうこの問題だけでいくらでも思索ができるし、どんな人にも関係するテーマだ。




    【けものみち】

    2862fba6e2d6b42b5f2a6e2aa67dc52270c2e66f

    その中で「愛は執着を含むので危険である」という話をしていて、おなじみ「愛染明王」の話になった。


    愛染明王は「愛が生む我執」を消すという「愛の守り神」みたいな存在だ。


    昔観た松本清張のドラマ「けものみち」で裏社会の帝王の寝室に愛染明王が置いてあったのが、とにかく印象的だった。(なのでこの話は何度かヤンサンで話している)


    愛染明王の存在は「愛には気をつけなさいよ」という仏教の教えの証拠だと思う。



    そんな動画を作っていたら、ふと「けものみち」が観たくなった。

    0年代に放送された「米倉涼子主演」のやつが僕は好きでよく観ていたのだ。

    (エンディングの曲が中島みゆきなのがまたいい)


    日本を支配した「闇の帝王」鬼頭という老人は病の床で、美しい女達を「おもちゃ」にして生きている。

    夫を殺してしまって逃げ場のなくなった主人公「民子」(米倉涼子)は、鬼頭のおもちゃになる事で生き延びようとする。


    このドラマ。

    「愛」に依存する(執着)する危険性を知っている「闇の帝王鬼頭」が、情愛を切り捨てながら世の中を上り詰め、最終的に「絶望的な孤独」を抱えている、というのが面白い。


    しかし、見直してみると、このドラマの最大の魅力は「女と女の闘い」だった。


    長年鬼頭に愛されてきた「女中頭」の「米子」と「新しいおもちゃ」として帝王の寵愛を受ける「民子」との闘いが、このドラマの最大の見せ場なのだ。


    この2人以外にも、このドラマでは様々な人達が対立し、裏切り、消えていく。


    そんな多くの悲劇が「嫉妬」から生まれている。


    「愛」に「嫉妬」は付き物だし、「自分は自分しか愛さない」という人でも、誰かに嫉妬する気持ちからは逃げられない。



    【海獣の子供】


    今回の放送で「海獣の子供」の解説をしていて、その中で僕が作者の五十嵐大介氏に嫉妬していた事を話した。


    カッコつけようにも、漫画家が皆「自分の好きなもの」を描かせてもらえるわけではないのだ。

    描きたいことを描けない状況にあった僕にとって、僕が描きたい題材で五十嵐氏が評価されているのは「目を背けたくなる事」だったのだ。



    【嫉妬の利用法】


    幸いにして僕は「嫉妬」の扱い方をずっと学んできた。


    1つは「今度は俺の番だ」と切り替え、嫉妬をエネルギーに変えて進む、という基本的やり方だ。

    そうは言っても嫉妬を「健全な方向」に切り替えるのは難しい。


    なので「成功している人も実は自分と同じ苦しみを抱えてきた」という事実を知る事が重要なのだ。


    当時「絶望に効くクスリ」に描いていたのはまさにこの事だった。

    取材で見えてくるのは、どんな成功者も必ず(何度も)地獄を見ている事だった。


    そんな漫画を何年も描いていた僕は、五十嵐氏もまた「大変な苦労」や「眠れない夜」があった事が容易に想像できる。


    これが想像できると、嫉妬はある程度抑制できる。


    そして「そんな人でも成功した」という事実が、自分にとっての「希望」に変わるのだ。



    【冷笑という悪手】


    この「相手を知る」「相手の苦しみを想像する」という事をしないまま「嫉妬」を抱えていると、事態は悪い方へ流れていく。


    その中でも最悪なのが「冷笑」という態度だ。

    年長者に多い気がするけど、まあ全世代にいるし、ネットでは特によく目にする。


    黎明期のネット掲示板に溢れた「乙」「草」「w」の一撃で相手を斜めから嘲笑する態度はまさにそれだ。



    相手の思いや、具体的な根拠の検証もないまま(笑)で突き放して上に立つ(気分になる)。


    「陰謀論w」とか「意識高いw」みたいなのも同じ「冷笑」だ。


    なぜこういう態度に出るのか?

    当然それは「自己防御」のためだ。

     
  • 山田玲司のヤングサンデー【第245号】ナルシズムが足りない

    2019-07-08 07:00
    216pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第245号 2019/7/8

    ナルシズムが足りない

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    284d1a315f4cf6dfbeacd51937eb0d646cb90fb9

    もう嫌だ。


    「ネガティブな発言は人生を暗くする」ってわかっているのに嘆く俺。

    ふてくされてソファーに逃げる俺。

    そのまま寝落ちして更に凹む俺。



    何が嫌?

    「自分」が嫌。


    この話はもう何度もメルマガで書いてるけど、これが山田玲司なのだから仕方ない。

    日々「自分最高」と「自分最低」の間にいるのが自分なのだ。


    相も変わらず「自意識問題」なんだけど、こういう事に悩んでる人も多いので今週はこの話を書きます。

    23f6abbd545551d6222f4039f0ba3ab81bfe5553


    【ディスカバリーレイジチャンネル】


    前回のヤンサンで宣言した通り、僕は今「自分1人で語る新しい枠」ディスカバリーレイジチャンネルの開始に向けて、連日動画を作っている。


    何でそんな事を始めたかと言えば、ヤンサンでやりたい事の総量が多すぎて、本放送では語りきれないネタがありすぎるのと、ヤンサンには「 山田玲司の解説や講義」が目的で観に来てくれてる「ありがたいファミリー」がいるからだ。


    僕はヤンサンのメンバーとの賑やかな感じが大好きだし、ゲスト回やファミリー参加企画も大好きだ。これは止められないのだ。なんなら「ゲーム実況」もやっていたいのだ。



    でもね。

    「山田玲司よ、お前の話が聞きたいんだよ」と言ってくれたりするんですよ。

    ありがたいじゃないですか。期待に応えたいじゃないですか。



    バラエティに出てるタレントさんが深夜ラジオで見せる「面白さ」ってあるもんね。

    講義にしても、流行りの「難しい話をわかりやすく解説」ってのには自信あるし、本放送でやりにくい時事問題、環境問題もやれる。

    僕の個人的な話やら漫画業界の裏話やら絶望に効くクスリの裏話なんかもできる。



    ほらね。

    もう「やらない理由」がない。

    僕の前には数年前から「山田玲司ソロライブ待ち」の行列ができているのだ。

    言い過ぎ?

    いや、ゴルパンのみんなも言ってたし、そういうコメントは何度ももらってる。

    そういう人もいるのだ。




    なのに漫画が忙しいのを理由に僕は「ソロチャンネル」を先送りにして逃げていたのだ。




    【負けられねえ】


    「もういい、やる!」と覚悟を決めたきっかけの1つは、ヤンサン主題歌「ダーリン」を歌ってる、ご存知「サブカル糞女fugu.」ちゃんだと思う。

    ある日彼女から「グッズ用に私を描いてください!」というDMをもらったのだ。


    少し前には、同じヤンサン主題歌のGALAXIEDEADもDMで「アルバムジャケ描いてください!」って言ってきた。


    彼らは断られるのを承知で(そういう事は普通にある)それでも頼んでくる。


    くっそー・・こいつらかっこいいじゃねえか・・

    そう言えばヤンサン音楽部のダディも石川君も平然と俺をバンドで歌えって言ってくるし、音楽部の連中はなんか軽やかでいい・・



    ちなみに僕はフグちゃんのバンドの曲は好きで聴いていたけど、去年から彼女は単独でYouTubeも始めたらしい。

    「どんな感じのやってるんだろう」と観てみたら、とにかく明るい。

    バイクで出掛ける動画がメインなんだけど、なんか「学校さぼって海に行っちゃう」みたいな明るさが溢れてる。

    1人で泥酔しながら動画編集してるのもある。

    そんな自分を突っ込みながら、そんな自分が好きな感じが伝わってくる。

    「自分は自分が好き!」ってのはさ、なんかすごくいい。

    本人は「承認欲求持て余して大変!」とか言ってるけど、自分が自分を認めてるのは伝わってくる。



    ああ、もう負けてられねえ!

    と、ついに「ソロチャンネル」開始を決めたのだ。


    だが・・

    何だろう、このモニターに映る自分、間抜けな声、ふらつく論旨。

    すべてが「なんかダサい」


    散々「見た目主義」を否定してたくせに、そもそも自分の見た目が好きになれない。

    いったい何年思春期やってんだ俺は。

    わかっているけど画面の中の自分が正視に耐えない。


    そんなだから自分の放送は観なかったし、テレビに出た時の映像も観てないのだ。

    これはタモリさんも同じらしい。みうらじゅん氏も宇多丸氏も「サングラス派」の人達はみんなそうだと思う。

    客観的に自分を見てしまうと、自分にダメ出しして何もできなくなる症候群なのだ。

    漫画なら直せるけど、自分は直せない。整形文化圏もメイク文化圏もおしゃれアイテム文化圏も性に合わない。


    ああ、めんどくさい。

    4ce15803fc16e0f2b4f81127922f9209193e5b53




    【今さらか】


    そんなわけで、何度も同じ動画を撮っては凹んでいたんだけど、そんな間抜けな自分の語りを編集してて気がついた。