• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

西村修が語るプロレスの神様――「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

西村修が語るプロレスの神様――「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」

2016-08-01 00:00

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    43444428caa4b7a97a82fdc6bb1566b42d666768
    明日7月28日は「プロレスの神様」カール・ゴッチの命日です――というわけで、晩年のゴッチさんとワインや葉巻を嗜んでいた西村修にありし日の神様の思い出をたっぷりと語っていただきました。やっぱりゴッチさんは凄い!







    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
    非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! part30は大好評インタビュー11、コラム9本、13万字オーバー540円!!(税込み)  試し読みも可能です!

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1076915


    ■修斗初代王者/仮面シューター・スーパーライダー 渡部優一 ロングインタビュー
    修斗黎明期から「東映呼び出し事件」、高野拳磁の秘話、同級生・三沢光晴の思い……


    ■「斎藤文彦INTERVIEWS④」は超獣ブルーザー・ブロディ! 壮絶! アントニオ猪木との7度のシングルマッチ、プエルトリコの非業の死を振りかえる―― 

    ■マスコミは何が起こるのかを知っていた?
    安生洋二の前田日明襲撃事件〜カミプロとFAKE〜松澤チョロインタビュー


    西村修が語るプロレスの神様――「ゴッチさんはもう一度、日本に来たがってたんです。でも……」


    小佐野景浩のプロレス歴史発見
    「俺のほうがUWFより強い!」 誇り高き仮面貴族ミル・マスカラス――!!


    金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?


    事情通Zの「プロレス 点と線」
    新日本プロレスはなぜ青木真也をスルーしたのか/天山広吉とプロレスファン、真夏の真剣勝負/
    5選手も!? W−1選手退団劇!

    大沢ケンジ師匠の格闘技が10倍面白くなる方法
    復帰2連勝も……ヒョードルはもう通用しないのか?/「五味隆典が復活する方法」「チェ・ドゥホ魔法の右ストレート」「レスナー薬物アウト!」


    オマスキファイトのMMA Unleashed
    ・アンダーグラウンドの王、エディ・アルバレス ついにメジャーベルト獲得!
    スタン・ハンセンの謎かけ?  プロレスの「カーペンターズ」とは何か
    浅田真央も所属するUFC新オーナー「WME-IMG」とは何者か
    ・米MMAがボクシング化? モハメド・アリ法がMMAにやってくる?


    二階堂綾乃コラム
    ・飲み会で上司がするメンドくさい話題1位が「昔のプロレス」だった件
    鍛える女子のモテ講座♡

    MMAオレンジ色の手帳
    ・「パンクラスイズム横浜」「natural9」「リバーサルジム新宿Me.We」…ジム飯2016〜2ndRound
    ・格闘技 実況・解説アレコレ〜AbemaTV時代のオススメ解説者〜

    中井祐樹の「東奔西走日記」

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1076915

    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉



    ――7月28日はカール・ゴッチさんの命日ということで、晩年の“プロレスの神様”と親交が深かった西村さんにお話をうかがいにきました。

    西村 ゴッチさんが亡くなられたのは2007年のことですから、もう9年も経つんですよねぇ……(しみじみと)。


    ――
    西村さんがゴッチさんの住むフロリダを訪れたのは90年代前半になりますが、ゴッチさんとの付き合いが始まるのはだいぶあとのことなんですよね。


    西村 じつはそうなんですよ。それは“派閥”の問題があったんです。私が93年にフロリダに行ったときはヒロ・マツダさんの道場でレスリングを学び、ブライアン・ブレアーのボディビルジムで身体作りに励んでこいというのが会社(新日本プロレス)の命令だったんです。当時のフロリダは、そのマツダさんとマレンコ道場の2つの派閥に分かれていて。

    ――マレンコ道場とは、全日本プロレスにも来日していたジョーとディーンの親父ラリー・マレンコが開いたレスラー養成機関ですね。

    西村 当時のゴッチさんのところに誰か生徒がいたかは定かではないんですけどね。

    ――ゴッチさんは正式なレスリングスクールをやっていたわけじゃない。西村さんはマツダ派閥の人間だったからマレンコ道場には近寄りづらかったんですね。

    西村 もともとマツダさんはゴッチさんの弟子でもあるんですけどね。マツダさんの得意技ジャーマン・スープレックスはゴッチさんに教わったわけですから。

    ――ゴッチさんはラリー・マレンコと古くから交流がありましたからマレンコ派寄りというか。

    西村 でも、ディーンとゴッチさんの仲は良くなかった。兄貴のジョー・マレンコとゴッチさんの仲は良いですよ。そこは完全な師弟関係でしたけど。

    ――ジョーは薬剤師として晩年のゴッチさんに薬を渡しに来ていたりしてたんですよね。

    西村 あと投資家として不動産を扱っていたり、いまは郡の警察官をやってます。シェリフっていうんですね。

    ――やり手なんですね(笑)。ディーンは小さい頃からゴッチさんと接してはずなのにどうしてそんな仲に?

    西村 まあ性格が合わなかったんでしょうね。ゴッチさんは頑固一徹な性格の方ですからね。曲がったことは絶対に許さない。ディーンとのあいだに何があったのかはわからないですけど、ゴッチさんから彼のいい話は一度も聞いたことないんです。

    ――兄弟でもそんなに仲が違うんですね。

    西村 昔はマレンコ一家とゴッチさんはひとつの家に住んでいたんですよ。1階はゴッチさん、2階はマレンコ一家。朝起きるとゴッチさんとまだ幼いジョーが庭でスクワットや腕立て伏せを1時間くらいやって、それからジョーは学校に通ったそうですから。

    ――幼少の頃から深い付き合いだったんですね。

    西村 話を戻すと、そんな派閥があったことでゴッチさんとは会う機会はなかったんですが、ラリー・マレンコのお葬式が94年にあったんです。そこで初めてゴッチさんと会話をしたんですけど、私が自己紹介したって「誰だ、おまえは?」みたいな怪訝な顔をするんですよ(苦笑)。

    ――ゴッチさんはなかなか他人を受け入れないんですよね(笑)。

    西村 本当に親密になったのはマツダさんが亡くなられて、2000年8月に木戸(修)さんがゴッチさんを表敬訪問するというテレビ企画があったんですけど。私が現地のコーディネイトをしまして、それがきっかけです。「タンパに住んでるなら家に来なさい。いろいろと教えてあげるから」と。それから月に一度はフロリダに帰るそのたびにお会いすることになりまして。1週間に1回は電話で連絡を取るようになって。

    ――初対面から5年近く経ってのことなんですね。

    西村 ちなみにそのとき木戸さんの奥さんもゴッチさんの家を訪れてるんですけど、「西村さん、ウチの主人がなぜ細かい性格なのかようやくわかりました。整理整頓はゴッチさんの影響なのね!」って感激してましたね(笑)。

    ――それほどの整理整頓ぶりなんですね(笑)。そんな性格のゴッチさんとのお付き合いは大変だったんじゃないですか?

    西村 私はいまでこそ若手レスラーの面倒を見たりしてますけど、プロレス界に入ってからは先輩との付き合いが多くて。ヒロ・マツダさん、藤波辰爾さん、マサ斎藤さん、タイガー服部さん……常に先輩ばっかり。先輩への気の使い方という部分では慣れてるというか。

    ――だからゴッチさんとの付き合い方もわかってたんですね。

    西村 それとドイツ人の感性を理解していましたから。ゴッチさん自身はベルギーのアントワープ生まれなんですけど、育ったのは南ドイツのバーバリアン地方なんです。

    ――ドイツ人とアメリカ人ではそんなに性格は違うもんですか?

    西村 いやあ、もうまったく違いますね。ドイツ人は勤勉真面目で頑固。私、ドイツ人の女性と付き合ったことがあるからわかるんですよね(笑)。

    ――だからゴッチさんの流儀が理解できる(笑)。

    西村 97年にオットー・ワンツのところをツアーしていた頃にドイツ人女性と付き合っていて。彼女と付き合うということは、その両親、地域の仲間とも触れ合うということですから。その経験があるのでゴッチさんの考えてることは理解できたんですよ。ゴッチさんは典型的な頑固なドイツ人です。日本にだっているじゃないですか、とんでもない頑固ジジイって。

    ――偏屈な下町のオジサンですかね(笑)。

    西村 現在の文化にいっさい適合しない生き方。それはゴッチさんの生き方なんですよね。勝ち気な根性はすさまじいものがあって、80歳を超えても絶対に負けないぞという姿勢ですから。

    ――常に張り合ってくるというか。

    西村 自分に負けない、他人にも負けない。自分に厳しいけど、他人にも厳しい。ゴッチさんはずっと何かと戦ってるんです。ご飯を食べても酒を飲んでも、私より食べたり飲もうとするんです。80いくつなのにですよ?

    ――とんでもない80歳ですね(笑)。

    西村 500グラムのステーキ、2人前のサラダ、大盛りのデザートをペロリと食べるんですよ。ワインを2本も開けてね。

    ――聞いてるだけでお腹いっぱいです!

    西村 もの凄く元気。パワーも凄かったですね。手押しの差しってあるんですけど、82歳のゴッチさんに勝てなかったですもんね。

    ――それはトレーニングを怠っていなかったんですね。

    西村 亡くなる直前まで腕立て伏せ毎日200回やってましたから。

    ――凄い(笑)。

    西村 昔は何千回の世界ですけどね。ゴッチさんがよく言っていたのは、それは自分自身に言い聞かせていたんでしょうけど「若い頃からやるべきである。年寄りになってもやらなきゃいけないんだ」ってことです。

    ――晩年のゴッチさんは、多くのレスラーやプロレスファンが訪れたガレージや庭つきの家から、小さなアパートに引っ越したそうですけど、練習はちゃんとしてたんですね。

    西村 リビングが8畳くらいのアパートです。大きな机があっていつもそこで本を読むんですよね。小さなベットルームと小さなキッチンもあって。

    ――西村さんはそこのアパートでゴッチさんとスパーをやられてたそうですね。

    西村 スパーリングと言っても一方的な技かけですよ。「こうやるんだ!」と何かしら教えてくれて。あとはブリッジや腕立て伏せのやり方。引っ越した先のアパートに登り綱やコシティはなかったですけど、プッシュアップバーやブリッジ用のゴムマットはありました。首の運動、スクワットは毎日やってたんでしょうね。

    ――試合をするわけでもないのに。もう習慣だったんでしょうね。

    西村 ゴッチさんがアパートに引っ越した理由は奥さんなんですよ。ゴッチさんが70いくつのときに奥さんが亡くなってしまって。その家にはあまりにも奥さんとの思い出が詰まり過ぎてるし、庭の掃除から何から自分ひとりでは面倒が見きれない。それで家を売却することになるんですけど、購入予定の見学者に全部やらせたらしいですよ。

    ――何をですか?

    西村 ロープ登りからスクワットから(笑)

    ――ハハハハハハハハハハ! 不動産購入と無関係ですよ!(笑)。

    西村 ブリッジもやらせて、最後はゴッチさんとスパーリングまでやったそうですよ(笑)。

    ――家を譲る条件がゴッチ式トレーニング!(笑)。

    西村 かなりの大金持ちがゴッチさんの家を購入したんですけど、「家を買うときに全部やらされた」って言ってましたね。いまでも家の外見は変わりないんですが、家の中はリノベーションしちゃって豪華な内装になってるんですけど。

    ――そのお金持ちはゴッチさんのことをご存知だったんですか?

    西村 それが知らなかったそうなんですよ。でも、次から次に日本からゴッチさんの家の見学者が来るもんだから、あとからカール・ゴッチというプロレスラーを勉強したそうです(笑)。


    この続きと、ハンカチ王子とベーマガ、アジャ・コング、AbemaTV、カール・ゴッチ特集、ドン・フライ殿堂スピーチ、ケニー・オメガ「DDT発言」などの記事がまとめて読める「13万字・詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1095857 
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。