• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【キックボクシング関ヶ原】あのブシロードが電撃参入! 『KNOCK OUT』とはなんだ?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【キックボクシング関ヶ原】あのブシロードが電撃参入! 『KNOCK OUT』とはなんだ?

2016-09-15 11:58

    新日本プロレス親会社ブシロードがなんとキックボクシング界に参入! キックイベント『KNOCK OUT』を旗揚げすることになった。現在の立ち技系は新生K−1/Krushの躍進が著しいが、新日本をV字回復させたブシロードの手腕でキックボクシング界隈はどう変わっていくのか? ライターの高崎計三氏に話を伺った。




    <関連記事?>
    【無料公開】BABYMETALが「WWE/NXT」の大会テーマ曲に!  プロレスとヘビーメタルの相性とは? http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1056523



    ──げ、げ、げ、原理主義者だあ!……ということで「キック原理主義者」の高崎さん! ブシロードが新イベント『KNOCK OUT』を立ち上げるそうですが、いまキック界で起こっていることを「キックぼんやり層」のボクにもわかるように解説してください!

    高崎 というか、俺は「キック原理主義者」じゃないよ! これじゃあ前回やったBABYMETAL記事の続きでしょ。

    ――ああ、キック原理主義者じゃなくてBABYMETALを認めないメタル原理主義者でしたね。すいません。

    高崎 いや、だから俺はメタル保守派なんだよ!

    ――そんな話は置いとくとして、ブシロードは新日本プロレスのオーナー会社なのでプロレス方面から『KNOCK OUT』の情報は入ってきてるんですが、なにせ「キックぼんやり層」だからわからないことだらけで。

    高崎 『KNOCK OUT』発足にあたって、キック界内の関係者からも「これ、どうなってるの?」と聞かれることはけっこう多いんですよね。みんないろいろと探りを入れているところなんでしょうね。

    ――ざっくり言うと、キック方面ってこうなる前から「新生K-1 vs 非K-1」という対立構図があって、選手移籍だなんだでもの凄い緊張関係にあったじゃないですか。

    高崎 ノーコメントです(笑)。

    ――『KNOCK OUT』には非K-1勢が集結するようですし、NHK大河ドラマ「真田丸」じゃないですけど、天下分け目の“キック関ヶ原の戦い”が始まるんじゃないかというドキドキ感があるんですよね。

    高崎 うーん、さすが「キックぼんやり層」。完全に野次馬だ(笑)。

    ――いやいや、これはプロレス格闘技方面にも大きな影響を与えかねない一大事ですよぉ! 新生K-1を運営しているGENスポーツエンターテインメントは、プロレスではWRESTLE-1もやっていて、そのCEOはDDTの高木三四郎大社長。一方、ブシロードのほうでは新日本プロレス、そして今回の『KNOCK OUT』。プロレス団体ではNOAHをコントロールできる立場にもありますね。

    高崎 両方ともプロレスとキックを抱えたわけですよね。

    ――RIZINは新生K-1とシュートボクシングと付き合いがあるけれど、そのシュートボクシングは非K-1の位置にいたり……もの凄く複雑な状況なんですが、まずおうかがいしたいのは、この『KNOCK OUT』の始まりはどういうものだったんですか?

    高崎 元キックボクサーの小野寺力氏がプロデュースしていた『NO KICK NO LIFE』というイベントが今年7月に終了したんですけど。これがなんの前触れもなく突然終了を告げたんです。要は『NO KICK NO LIFE』がブシロード新イベント『KNOCK OUT』にリニューアルされるからで。

    ――あの終了発表のとき「ブシロードのキック進出の噂は本当だったんだ!」ってことでちょっとした騒ぎになりましたね。

    高崎 そして9月1日にあらためて、小野寺力とともにブシロードが『KNOCK OUT』というイベントを開催することが正式発表されました。そのときに「え? ブシロードがキックをやるんだ!」と驚いた方がけっこういたと思うんですけど。じつは『NO KICK NO LIFE』のスポンサーには、2年前からブシロードがついていたんです。その関係を知っていると、この発表の理解は早かったと思うんですね。

    ――ブシロードは『KNOCK OUT』の運営会社として株式会社キックスロードを立ち上げましたね。

    高崎 それでもブシロードが全面に立ってやるということが意外だった人は多かったと思いますけどね。

    ――この原稿が掲載される頃には9月14日の旗揚げ会見が行われ、その全貌があきらかになるわけですが、噂の段階ではどういうふうに伝わっていたんですか?

    高崎 一言で言えば、『NO KICK NO LIFE』が地上波をつけて大きな大会になると。『NO KICK NO LIFE』というイベントは、もともとは小野寺力の引退興行から始まったもので、渋谷のライブハウスでのイベントも何回かあったにせよ、基本的には1年に1回、大田区体育館で行なわれる単発イベントだったんですよ。年1回だから、いろんな団体から選手を借りれて、注目カードが組めていたというのがキック界の認識だったんです。それが今度からは年1回というわけにもいかなくなる。

    ──単発イベントではなくなるわけですね。

    高崎 6月ぐらいの噂では「新会社ができるけど、代表取締役は小野寺さんじゃないらしい」と聞いたんですよ。じゃあ、小野寺氏はどのぐらい主導権を握れるのかなと言ってる関係者も業界内にいたんですよね。

    ──ブシロード、キックスロード、小野寺氏はどういう関係性になるのか?と。

    高崎 小野寺氏はイベントプロデューサー的な立ち位置ですよね。キックスロードが立ち上がるにせよ、ブシロード界隈にはキック界に明るい人はいないわけじゃないですか。強いて言えば、木谷オーナーが以前から長島☆自演乙☆雄一郎を応援していたぐらいで。だから、マッチメイクなどの実務面は小野寺氏が担当。大会周りや広報面はキックスロードが担当するんだと思います。キックスロードの社長になる花澤(勇佑)さんという方は、そもそもブシロードの社員で、新日本プロレスに出向していた方だと聞いてますけど。

    ──プロレス界隈から聞いた話だと、花澤さんはカードゲームの『キング オブ プロレスリング』の担当だったけど、キックイベントに対してもの凄く情熱があった。会社を辞めてでも立ち上げるつもりだったのを、格闘技大好きの木谷さんが引き止めてブシロードとして関わることになったとか。

    高崎 そうなんだ。俺がうっすら聞いたのは、木谷さんがキックイベントにやる気満々で、新日本に出向していた花澤さんが引き戻されたという話だったんだけど、どっちが本当なんだろう(笑)。

    ──どっちに転んでもブシロードはやる気いっぱいということですね(笑)。試合中継はどうなるんですかね。

    高崎 そこなんですよね。



     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。