• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【どうなるDEEPとの対抗戦】パンクラス酒井正和代表「佐伯さんはかなり誤解されていますね」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【どうなるDEEPとの対抗戦】パンクラス酒井正和代表「佐伯さんはかなり誤解されていますね」

2017-03-01 00:00
    6090a98f8a8225402405ee2c76f0dacfd53cc5c7
    酒井正和氏が代表就任後は攻めに攻めまくるパンクラス!! 日本格闘技界のリアルな現状と、佐伯繁代表率いるDEEPとの全面対抗戦の可能性について伺った! 


    【関連記事】
    佐伯繁DEEP代表インタビュー「日本格闘技界から見たRIZIN 」「パンクラスとの全面対抗戦」…
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1199557

    【1万3000字の激語り!!】RIZIN広報・笹原圭一インタビュー「RIZINはいま何を考えているのか?」
    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1181513



    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉
    非会員でも購入できる大好評インタビュー詰め合わせセット! part37は大好評インタビュー12本、コラム11本、14万字540円!!(税込み)  試し読みできます!


    part37
    収録記事 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1199493

    アジャ・コングインタビュー最終回……さらば!私が愛した全日本女子プロレス!! 「浮世離れしてて普通に生きていけない人たちが輝けた場所なんです」
     
    ◎謎の格闘技集団「Team DATE名誉顧問」は太気拳創始・澤井健一の弟子だった!!  吉田かずおインタビュー
     
    ◎代理人が告白! 堀口恭司RIZIN電撃契約の舞台裏「このままじゃUFCにダメにされる。UFCを捨てるしかなかった」
     
     
    ◎「斎藤文彦INTERVIEWS⑪」
    追悼ジミー・スヌーカ……スーパーフライの栄光と殺人疑惑――30数年前に何が起きたのか?
     
     
    「FMWアイドル女子レスラー」の今はキリスト教伝道師……里美和ロングインタビュー
     
     
    佐伯繁DEEP代表インタビュー「日本格闘技界から見たRIZIN 」「パンクラスとの全面対抗戦」…
     
    川尻達也インタビュー「DREAMが潰れたのは俺のせい。だからRIZINでは……」
     
    小佐野景浩の「プロレス歴史発見」
    輪島、北尾、曙……プロレスラーになった横綱たち!!
     
    事情通Zのプロレス点と線
    ・新日本プロレス第3世代の「NOAH移籍説」とは何だったのか?
    ・「中井りん活動休止」「インフル欠場問題」■事情通Zのプロレス点と線
    ・あの世志琥がMMAデビュー!!
     
    練習で頑張った先にUFCという“希望の国”があったが……■大沢ケンジ
     

     
    オマスキファイトのMMA Unleashed
     
    ・セコンドのグレッグ・ジャクソンが、「キ●タマでヤツを殴りつけてやれ」と選手にアドバイスする理由
    ・UFCファイターのフトコロ事情 ~ 中堅ファイターでも想像以上に厳しい現実
    ・必読!! 2017年1月1日改正MMAユニファイドルールを徹底解説
    ・「笑われることでモチベーションは高まる」マクレガー、メイウェザー戦実現に向けて怪気炎!
     
     
    「MMAオレンジ色の手帖」
    ・2017年 格闘家のCM事情〜起用されるのは誰だ!?〜
    ・先生!インフルエンザは欠勤になりますか?〜格闘技欠場問題〜
     
     
    二階堂綾乃
    ・茅ヶ崎にオープン!! KEI山宮のジムに行ってみた■二階堂綾乃
    ・リック・マーテルにGSP!! イケメンプロレス格闘技・美男子列伝
    ・どんどん身体が柔らかくなる! ヨガのススメ!!
     
    中井祐樹の「東奔西走日記」1月15日〜31日編

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1199493

    ◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉◉





    ――Dropkickに掲載されたDEEP代表の佐伯さんインタビューをお読みになったと伺っております

    酒井 読みました。面白かったですよ。

    ――ありがとうございます! パンクラスについても言及されてましたが……。

    酒井 かなり誤解されてるなっていう印象がありますね。

    ――すいません(笑)。

    酒井 でも、なんか佐伯さんは“評論家”みたいですよね。

    ――評論家!

    酒井 興行のバッティング問題も「なるほどな」と思います。とても参考になります。でも、それは先に会場を見つければ回避できる話だとは思うんです。

    ――来年のパンクラスはStudio Coastを新しいホーム会場として、早くも年間スケジュールを発表してますね。

    酒井 格闘技以外のコンテンツってみんなスケジュール発表が早いんですよ。アーティストなんかは来年の日程まで決まってますからね。それに対してどうプロモーションをしていくかってことで。格闘技はどちらかというと遅いほうですよね。

    ――どうして格闘技界は遅いんですかね? 

    酒井 それは格闘技業界がエンターテインメントとして成熟していないからだと思いますね。

    ――なるほど~。

    酒井 どこかの会場を見つけてイベントをやればいいって話ではないんですね。ディファ有明閉鎖に伴って、来年のウチはStudio Coastにチェンジしてやっていくことになりますが、最初から後楽園ホールという選択はなかったんですよ。それはなぜかというと、パンクラスを引き継いだときに、後楽園ホールで行われるMMAが私の中でイメージが合わなかったんですよ。

    ――後楽園は“格闘技のメッカ”と言われてますが、酒井さんの中ではイメージが違ったと。

    酒井 パンクラスを引き継ぐ前に海外のMMAイベントを視察したんですが、MMAは後楽園でやるべきじゃないなって思ったんです。たとえば照明の熱。リング周辺は照明が凄くて2時間もいると疲れますからね。選手が掻く汗も尋常じゃないですし。

    ――観戦しやすさ、試合のしやすさを考慮したんですね。

    酒井 たしかに後楽園ホールは大きいですし、あのパッケージにはボクシングやプロレスが合うと思うんですよ。お客さんの湧き方もいいんですしね。でも、MMAをオシャレにかっこよく魅せようとしたときに「どうなのか?」って考えちゃったんですよね。

    ――たしかに古臭いイメージは拭えないですね。

    酒井 「だったらライブ会場でもあるディファ有明で華やかに演出すればいいんじゃないの?」と。実際にイベントによっては後楽園以上の湧き方をしたこともあったのは事実なので。

    ――ディファの場合、1日中会場が借りれて試合数が多く組めるという利点も大きいですか?

    酒井 その理由もありますね。ここ10年のあいだのMMAの変化でいえば、選手のチケット手売り主体になっていることです。試合が多く組まれて、選手の応援にお客さんが会場に来るようになってる。そのスタイルってこれから先も変わらないと思うんですね。

    ――チケット手売り主体の興行は変わらない、と。

    酒井 ウチのプレイガイド(一般売り)は伸びてるほうなんですが、手売りと逆転してるかといったら、そこはなかなか難しい。まだまだメディアパワーが足りないと思ってます。

    ――そこは一般層に届くようなメディア展開をしないと変わらないんじゃないかという。

    酒井 そこは仕込まないと難しいでしょうね。ただ、現状の数字でいえば、YouTubeの視聴数やオフィシャルサイトのアクセス数は他の団体さんより圧倒的に上なんですよ。この3年間でだいぶ差がつきました。

    ――酒井さん体制になってからパンクラスはそういった露出に力を入れてきましたね。

    酒井 そこは公言できるんですけど、じゃあそれが一般層までに届いてるか?といえば、意外と伝わっていない。なかなか結びつかない。ということで、去年の10月にTOKYO MXで地上波生中継をやったじゃないですか。本来はこれも1年くらいやらないと効果は出てこないもんなんです。

    ――消滅したDREAMも地上波ゴールデンでやってましたが、なかなか浸透しなかったですね。

    酒井 一般層に普及させるには地上波に露出し続けないと無理でしょうね。それにはテレビ局側の協力も必要になってくるんですよ。ただ、こちらが番組枠を買って流していてもまったく意味がない。

    ――いまはパンクラスが番組枠を買って放送してるんですね。RIZIN以外の地上波やBSの格闘技番組はそういったケースが多いですが……。

    酒井 これまで中継した3大会はこちらが身銭を切ってるところがあるんですが、番組自体はある程度の評価をいただきまして。その中で次はどういうかたちでやるのかという協議をしてる段階で。今後はメディアパトーナーとしてやっていきたいというお話をMXさんとしてるところなんですよ。

    ――パンクラスとしては枠買いの次のステージに進みたいという。

    酒井 なので、2月3月大会の中継はお休みしてるところなんです。

    ――番組枠を買うためにはけっこうなお金が必要ですよね。

    酒井 相当お金がかかってます。それに普通の録画中継ではなく生中継ですから、見えないお金が何百万とかかるんですよ。ウチはUFCファイトパスでも放送していて世界中で流れますから、そこに恥じない映像を作らないとパンクラスのブランド問題になってしまうんですね。

    ――みすぼらしいものは世界に見せられない。

    酒井 UFCやベラトールは華やかに演出してるじゃないですか。でも、ウチはあそこまで資本力があるわけではないですし、あのパッケージの中でよく魅せようとしたら映像クオリティを上げるしかないですよね。いかにそこを高めるか。なのでクレーンカメラを使ってたりしてるんです。9メートル伸びるグレーンは、3人のオペレーションが必要。もうひとつのクレーンは1人で済むんですけど、ということは計4人の人件費が必要になってくるんですよね。

    ――ひえ~(笑)。

    酒井 でも、そのぶん映像評価は凄く高いんですよね。

    ――たしかにパンクラスの試合映像にはメジャー感がありますね。

    酒井 そこはUFCからも評価されてますし、ファイトパスの視聴者数もけっこういいですよね。その映像自体をMXが見て「これはいい」となったことで地上波中継をやろうかという話に繋がったんです。



    この続きも読める「14万字・詰め合わせセット」がお得です!

    シャーク土屋、世志琥、KINGレイナ、渕正信、ドナルド・トランプとWWE、DEEPvsパンクラス……など20本以上の記事がまとめて読める「記事詰め合わせセット」はコチラ 

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。