• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

川尻達也バンタム級GP出撃インタビュー「終わりは突然やってくる……だから後悔したくない」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

川尻達也バンタム級GP出撃インタビュー「終わりは突然やってくる……だから後悔したくない」

2017-09-04 11:37
    05065c1e1041b7791f09f02ab5cb6735499477f8
    「狙うのは堀口恭司の首一つ!」――川尻達也が現在開催中のRIZINバンタム級GPワイルドカードに名乗り!10月福岡大会で査定試合を行うことになった。フェザー級(65.8キロ)の減量でも苦しかった川尻がなぜ61キロまで落としてまで堀口戦を熱望するのか――そこにはPRIDE崩壊から今日までに起きた様々な出来事が駆り立てるのであった。


    ――……顔色が悪いですけど、大丈夫ですか?

    川尻 ホントっすか? 大丈夫ですよ(笑)。全然平気です。

    ――頬がコケて渋くなりましたね。演技派俳優っぽい(笑)。

    川尻 なりたいですね、俳優(笑)。

    ――しかし、今回は凄い決断をされましたね。川尻さんがバンタム級GP参戦のプランを申し出たときはRIZIN側も驚いていたそうですが。

    川尻 榊原さんは「ホント? 減量は大丈夫なの?」って言ってましたね。

    ――川尻さんから「話があります」と原さんが連絡を受けたとき、普通に「試合を組んでくれ」という話だと思っていたみたいですね(笑)。それがまさかの……。

    川尻 どうせやるならヌルイ相手とやりたくないし、ワクワクしたい。正直フェザー級ではクロン(・グレイシー)に負けた以上は、ワクワクできる相手は日本人ではいないじゃないですか。

    ――たしかに10月大会もフェザー級でマッチメイクするとしたら、初顔の外国人になっちゃいますね。

    川尻 それでみんなが注目してくれるならいいですけど。そうじゃないから。

    ――川尻さんの中では「試合に出る」だけではなく「誰と戦うのか」という意識が強いんですね。

    川尻 そうですね。このまま何のテーマもなくフェザー級に出ても、俺自身もワクワクしないし。

    ――それはPRIDE、DREAM、UFCという肩書きがありながらも、「もう名前だけは使ってもらえない」という危機感があるわけですよね。プロモーター側に立てば「川尻達也vs新顔の外国人」にどこまで組みたいのかという。

    川尻 も〜う危機感しかないですね。だってあれだけ10代20代の若い子が出てくれば、30代40代のオジサンは弾かれていきますよ。そういう中でギャフンと言わせたいなって。「まだまだオマエらには負けないぞ! 譲れないぞ!」って。

    ――バンタム級GPのワイルドカードを認めてもらうために7月に仮減量して、その経過を榊原さんに報告していたそうですけど、ジムの誰にも言ってなかったんですよね。

    川尻 誰にも言わなかったんですね。言っていたのは嫁、あと榊原さんと笹原(圭一/RIZIN広報)さん。ジムのみんなは「痩せ過ぎだろ!」って不審がっていたんでしょうね(苦笑)。

    ――通常70キロ超えてるのに、バンタムリミットの61キロにどんどん近づいてるんですからね。病気だと思われますよ!(笑)。

    川尻 バカでしょ?(笑)。

    ――それは堀口恭司の首を狙うためですね。

    川尻 そうじゃなかったら、こんなキツイことはやらないですよ。堀口選手と戦うためです。正直この年齢になると、受けて立つケースが多くなるんですけど。俺の格闘技人生ってチャレンジの繰り返しだったし、それがモチベーションや、戦う理由に繋がっていたというか。「いつか見てろよ!」っていう気持ちでチャレンジできる相手は、いまのところ『堀口恭司』しかいなかったんで。やっぱり挑戦しないと面白くないですよね。

    ――先ほどの会見では、本当はライト級も考えていたけど、UFCシンガポール大会を見て「もういいかな」と。それはつまり……。


    川尻 フフフフフ。そのカードも俺にとって大事なもので、ずっと温めていたというか、頭の中に考えていたんですけど。正直、現時点では「もういいかな」っていう思いが自分の中でありますね。

    ――あの男とのカードではいまのところ燃えられない。

    川尻 向こうも絶対に勝つ姿勢が見えなかったし、その相手に自分の中でチャレンジしたいかどうか考えたときに……という。

    ――いまの川尻さんはマッチメイクされるのを待つだけじゃなくて、自らどんどん動いていますね。その原動力はどこから生まれてるのかといえば……。

    川尻 それはプロとしてあるべき姿だと思うし、DREAMのときに団体がなくなる、戦う場がなくなるってことを経験してるから。

    ――そこなんですね、やっぱり。


    この続きと、折原昌夫、諏訪魔、谷津嘉章、天心vs武尊消滅、DDT買収、マクレガーvsメイウェザー…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     
    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。