• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

MMA・プロレスのあり方に根本的な変化を迫る? 脳障害研究最前線の衝撃■MMA Unleashed
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MMA・プロレスのあり方に根本的な変化を迫る? 脳障害研究最前線の衝撃■MMA Unleashed

2017-10-06 17:12
    Omasuki Fightの北米MMA抄訳コラム「MMA Unleashed」――今回のテーマは「MMA・プロレスのあり方に根本的な変化を迫る? 脳障害研究最前線の衝撃」です!


    米ボストン大学医学部のCTEセンターは9月26日(現地時間)、存命中の人のCTE(慢性外傷性脳症)を検査する方法の発見に一歩近づく研究成果を発表した。CTEはかつてパンチドランカー症候群としても知られた症状で、記憶力低下、錯乱、うつ状態などを伴う。これまでCTEの診断は、死後の脳を検査するしか方法がなかった。

    同大学で、23人の元フットボール選手、50名のアルツハイマー症患者(スポーツ歴なし)、18名の健常者(スポーツ歴なし)の脳の比較検査を行ったところ、CTE患者で高いことが知られている検査値CCL11が、アルツハイマー症患者・健常者では通常値であったのに対し、元フットボール選手では高かったことを発見した。このことは、CCL11がCTEのバイオマーカー(特定の病状や生命体の状態の指標)として使える可能性があることを示唆しているのだという。


    この続きと、西良典、折原昌夫、サベージ&エリザベス、PRIDE終焉、RIZIN福岡裏話、パンクラス計量炎上…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。