• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【PRIDE誕生20周年企画】忌まわしき2003年大晦日とPRIDEの終焉――!!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【PRIDE誕生20周年企画】忌まわしき2003年大晦日とPRIDEの終焉――!!

2017-10-19 08:36
    いまから20年前、1997年10月11日に産声を上げたPRIDE――この記事はDropkickのニコ生配信でPRIDE終焉を語ったものを再編集・加筆したものです(語り・ジャン斉藤)



    今日は10月11日、いまから20年前にPRIDEが誕生した日ということで、各方面でPRIDE1のヒクソンvs高田延彦が語られていますけど、ここではPRIDEの終焉を扱おうということで。

    PRIDEは講談社の『週刊現代』のキャンペーンの影響もあって、フジテレビの地上波中継が打ち切られ、そのダメージで活動停止となったことは皆さんご存知だと思うんですけど。

    当時ボクは『週刊プロレス』の編集者……『週プロ』じゃないや(笑)。『紙のプロレスRADICAL』編集部のイチ編集部員で、2005年12月号で16ページの大晦日特集を担当したんですね。PRIDEとK−1の大晦日興行戦争は定番になってましたので、過去に起きた大晦日のズンドコを特集したのかな。ズンドコを追っているのは、いまと変わらないですね(笑)。

    そうなるとやっぱり2003年のPRIDE、『猪木祭り』、K-1『Dynamite!!』の3派分裂は外せないだろうと。そこで03年『猪木祭り』の運営に関わった格闘技関係者、業界ではけっこう有名な方を六本木で取材したんですよね。2時間近くズンドコ話を聞けたんです。



    この続きと、西良典、折原昌夫、サベージ&エリザベス、RIZIN福岡裏話、パンクラス計量炎上…などの記事がまとめて読める「12万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事だけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。