• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

長州力の「オマエはプロレスやめろ!」事件とは何か?■事情通Zのプロレス点と線
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

長州力の「オマエはプロレスやめろ!」事件とは何か?■事情通Zのプロレス点と線

2018-01-18 22:55
    プロレス業界のあらゆる情報に精通する事情通Zの「プロレス 点と線」――。今回のテーマは、ひさしぶりに長州力がキレた!? 「オマエはプロレスやめろ!」事件です!(聞き手/ジャン斉藤)



    【コチラの事件もキレてます!】
    誰だと思ってるんだ!? ヤマモの「アイドルの腰掛け」発言とは何か?



    ――た、た、た、大変です! 長州力プロデュース興行で大変なことが起きちゃいましたっ!!

    事情通Z 大変なことになったねぇ。もう長州力プロデュース興行には出番がないかも……。

    ――ホントに「ウェイヨー⤵……」な事件です。リングアナを務めたラッパーのUZIさんが大会翌日に大麻所持の疑いで逮捕されるなんて。

     そ、そっちかよ! たしかにその件も大事だけど、俺が言いたいのはメインイベントの長州力&飯伏幸太&伊橋剛太vs藤波辰爾&TAKAみちのく&関本大介のこと。DDT所属の伊橋選手の不甲斐ないファイト振りに、長州さんがバックステージで「プロレスをやらないほうがいい!死んじゃうよオマエ!!」と声を荒げてキレたという。

    ――かつて「俺をキレさせたら大したもんですよ」と言い放った長州力をキレさせるってある意味で凄い! 長州さんだけじゃなくて、伊橋選手と対戦した藤波さんもキレてたんですよ。「俺と対戦できるのは親の七光!」「もっと練習しろ!」などと罵倒して。

     それは鈴木みのるや秋山準が藤波さんの息子LEONAに言ったセリフだよ! いまLEONA選手は必死に頑張ってるんだから蒸し返すなよ。 

    ――間違えました。藤波さんは「ボクも戦っていて、これは違うだろと思った。キレそうになった」と言ってましたね。

     そもそもこの興行自体を振り返ってみると、長州プロデュース興行と銘打ちながら、そこまで長州さんのカラーの濃いカードはなかったんだけどね。長州さんと縁の深い選手がたくさん出てるわけじゃない。

    ――藤波さんと越中詩郎さんくらいですかね。

     長州力プロデュース興行の主催者は、プロレスファンならご存知だと思うんだけど、SP広告社。新日本プロレスのフロントだったTさんが在籍している。

    ――SP広告社って、DDTブランドのひとつだったIGFの運営をしていた過去があったんでしたっけ。

     IGFじゃねえよ、DNAだよ。IGFがDDTのブランドになったら凄く面白くなりそうだけどさ。長州さんはSP広告社の顧問に就いているし、Tさんは一時期、飯伏選手のマネジメントもやっていた。長州&飯伏の初タッグ結成は集客面はもちろんのこと、そういう縁もあって決まったんだろう。

    ――そこで気になるのは6人タッグのパートナーに伊橋選手が選ばれたことです。長州さんは「オマエはやっぱり最後(メインイベント)に出ちゃいけない!」とも言い放ってましたけど……。


    この続きと、安田忠夫、RIZIN特集、ジェリコvsケニー、長州激怒、ローデス親子、ミゼットの現在などの記事がまとめて読める「11万字・記事詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。