• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

【ジャスティスの苦悩】ウルトラマンロビン「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ジャスティスの苦悩】ウルトラマンロビン「あんなにネットで叩かれたら普通は自殺しますよ!」

2015-08-01 00:00
    daee31c59f9800314647eb4bfeb0aa9c2062480d
    今年でデビュー25周年を迎えたウルトラマンロビンインタビュー。170センチにも満たない身体で怪獣たちからプロレスの平和を守ったり守らなかったりしてきたロビンさんは、中毒性の高い試合内容でマニアたちを魅了している。しかし、物事に光と影があるように正義のヒーローとしての苦悩もあったのだ……。





    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
    非会員でも購入できるインタビュー詰め合わせセット par18 http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar841870

    天田ヒロミが見たK−1天国と地獄!! これが格闘技バブルの実態だ!
    「谷川さんがやるようになってK−1はダメになりました」

    横井宏孝「リングスの怪物くん」ゼロゼロ年代プロ格青春記……
    「格闘技は前田さん、プロレスは橋本さんが師匠でした」


    ◉元祖・黒魔術「世紀の呼び屋」康芳夫インタビュー
    「猪木vs人喰い大統領、空手家vs虎」恐るべき構想……


    ◉スイッチスタイルでUFC復活勝利!川尻達也インタビュー
    「網膜剥離を乗り越えて――」クラッシャーはこうして進化していた!

    「プロレス 点と線」
    プロレス事情通Zが業界のあらゆる情報を線に繋げて立体的に見せるコーナー。
    「巌流島フジテレビ中止の衝撃」「華名引退の謎」「ヒョードル復活」「人毛デスマッチとは何か」等……。


    ◉プロレス女子が格闘技をやってみた結果/二階堂綾乃インタビュー

    笹原圭一の「書評やれんのか2015」
    「江口寿史の正直日記/江口寿史」
    「舞姫/森鴎外」
    「横道世之介」

    http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar841870
    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■





    ――ロビンさんって気がついたらもう25年近くウルトラマンロビンしてるんですねぇ。

    ロビン いやあ、長いよね。かれこれ54団体くらい出たのかな、国内外全部合わせて。

    ――よくおぼえてますね(笑)

    ロビン それにね、ボクはメジャーのトップどころとけっこうやってるんですよね。CIMAくん、(高木)三四郎、HARASHIMAくん、田中将斗選手、タッグながら(新崎)人生くんとも当たってるしね。ひと通りやってるかなって。そもそもこんなに長くプロレスをやるなんて思ってなかったんですよ、ホントに。

    ――まずはロビンさんがウルトラマンロビンに変身する前のお話から聞きたいですね。

    ロビン ボクはね、高校1年生の頃にファンクスやマスカラスを見てプロレスファンになったんですよ。最初は全日本プロレスが好きだったんですけど、そのあと新日本プロレスにタイガーマスクやダイナマイト・キッドが出てきて。83年以降は新日本をよく見るようになりましたね。

    ――ロビンさんがマスクマンに変身した原風景なんですね。

    ロビン あと、ボクの好きなレスラーがイギリスのレスラーにけっこう多かったんですよ。ダイナマイト・キッドやブラック・タイガー(マーク・ロコ)もそうなんですけど。それでボクもプロレスラーになろうとしたんですけど、その頃のプロレス界には身長規定があったんで、身体が大きくないとプロレスラーになれなかったじゃないですか。

    ――180センチでも小さい部類に扱われた時代ですね。

    ロビン いまだから話せるんだけど、ウルティモ・ドラゴン(浅井嘉浩)さんとは、名古屋のプロレスの追っかけ仲間だったんです。

    ――“同期の桜”だったんですか(笑)。

    ロビン いまはもう「浅井さん」と呼ばなきゃいけないんですけどね(苦笑)。ボクはそのあとレフェリー見習いとしてジャパン女子に入ったんですけど、ジャパン女子の道場にウルティモ・ドラゴンさんが練習に来ててバッタリ会ったりしてね。

    ――ロビンさんはまずジャパン女子からプロレス業界に潜り込んだんですね。

    ロビン レフェリー見習いといっても、なんでもやりましたよ。営業もやったし、事務所の雑用からなにから。もちろん巡業も付いていきましたし。

    ――では、ジャッキー佐藤さんと神取(忍)さんの伝説のシュートマッチ(https://www.youtube.com/watch?v=VuNjIVD5TDc)も……。

    ロビン 現場にいましたよ、ボク! 

    ――あ、そうなんですか!

    ロビン ボクは売店でグッズを売っていたんですけど、見ましたよ、あの試合!!(興奮気味に)。凄かったですねぇ、言葉をなくしましたねぇ……。ああいう試合を見たのは初めてでしたし、お客さんも凍りついてるんですよね。セコンドも泣いてるんです。すべてが異様な光景でしたねぇ。

    ――団体内にいてジャッキーさんと神取さんの2人の関係はどう見えていたんですか?

    ロビン 詳しくはわからなかったんですけど……あの試合の前にどこかの大会で、ジャッキーさんと神取さんが試合をやってて、それがちょっとおかしかったんですよね。「これはなんかちょっと……」というのはボクの目からでもわかって。そのとき神取さんは目をケガをしたのか、つらそうだったんです。その試合を思い出したましたねぇ。

    ――シュートマッチの“伏線”も目撃した、と。

    ロビン ボクは普段からジャッキーさんによくしてもらっていて。あの人はかつてビューティー・ペアとして大スターだったじゃないですか。それなのにボクらと一緒にポスター貼りをしたりしたんで感心したんですよ。「ジャッキーさんがそんなことまでやるのか」と。

    ――ロビンさんは神取さんとはどういう関係だったんですか?

    ロビン ボクはレフェリー見習いなので、道場でウエイトトレーニングもやっていて。そのときに神取さんと話す機会はありましたね。ボクは昔はもっと筋肉があったので、選手たちも「マッチョマン」みたいに言われていたんですよ(笑)。

    ――ロビンの前世は“ウルトラマンマッチョ”でしたか(笑)。

    ロビン ボクのプロレスの基礎を作ったのはジャパン女子なんですよね。あのときボクの周りにいた人たちは、あとでみんな団体の社長になってるんですよ。

    ――90年代多団体時代の源流になっていたという。大仁田(厚)さんもジャパン女子で復活したわけですもんね。

    ロビン そうなんですよ。大仁田さんが復活してグラン浜田さんと試合したときにいましたし。そのときに大仁田さんと知り合って「おまえプロレス好きなのか?いい身体してるな?」って言われたんですよ。ウエイトはずっとやっていたので。

    ――大仁田さんにも認められるウルトラマンマッチョだったんですね。

    ロビン あと新間寿さんと会ったときも身体つきを褒められましたよ!「おまえいい身体してるな。たけし軍団か?」って。

    ――ああ、たけしプロレス軍団が参入していた時期だったんですね(笑)。

    ロビン ウエイトはそれくらいしっかりやっていて。吉本興業の芸人に挑戦されたこともありましたからね。

    ――え? どういうことですか?

    ロビン これはロビンになったあとの話ですけど、吉本の芸人がボクにウエイトで挑戦するということで。ボクがそんなに大きくないからナメていたんでしょうねぇ。その頃ボクはベンチで160キロ、スクワット200キロ上げていたので。それを見てビックリしたみたいで……なんの話でしたっけ?

    ――大仁田さんとの出会いですね(笑)。

    ロビン そうそう。ジャパン女子がなくなって名古屋に帰ったあとも、東京には手伝いには来てたんです。大仁田さんがFMWを作ろうとしたとき大仁田さんの付き人みたいことをやってたりして。だからFMWのレスラー第0号はボクなんですよね。

    ――元祖・聖家族はロビンさんだったんですね。

    ロビン 大仁田さんにプロレス熱が戻ったときに「プロレスラーになりたいか?」って言われたんです。ボクもウエイトはしっかりやってて身体はできていたので「なりたいです!」と。

    ――ウエイトをやっていたかいがありましたね。

    ロビン 「格闘技の祭典」で大仁田さんが青柳館長と試合をしたときも現場にいたんですよ。

    ――あの伝説の異種格闘技戦!(http://gyao.yahoo.co.jp/player/01026/v00005/v0000000000000000011/

    ロビン あのときは大変でしたよ……青柳館長のセコンドについた空手家たちと乱闘をしてるんですよね。

    このインタビューの続きと、破壊王伝説、金原弘光、呪われたIWGP、ヤノタク、猪木快守、マキシモ・ブランコ、笹原圭一書評などの記事がまとめて読める「詰め合わせセット」はコチラ http://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar863994
     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。