• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブロマガ

  • 自分の好きを見極める方法(1,671字)

    自分の好きを見極めるというのは、簡単なようで難しい。なぜなら、こういうことがあるからだ。 自分の「好き」なことをしていても、それを周囲から評価されなければ、やがて人は後ろめたくなって、満足にその「好き」を続けられなくなる。それは、人間はやっぱりそれほど利己的には振る舞えないからだ。どこまでいっても他人の目が気になる。そして他人の目を気にするということも、自分が結局「好き」だからしている。だから、そこを蔑ろにすることはできないのだ。 そのため、自分の好きなことを見極めるときには、他者からの評価というものもある程度織り込んでおく必要がある。他者にも評価され、自分も好きなことをするしかない。 知人にYouTuberの女性がいるが、彼女はまさにそのタイプだ。もともと料理が好きで、料理の動画をアップしていたが、これが全く再生数が伸びなかった。そのため、次第に嫌になってやめてしまった。 そこで、今度は料理ほどではないが、まあまあ好きなガジェットの動画を上げてみた。すると、これの再生数がとても伸びた。おかげで、楽しくなってどんどんとガジェットの動画を上げるようになった。そうしたところ、視聴者も喜...

    4時間前

    • 0 コメント
  • なぜ勉強するのか?:その41(最終回)(2,031字)

    今なぜ勉強が必要なのでしょうか? それは、世の中が競争社会になったからです。勉強をしないのでは、すっかり生きていきづらくなりました。 少し前まで、人はほんの少しの能力でも生きていくことができました。例えば、駅の改札口で切符にハサミを入れる能力さえあれば、一生食いっぱぐれることはなかったのです。そういう、忍耐力を必要とするものの単純な仕事というのは、昔はたくさんありました。 だから昔の学校では、大人になって単純な仕事をこなすための忍耐力を養おうとしていました。成績を盲目的にテストの点数で判断していたのも、与えられたカリキュラムをどれだけ忠実にこなせるかということが、忍耐力を必要とする単純な仕事をこなす上では極めて重要だったからです。 また、レールから少しでも外れると、とたんに白眼視され、元のレールに戻されようとしていました。それもやっぱり、昔の学校にとっては忍耐力を鍛えることこそが、最も重要だったからです。 おかげで昔は、「なぜ勉強するのか?」という問いも必要ありませんでした。なぜなら、忍耐力を必要とする単純な仕事をする上では、自分の仕事に疑問を抱くことはかえって邪魔だったか...

    1日前

    • 1 コメント
  • [Q&A]新しく始められる利益率の高いビジネスはないか?(1,561字)

    [質問] ハックルさんいつもありがとうございます。 今の給料に満足しておらず、会社の他に、 ・マイクロインフルエンサーとしてのブランディング ・オンラインサロンやイベント ・ファッションSNSの立ち上げ などをしています。 キャパシティがまだあるので、他の利益率の高いビジネスができればと思っているのですが、何か良い案はありませんか? [回答] 電子書籍を書いてKindleで販売してみてはいかがでしょうか。 売れるのは簡単ではないですが、もしヒットしたら労力なしスケールし、レバレッジがめちゃめちゃ利きますので、やはり本以上の利益率の高いビジネスはなかなか考えづらいというのが今のぼくの心境です。 [質問] 最近上手に教えることについて考えております。 上手に教えることができると生徒の成果が出るので楽しめる、楽しめるとまた成果が出るという好循環が生まれると思います。 そこで先日ニコ生で岩崎さんがおっしゃっていた上手く教える方法というのを知りたいです。 質問コーナーだけでまとめるのは難しいと思いますが、よろしくお願いします。 [回答] 上手く教える方法というのはぼくも上手くできているわ...

    2日前

    • 0 コメント
  • これからどう生きたらいいのか?:第41回(1,561字)

    現代社会においては、結婚という生活形態を営むことは極めて困難になっている。そのため、多くの若者が非婚化し、独身のまま生活を送っている。 それはそれでもちろんいいのだが、しかし結婚そのものが持っていたさまざまな利点、例えば子供を産み、育て、他者との間にリレーションシップを築く、といったことまでもが失われてしまっている。 それはそれでもったいない側面がある。そのためこれからは、結婚という形態以外で、結婚の持っていた利点を引き継ぐような生活形態を模索する必要があるだろう。それこそが、これからどう生きるかということにおいて、最も大きなテーマの一つともいうことができる。 そして、そこで浮かび上がってくるキーワードは、ぼくは「ファミリー」ではないかと考えている。 「ファミリー」と英語にしたのは、あえてこれまでの日本の「家族」像と切り離して考えるためだ。そしてもう一つは、いわゆるマフィアのファミリーをイメージしているからでもある。 どういうことかというと、これからは血の繋がっていない者同士が、家族として暮らしていくことが重要ではないかと考えているのである。そしてマフィアのファミリーとい...

    3日前

    • 0 コメント
  • これからの時代に逞しく(楽しく)仕事をしていく上で欠かせないのはやはり知識と自分をよく知ることと演出力だろう(1,770字)

    最近ぼくが新しい生き方を模索しているせいか、「これからどう生きたらいいか?」という問いに接する機会が増えている。それは概念的な、広い、ある種の哲学的な問いのときもあれば、「どのような仕事をすればいいか」という具体的な問いのときもある。 そして後者の場合に、ぼくは以下のような返答をしている。 「それを知るには3段階ある」 そして、その3段階とは以下のようなものである。 1.現代社会を知る 2.自分の好き(得意)を見極める 3.お金を気持ちよく支払ってもらうための演出をする まず1だが、これは一見当たり前のことのようにも思えるが、実際に実行するのはなかなか難しい。なぜなら、それは生半可なことではないからだ。 例えば今、出版界が斜陽している。それは誰にでも分かることだが、それに加えて「今後どのように斜陽していくか」といった、ある程度の未来予測もしていかなければならない。なぜなら、誰にでも分かる現状を知るだけでは差別化要因にならず、実際の仕事にはほとんど役に立たないからだ。 そこで実際に予測をしてみると、例えば「これからの出版界で一番先に倒れるのは書店、次いで取次だ」という考え方が導...

    4日前

    • 0 コメント

Twitter

生放送

スタッフからのお知らせ

2014/01/30 11:01

Q&Aのメールを募集中です。

このブロマガでは、毎週水曜日にみなさまからの質問にお答えするQ&Aのコーナーを設けています。
そのコーナーへの質問を、随時受け付けていますので、ぜひメールでお送りください。
huckletv@gmail.com
チャンネル会員さんでなくても質問できます。みなさまからのお便り、お待ちしています!