• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブロマガ

  • 現代ビジネスモデル考(2,061字)

    ライザップというのはなかなか面白い企業である。最初はダイエットからスタートしたが、今はゴルフや英語教室にも手を伸ばしている。それはライザップという企業が、自分たちの長所は「結果にコミットする」であるということをしっかりと自覚しているからだ。自分たちの事業は何か、という質問にしっかりと答えられている。 ダイエットもゴルフも英語も、別にお金をかけなくてもできる。また、したいと思っている人は多い。 しかしながら、それをしない人――いやできない人は多い。なぜなら、面倒くさいからだ。なんでも、ダイエット・ゴルフ・英語は「三大三日坊主」といわれているらしい。多くの人が、したいと思っていてもなかなかできないのである。 「したいと思っていてもできないことをできるようにする」のがライザップのビジネスだ。だから、別にダイエットでなくてもかまわないのである。 これは、実に現代的なビジネスであり、ライザップがこの考えを突き詰めていけば、さらに大きなビジネスチャンスが広がるのではないかと考える。 ライザップは、個人トレーナーがつき、密に連絡をくれ、それによって成果が上がるような仕組みになっている。この...

    5時間前

    • 0 コメント
  • これからの働き方の本質は絵の描き方にある(1,876字)

    今、『アニメプロデューサーになろう! アニメ「製作(ビジネス)」の仕組み』という本を読んでいる。まだ途中だが、とても面白い。この本は、単にアニメ業界にとどまらず。これからの社会を生きていく上での参考書となるだろう。 アニメプロデューサーになろう! アニメ「製作(ビジネス)」の仕組み - Amazon どう参考になるかというと、この本の著者が福原慶匡さんという『けものフレンズ』などのアニメを手がけたプロデューサーなのだが、彼の知識や考え方、仕事への姿勢が、これからの社会に必要だし、また武器として強いと思わされるからだ。 これからの仕事で必要なのは、「絵を描ける」という能力である。 「絵を描く」というのは、「これとこれを組み合わせればビジネスになるな」ということを考えられる力のことだ。いわゆる「ビジネススキーム」を「絵」という。ビジネススキームを構築できることを「絵を描ける」というのだ。 絵を描くためには何が必要か? いくつかあるが、大きく5つ、以下に書き出してみたい。 1.「絵の具」 2.「筆」 3.「観察力」 4.「技術」 5.「プレゼン能力」 だいたい、これらに収斂されるのではない...

    3日前

    • 0 コメント
  • なぜ勉強するのか?:その25(1,587字)

    人間の脳は、そもそも曖昧さに対応するよう作られています。そのため、厳密なものごとを処理するのは苦手なのですが、しかしそれは、逆に利点が多いことでもあるのです。 例えば、曖昧な脳は人の顔を判別するときに役立ちます。 そもそも、人間の顔というのは毎日少しずつ違っています。髪が伸びたり、体重の増減があったりするからです。 そのため、もし人間の脳が厳密だったら、同じ人でも昨日と顔が少し違っているので、「違う人」と認識してしまう危険性があります。その意味で、厳密さは融通が利かないところがあるのです。 しかし人間の脳は、ものごとを厳密に判断しません。それよりも、曖昧さを重視しています。 ですから、昨日と多少違っていても、「似ている」という曖昧さを感知できるため、同じ人だと判断することができるのです。 人間の脳は、そもそもキャパシティに限界があります。そのため、顔を正確には覚えられません。その人の顔にほくろがいくつあるかを正確に記憶している人は、ほとんどいないでしょう。それは、記憶「しない」というより「できない」のです。 そのため、人の顔を見るとき、人間の脳はその要素や構造を抽出します。例えば、おで...

    4日前

    • 0 コメント
  • [Q&A]なぜ推理できるのか?(2,608字)

    [質問] 私は学校で教員をしています。年配の先生でクラスでの生徒指導が甘めの方がいます。「生徒を信じましょう」と言うのですが、それは見守る姿勢というより放置に近いです。 生徒の実情をあまり見ていないまま理想的なことを言う、まあ机上の空論なわけです。そして生徒がトラブルを起こしても対処することができません。尻拭いは別の先生がします。 しかし、その先生に対して「生徒のことを信用できない先生だ」とおっしゃいます。愚痴になってしまいました。色々な人がいていいのですが、こういう先生がもう少し生徒指導をしっかりするということは、ないのでしょうか? [回答] 難しい問題ですが、ぼくも基本的には放置の方がいいと思います。ぼくの人生でも、熱心に指導すると良くない結果を生み、逆に放置をすると良い結果が生まれてきたようなことが多いと感じています。 生徒を信じるというのは、その生徒が問題を起こしたり、最悪人殺しをしたりしてもいいとまで腹をくくることです。こういうと全く無責任のようにも聞こえますが、ぼくは殺人を起こすというのも一つの選択だと思っています。社会がそうさせるというよりは、本人が望んでそうして...

    5日前

    • 0 コメント
  • これからどう生きたらいいのか?:第25回(1,762字)

    人類――とりわけ日本人は、急激な人口爆発の後、人口減少に転じた。この間、わずか70年ほど。そのため、人口爆発の時代を生きた人がまだ大勢残っている中で、人口減少が起きている。 そうなると、問題が一つある。それは、人口爆発の時代の人々の価値観が、まだ人口減少の時代を生きる若い人々に強い影響力を及ぼすということだ。彼らの価値観が、これから子供を生もうという若者を強く縛る可能性がある。 現在の結婚を巡る混乱は、それが原因で起こっている可能性が高い。 現代の結婚の問題が一番端的に表れているのは、いわゆる「婚活」だ。婚活に参加する多くの男女が大きなアンビバレンツに苛まれている。彼らは、「結婚したい」という気持ちと「結婚したくない」という気持ちの狭間で揺れているのだ。 なぜなら、彼らの「結婚したい」という気持ちのうち、その多くが「世間体」を鑑みてのものだからである。結婚していないと社会的に問題があるという考えから、結婚しなければと半ば強迫観念にも似た気持ちを抱かされている。 それは、彼らが周囲――特に人口爆発を経験した上の世代から強いプレッシャーを受けているからだ。「結婚し子供を生まなければ...

    6日前

    • 0 コメント

Twitter

生放送

スタッフからのお知らせ

2014/01/30 11:01

Q&Aのメールを募集中です。

このブロマガでは、毎週水曜日にみなさまからの質問にお答えするQ&Aのコーナーを設けています。
そのコーナーへの質問を、随時受け付けていますので、ぜひメールでお送りください。
huckletv@gmail.com
チャンネル会員さんでなくても質問できます。みなさまからのお便り、お待ちしています!