• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 『君の名は。』は新海誠監督がこれまでの弱点を上手く解消した彼の最高傑作だと思う(1,797字)

    2016-08-29 06:0017時間前
    『君の名は。』を見た。
    ここからは、なるべくネタバレなしの感想を書きたい。


    まず、面白いか面白くないかでいえば、とても面白かった。
    ぼくは、最近「映画とは何か?」ということを考える中で、面白さの比重として「映像」が非常に大きいと感じるようになってきた。たとえシナリオが良くても、映像が良くなければ見ていて面白くない。その逆に、内容が面白くなくても、映像に見応えがあれば面白く感じてしまう。

    その意味で、新海誠監督の映画はまず大きなアドバンテージがある。彼は映像作りにかけては当代一で、もはやそれに疑問を差し挟む人はいないだろう。特に、星の光や空、空気などの表現が抜群に上手く、見ていて引き込まれる。彼自身も、自分にそういうアドバンテージがあるのは十分分かっているから、いつもそれを活かした映画作りをする。

    ただ、新海監督には弱点もある。それは、大きく二つある。

    一つは、物語の構造が弱いところ。内容がいつもふわふわしている。
    だから、ツッコミどころがいくらでも出てくる。破綻が目につくから、映像が良い分だけイライラさせられることもある。

    もう一つは、主人公である男性の眼差しが、女性には受け入れがたいということだ。別の言い方をすると、女性が描けていない。男性の従属物のような描き方になってしまっている。

    だから、新海監督は女性受けがとても悪い。ぼくは以前、アニメ好きの女性に『秒速5センチメートル』のDVDをプレゼントしたことがあるのだが、彼女はちっとも面白くなかったと言い、代わりに彼女の兄が喜んで見ていたそうだ。

    ぼくも男だから、それまでは新海監督のその弱点に気づけていなかった。しかしこの件以来、確かに女性の眼差しで見ると女性の描き方が鼻につくようになってきたので、かなり気になるようになってしまった。

    そんなふうに、新海監督はその強烈な武器と同時に大きな欠点も有しているのだが、そのことが、彼の映画が一方では高い評価を受けながらも今一つメジャーになりきれなかったり、あるいは毀誉褒貶が喧しかったりすることの大きな理由となっていた。

    ところが、今作ではそんな彼の弱点が上手く解消されていて、映画として非常に完成度の高いものになっている。
    まず、その映像表現がますます進化していて、見ているとそれに圧倒されるので、この言い方はなんだが、シナリオはどうでもよくなるところがある。物語の破綻を圧倒的に凌駕して、映像の美しさが迫ってくるから、見ている間はそれが気にならない。

    確かに、後から考えると破綻もなくはないが、しかしながら今作は、何よりも物語が成り立っているところが大きな進歩だ。ちゃんと筋というものが通っていて、着地点に向けて興味を持続させられる。

    これはちょっとネタバレ的になるが、この映画のシナリオは、前半はもたもたしている。出足でちっとも客をつかんでいない。有り体に言って、最初のところは面白くない。
    ぼくは、この時点では「また新海監督の悪い癖が出ているのかな」と眠くなってしまったくらいだ。

    ところが、中盤になって突如物語が動き出し、一気に面白くなる。この意外性が大きすぎて、ぼくは眠気も吹き飛んだ。
    おそらく、新海監督自身も物語の弱さは自覚していたのだろう。今作は、それを逆手に取ったわけではないだろうが、初めは従来の深海節でスタートしておきながら、途中でそれを一挙に捨て去ることで、観客を驚かせることに成功している。特に、これまで新海監督の映画を見てきたファンは大きな驚きだったのではないだろうか。

    もう一つの、女性の描き方が鼻につくところも、大きく改善されていた。これは、主人公の一人に女性を据えたことが大きな効果をもたらしている。
    これまで新海監督は、女性を主人公にすることがなかなかできなかった。それが、今回はもう一人男の子の主人公がいるとはいえ、女の子を主役に据えることで、新たに女性側からの視点を獲得した。これによって、従来からの弱点を完全に払拭したとはいえないまでも、大きく軽減することに成功している。ぼくなどは、男の子が出てくるところよりも、女の子が出てくるところの方がずっと面白く感じた。

    そうして今作は、1800円以上の価値を持った内容となっている。ぼくは、人から見るか見ないかを問われたら、文句なく見ることをおすすめする。特に、もともとの長所である映像表現は、これを見るだけでも価値があるといえるくらいだ。
  • 台獣物語31(1,975字)

    2016-08-27 06:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    昼食と昼寝を挟んで午後三時から、再びトレッキングに行くことになった。合宿所に集まった未来のヲキやトモたちは、それぞれ山歩きの格好をして、近くの野山を歩いた。
     これの引率には、藤堂先生と朝倉先生の二人がついた。藤堂先生が先行して、朝倉先生がしんがりを行く形だ。
     トレッキングは、あくまでも野山を歩くだけだから、ぼくは最初、ほんの散歩間隔でスタートした。ところが、ただ目的地も知らされないまま黙々と歩いていると、すぐにバテてしまって、ぼくはいろんな考え事をするようになった。
     それは、合宿所に来てからのことだったり、これまでのことだったりした。特に、ぼくのパートナーであるエミ子のことについて考えていた。
     この合宿所に来てからのエミ子は、明らかにこれまでとは様子が違った。これまでより積極的になったのはもちろんだが、これまでは出さなかった知られざる側面が顔を出すようになった。
     特に、朝に見せた人を殺す顔
  • 週末に見たい映画#53『シン・ゴジラ』のモデルになった『日本のいちばん長い日』(2,405字)

    2016-08-26 06:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    『シン・ゴジラ』のモデルが『日本のいちばん長い日』ということで、この作品を見てみた。そうしたところ、想像以上に共通点があったので、とても面白く見た。

    庵野秀明監督は、『シン・ゴジラ』撮影開始直前の打ち合わせで、スタッフたちを前にして「面白い日本映画を目指してやっていきたい」と語った。これは、彼の中に明確な「面白い日本映画」像があったからだろう。そしてそれは、この『日本のいちばん長い日』をイメージして言ったはずだ。それほど、この作品は「面白い」のだ。

    では、『日本のいちばん長い日』はどのように「面白い日本映画」なのか?
    今日は、そのことについて考えてみたい。


    庵野監督は、面白い「映画」ではなく、あえて面白い「日本映画」といった。そこには、『日本のいちばん長い日』に、外国映画にはない面白さがあると考えたからだろう。だから、『シン・ゴジラ』のモデルにしたのだ。

    では、『日本のいちばん長い日』にあ