• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • [Q&A]日本のデザインはなぜダサいのか?(1,738字)

    2017-08-23 06:0015時間前
    1080pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    [質問]
    連載でエンタメ業界の3人を挙げて日本の美的センスを考察されてましたが、工業製品、メーカー企業で論じるべきところはありますか? やはりソニーでしょうか? 自動車はどうでしょう? よく言われるようにデザインがダサいのはなぜですか? 確かにアメリカのクラシックカーはいまでも日本で乗れますが、日本製のは無理ですよ。これは喩えるならアップルとマイクロソフトの差ですか?

    [回答]
    メーカーでいえば昔のソニーは良かったですね。2000年頃はVAIOを使っていました。というより最近まで使っていました。
    余談ですが、カメラは今、ソニーが圧倒的な1位ですね。一時期GoProに押されたりしていましたが、きっちり逆転してさすがだなと思いました。デザインも申し分ないです。

    しかしそんな中、DJIを筆頭に中国のカメラメーカーの躍進もすごくて、ソニーも安閑としていられないと思います。DJIもデザインがいいんで
  • お金の話:第6回「お金の魔力とは何か?」(1,649字)

    2017-08-22 06:00
    1080pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    「感覚がだいじ」というのはよくいわれる信条である。かのスティーブ・ジョブズもいっていた。

    しかしながら、ことお金に限っていうとこの信条は失敗するケースが多い。なぜかというと、お金というのは基本的に道具であるが、同時に虚構でもある。お金は、みんなが「このお金を使ってものを交換できる」という虚構を信じていて、初めて成り立つ制度だ。
    そのためお金は、そもそも人を騙しやすいようにできている。おかで、直感に従ってしまうと、かえって虚構に深くハマってしまうのだ。

    例えば、お金は単なる道具であるにもかかわらず、人はそれに振り回されやすい。一方、フライパンも道具の一種だが「フライパンに振り回される人」というのはあまり聞いたことがない。しかし、「お金に振り回される人」というのはよく聞く。同じ道具なのに、両者には雲泥の差がある。

    ではなぜ差が生まれるかというと、もちろん機能が違うからというのが大きいのだが、た
  • ここ一週間の二つの炎上について(2,100字)

    2017-08-21 06:00
    1080pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    ここ一週間のうちに二つの印象的な炎上があった。

    まずVALUにおけるヒカル氏の炎上。
    詳細は省くが、ぼくはそれまでVALUというものに全く興味がなかった。しかしヒカル氏が炎上したので、いろいろと考えてみた。

    なぜ興味がなかったかといえば、リターンがないからだ。例えばぼくがAさんという人に興味を持ってその株を買ったとする。そのお金はAさんのもとに行くが、行ったきりで戻ってくることはない。そのためAさんと手数料を取っているVALUにタダでお金をあげたことになる。

    それに対して、意味が分からなかった。
    なぜタダでお金をあげなければならないのか?

    VALUの運営側は、そこには寄付や援助の意味があるという。しかし寄付や援助なら、弱い人、恵まれていない人にするべきだ。
    ところがVALUは、強い人、恵まれている人にこそお金が集まるような仕組みになっている。

    なぜかというと、強い人、恵まれている人は将来株