• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 思想を持つということは(1,764字)

    2017-03-24 06:0013時間前
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

  • 「きみは勉強ができないんじゃない、勉強の仕方を知らないだけなんだ」第3回(2,145字)

    2017-03-23 06:002
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    「勉強ができる」というのは、「物事を習得している状態」だと言い換えることができる。例えば「算数ができる」というのは、「算数というものをよく習得している状態のこと」だ。
     だから、算数をよく修得するようになれば、即「算数の勉強ができる」という状態だということができる。要は、算数さえ修得してしまえば、「勉強ができない」という問題は解決されるのだ。

     しかし多くの人にとって、自分が苦手だと思うものを習得するのには時間がかかる。「算数が苦手だ」と思う人は、算数の修得にも苦手意識を感じ、結果として算数を修得できずに終わってしまう。そうして「算数の勉強ができない」という状態に陥る。

     だから、一つのネックになっているのは「算数を苦手に感じること」なのだ。この「苦手意識」が、実は一番の妨げともなっているのである。問題は「苦手意識」そのものにあるのだ。

     では、人はなぜ苦手意識を持ってしまうのか?
     その
  • [Q&A]大学卒業式前後に何をしていましたか?(1,951字)

    2017-03-22 06:00
    108pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    [質問]
    そろそろ大学の卒業式シーズンです。よろしければハックルさんの大学時代卒業式前後のことを聞かせて下さい。

    [回答]
    大学卒業式前後のことですか。
    実はこのことはあまりお話ししたことがありません。話せば長いのですが、なるべく簡単にご説明いたします。

    ぼくは大学四年生のとき、これからどうしようかと悩んでいました。
    大学は卒業することは決まったのですが、建築関係の仕事に就く気はない。高校時代からの憧れだった秋元さんの弟子になりたい気もするけど、正直志願から五年が経過しており、少し気持ちも薄れていました。

    また、これまで勉強で頑張ってきたことの疲れもあって、結局浪人しようということに決めたんです。もっというと、その頃NHKで放送された『最底辺』というドキュメンタリー番組に影響され、日本の最底辺が見たいと思ってドヤ街で肉体労働することを計画していたりしましいた。その頃『ボーダー』というマンガ