• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

[号外]「#どうして解散するんですか?」が人々を苛立たせた本当の理由(2,045字)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

[号外]「#どうして解散するんですか?」が人々を苛立たせた本当の理由(2,045字)

2014-11-23 12:00
  • 14
「#どうして解散するんですか?」というサイトと、それを製作した責任者の青木大和氏、それに、実際にサイトを組み上げたTehu氏が炎上した。ぼくは、青木氏とは面識がないが、Tehu氏とは親しくさせてもらっているので、あえて「Tehuくん」と書かせてもらうが、今回の炎上は、おそらく2人がなぜ炎上したかを理解していないと思う。それが興味深かったので、書かせてもらうことにした。

4c0d824bc81712ad7d3e9a322df80ee667603ab7

2人が炎上した理由は、「小学生4年生を騙った」からではない。それはきっかけに過ぎない。本質的な理由は、その奥にある。

2人が炎上した真の理由――それは「人々を苛立たせたこと」だ。
では、どういう理由で苛立たせたのか?
それは、2人が「多くの大人は政治に関心がない」と勘違いしているところだ。それに苛立たされたのである。その理路を説明したい。


実際問題として、ほとんど全ての日本人は、当たり前のように政治に関心がある。そして、それがゆえに、「選挙」に関心を示さない人たちが大勢いる。彼らは、政治家の行っている政治にも、関心を示さない。これを説明するのはちょっと難しいのだが、選挙や政治家の行う政治に無関心でいることは、「実に政治的な態度」なのである。

喩えていうなら、「イジメを見て見ぬ振りをする同級生」のようなものか。
イジメを見て見ぬ振りをする同級生の心情というのは、イジメに荷担するつもりはなくても、「イジメられるやつが嫌なやつだ」というのは本音の部分で思っている。だから、イジメられるのは致し方ないと思って、助けない。そうして、ただ見て見ぬ振りをする。希望をいえば、イジメられているやつが改心して、嫌なところを直し、イジメがなくなればいいと思っている。

しかしそれは、口に出してはいわない。なぜかというと、イジメられているやつに「改心しろ」などと言ったら、イジメに荷担したことになるからだ。それは避けたい。それで、その人にとって最善の政治的な態度として、「見て見ぬ振り」をするのである。もちろん、中には「イジメている人が怖いから見て見ぬ振りをする」というケースもあるだろうが、それは少数だ。ほとんどは、「イジメられているやつも悪い」と思っているときに、見て見ぬ振りが行われるのである。

ところが、そういう状況で「イジメは良くない」と薄っぺらな正論を吐き、先生に告げ口するやつが現れると、人々はどう思うのか?
それは「余計なことしやがって」と思うのである。そして、とても苛立たされる。なぜなら、そういう正論吐きには、面と向かって反論できないからだ。

しかも、そういう正論吐きはたいてい行動をエスカレートさせ、見て見ぬ振りをしていた生徒たちに向かって「おまえら恥ずかしくないのか? それはイジメに荷担していることになるんだぞ!」と糾弾したりする。それは、一面では事実だから否定もできず、なおさら苛出される。そうしてそこに、拭いようのない「恨み」が残る。

その恨みが、人々の心に「いつか見てろ」という復讐心を植えつけるのだ。そうして、その正論吐きがちょっとしたルール違反を犯したときに、こぞって反撃に転じる。吊し上げて、積年の恨みを晴らすのである。

Tehuくんはどうか知らないが、青木大和氏が「多くの人が政治に無関心だ」と勘違いしていることは間違いないだろう。
それは、彼が作ったNPOの名称である「僕らの一歩が日本を変える。」――を見ればよく分かる。ここには、言外に「僕ら以外の一歩は日本を変えない。」という偉そうな態度が、隠しようもなく滲み出ているのだ。

さらに、彼の謝罪コメントにあった「僕は、これだけ多くの人が社会のことや政治のことを考えていることに少しホッとしました」というメッセージにも、いわゆる「上から目線」が見受けられる。その偉そうな態度が、何より人々を苛立たせる。

青木大和氏は、端的に言って「嫌なやつ」なのである。しかも、自分が嫌なやつだということを知らず、今なお反論できない形で誤った正論を吐き続けている。
彼が今知るべきは、「選挙に関心を示さないのは、政治に関心を示さないのとイコールではない」ということだ。そして、「選挙に行かないのは、意識が低いからではない」ということだ。
さらに、「自分は偉そうで上から目線の鼻持ちならないやつ」ということも知った方がいい。炎上したのは、単純にそれが理由なのだ。

おそらく、青木大和氏には「ヘヤカツ」が足りないのだろう。ヘヤカツさえしてれば、ここまで嫌なやつにはならなかったはずだ。もし会う機会があったら、ぼくは3冊のヘヤカツ本を彼に贈りたい。そうして、嫌なやつからの脱却を目指してもらいたい。

「ヘヤカツ」とは、「部屋を活性化することで人生をより良い方向へと導くメソッド」だ。これを読めば、彼もきっと嫌な人間ではなくなり、多くの成果をあげられるようになるだろう。

d0048b47f95af2cf976c9d01b9ed22376f7097e0
「部屋を活かせば人生が変わる」


cd415be585aba55bf21333b7367c395e57f4bf43
「部屋を活かせば頭が良くなる」

eae9b9916c19e29015e3b233f6b8e28c06d5e1cb
「50からの老いない部屋づくり」


こちらの動画もご参照ください!
YouTubeチャンネル「ハックルテレビ」ヘヤカツ動画集


次回のニコ生はこちらです!
【ニコ生(2014/11/24 19:00開始)】岩崎夏海のハックルテレビ#108「解散について考える」

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
ハックルベリーに会いに行く
更新頻度: 月-金の毎日
最終更新日:
チャンネル月額: ¥864 (税込)

チャンネルに入会して購読

他4件のコメントを表示
×
後半爆笑した..
24ヶ月前
×
前半はなかなか読ませる文章だったのに最後宣伝かよ。
バラエティ番組の告知みたいになってるぞ。
24ヶ月前
×
宣伝はともかく面白い。
24ヶ月前
×
炎上商法の可能性もあるから彼が本当に嫌なやつだったかを
本を渡す前に確認したほうがいいですよ。
24ヶ月前
×
ダイマなオチでワロタ。
24ヶ月前
×
ネット世論は、「いじめかっこ悪い」だから例えがよく分かりませんでした
ご自身が苛められた経験が元でしょうか
そもそも、そんなに苛立っている人々がいたのか疑問です

岩崎氏が人々を苛立たせる本当の理由は何でしょうか?
24ヶ月前
×
唐突な自著の宣伝に草生える
24ヶ月前
×
理由わかりました。
ご自身のことなんですね…

岩崎氏は「いじめられるやつが悪い」という考えをお持ちのようですが
そんなに自分を責めなくてもいいと思いますよ

頭でっかちで、生きていくのが辛かった
誰も助けてくれなかったのに、ネットでは「いじめは悪い」ことになってる
それが岩崎氏が苛立つ且つ人々を苛立たせる本当の理由である
24ヶ月前
×
子供をダシに使ってさらに謝罪文で言い訳するとはどうしようもない嘘つき野郎だ。

しかし
僕らが1歩踏み出せば→日本が変わる が正しいときは
日本が変わらないときは→僕らが1歩踏み出してない が正しくなるというのが論理学じゃなかったかな。

だから>僕ら以外の1歩は日本を変えない、というのは単なる感想だろう。わかるのは作者が苛立ったことだけ。

さらにいじめを黙認してるやつは政治的な態度をとってるんじゃなくて責任負うのが嫌なただの無責任な人です。
いじめてるやつにも、いじめられてるやつににも平等にダメ出ししてくださいw

嘘つき野郎を、詭弁家がいじめていたようなので上から目線で平等にダメ出ししてみるw
24ヶ月前
×
苛立ってなんかいませんよ。怒り心頭なんだよォォォォォォォォ!
24ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。