• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【後編】タイムアタックも、対戦も、『ぷよぷよ』も!?『ソニックマニア』ついに配信開始!

    2017-08-16 12:33
    b55203c14cf24bf634872108e4a9fb9c9eca0ecf
    ソニックマニアによるソニックマニアのための、『ソニックマニア』! 懐かしくも新しい、2DクラシックシリーズのソニックがNintendo Switchダウンロードソフトとして帰ってきました!


    8d85d7defedf1c8e847c6d9bca5add34d88521151aecfdd936b874d68c9f4f2e3be340bbe1729cb0
    a72e4babaa2f70fe8f5596daf8d47f96d6dfb2769b609f667fa60f048b6978bbb114daa07c6a3e47

    Nintendo Switchでついに配信となった『ソニックマニア』。懐かしいドットテイストながら美しく、そして新たなルートも加わって生まれ変わった往年の名ステージ、色鮮やかで新鮮なギミック満載の新規ステージなど、たくさんの“マニア”が喜ぶ要素が満点。
    クラシックシリーズを遊びこんでいた“マニア”には懐古の喜びに震え、また私のような比較的新参の“マニア”なら見たこともない新たなステージとして楽しめる内容になっています。

    さて、こちらの記事では前回のモード紹介に引き続き、“ストーリーモードを遊んでいると出会える見どころ”をご紹介していきます。「ぷよっとしたアレ」についてはラストに!




    【もちろんあります、「ボーナスステージ」&「スペシャルステージ」】
    『ソニック』ならやはりこちらも欠かせないであろう、ステージ中に隠されたお楽しみステージ。
    「ボーナスステージ」はステージ中に取得できるリングを25個以上持っている状態でポイントマーカーを通ると出現する「光の輪」から入ることができます。
    9bb83ea81ed9316d9d7a6cd08d0d3f2dd9b0a2ab
    ステージに突入すると…

    42659ce595bcb7158578fe7c82cc9d6debf9b54a
    なんということでしょう! 突然ステージが3Dに大変身したではありませんか!(ただよう昭和感)

    b14ba05f9b02fc17e73f28e3e4ac6e11e3ca91b4
    マップ上にあるブルーボールにすべて触れてレッドボールやリングに変えることでクリア。ある特別なごほうびがもらえます。『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』と『ソニック&ナックルズ』で楽しめた「スペシャルステージ」と同じ内容なので、両作品を遊びこんだ“マニア”は懐かしくてしかたがないはず。レッドボールに触れてしまうと即終了、というヒリリとした緊張感も醍醐味です。


    一方「スペシャルステージ」はステージ中に隠されているビッグリングの中に入ることで遊べます。

    655e968d481f4c41537e18f99ef0bb64a04e93fc
    ちょっとでかすぎやしませんか。

    4b7a4d58e56abd97af51fc29cd78f09da58f3a0a
    こちらも突入すると…なんということでし(省略)
    こちらは3D空間でUFOと追いかけっこ。制限時間内にUFOに追いつければ、“ソニックマニア(人)”ならピンとくる「カオスエメラルド」が手に入ります。

    f8191435d4739b9c65275ed0630b5c0c782eab6ca6903cf4c04096ff14a96e90d444e196aaec5514
    ポイントは道中に配置されたアイテム。ブルーボールを取ればゲージがたまり、たまりきると速度が1段階アップ。そしてリングを取ると制限時間が延長されます。
    リングを取って時間を引き延ばしつつ、ボールでスピードを上げることが追いかけっこを制する道なようです。
    入手できるカオスエメラルドは7つ。7つすべて入手すると…その先は自分の目で!




    さて、最後にご紹介するのが「ぷよっとしたアレ」について。(お待たせしました!)


    【『ソニックマニア』で“レッツ、ぷよ勝負”!?】
    長ったらしい前置きはなし、早速お見せしましょう、ドン!
    71ad442748133523970092a16a0c175513b30b3f
    …これ、『ぷよぷよ』の画像ではありません。正真正銘『ソニックマニア』の画像です。

    これは「ケミカルプラント」ゾーンのAct2のボス戦の様子。「ケミカルプラント」は1992年にメガドライブで発売された『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』に登場した、化学工場がモチーフの代表的なゾーン。今回『ソニックマニア』で生まれ変わるにあたり、ゾーン構成やギミックが再構築されているのですが…。ちょっと変わりすぎてびっくり(笑)。
    Act2の最後のボス戦として、エッグマンとのぷよ勝負で対決します。

    64965f9d9188cc0170735b58d16f429e4548249b584cfef6475bf044148e38a14c5e3f59a58e878a

    『ぷよぷよ』は『ソニック』と同じ年に第1作が発売され、『ソニック』シリーズ同様人気を博するパズルゲームですが…なぜこんなコラボが?と疑問に思う方もいるかもしれません。
    実は北米・欧州ではその昔『ぷよぷよ』が、アルルやサタンなどのお馴染みのキャラたちではなく、ソニックのキャラクターたちが登場するゲームとして発売されたという歴史があるのです。その名も『ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン』。ルールは『ぷよぷよ』が基になっていますが、ぷよは豆(ビーン)とされていて、ビーンたちを誘拐しロボットに改造しようとしするエッグマンの野望を打ち砕くために戦う…という内容でした。
    (エッグマンのやる悪事はどの世界でも変わらないんですねぇ…)

    33c5a1de53c69191145fc238e9a2a1b8ef5c0cd9
    ソニックとエッグマンに合わせて台座の高さが違うところに、細かなこだわりを感じますね。
    悔しがるエッグマンがなんだか可愛い…(*´ω`*)

    と、お話が長くなりましたが、要するにこのボス戦はこの『ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン』のオマージュなわけです。それにしても横スクロールのバリバリアクションで突然落ち物パズルが始まるんだから…かなりシュールですね!(笑)
    しかし『ソニック』『ぷよぷよ』シリーズ両方のファン、ともすると『ドクターエッグマンのミーンビーンマシーン』ファンにも嬉し楽しいおまけになっているわけです。



    ******************************************
    “マニア”なら垂涎どころか嬉しくて小躍りしてしまいそうなお楽しみが満載の『ソニックマニア』。
    もちろん、基本操作は「移動(ダッシュ)」と「ジャンプ」だけのシンプル仕様なので、『ソニック』シリーズが初めての人にも楽しめます。
    魅力いっぱいの『ソニックマニア』、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。


    ソニックマニア公式サイト
    http://sonic.sega.jp/SonicMania/
    by **こあら**
    ©SEGA

  • 【前編】タイムアタックも、対戦も、『ぷよぷよ』も!?『ソニックマニア』ついに配信開始!

    2017-08-16 12:322
    4fee00c06d3c3b2f4c67ede01620dc1921ac844c
    ソニックマニアによるソニックマニアのための『ソニックマニア』! 懐かしくも新しい、2DクラシックシリーズのソニックがNintendo Switchダウンロードソフトとして帰ってきました!
    とテンション高めで登場しました、みなさまお久しぶりです。ソニックファンの編集部こあらです。(まだ“マニア”は名乗るには恐れ多い~。目指せ“マニア”!)

    6be4c6b71cf0897f47fbd7f0fcab8ffaa846c598357dcb41171598e73bf40b54244d1e47133fd8a7
    e9632f514d1f28910a2c34708685e9bdd647ce6ffd0482fe76df4424ac94b34cb36f8358335f3125

    Nintendo Switchでついに配信となった『ソニックマニア』。懐かしいドットテイストながら美しく、そして新たなルートも加わって生まれ変わった往年の名ステージ、色鮮やかで新鮮なギミック満載の新規ステージなど、たくさんの“マニア”が喜ぶ要素が満点。
    クラシックシリーズを遊びこんでいた“マニア”には懐古の喜びに震え、また私のような比較的新参の“マニア”なら見たこともない新たなステージとして楽しめる内容になっています。

    そんな本作ですが、今回はストーリーモードだけではない、より『ソニックマニア』を“マニアック”に楽しめるさまざまな要素をご紹介します。



    【己の限界に、そして世界に挑め!「タイムアタック」】
    fc5e321a5ba88a2209203d2fc87cf1be84e75e10781aa36c86fde8c2c191135d8c74f70f446ec58f708e292c3681079646f05de90e9f02761e95d504
    『ソニック』といえば欠かせないのがこの「タイムアタック」モード。スタート地点にあるポールを通ってからゴールのポールを通過するまでの時間を計測。累計トップ3までのタイムが記録され、各ステージのキャラクターごと(ソニック・テイルス・ナックルズ)に世界中のプレイヤーとタイムを競うことができます。まさに“スピードマニア”のためのモード!

    このモードで特にうれしい新機能が「クイックリトライ機能」。
    adf9a2583f0cce90ca22320169a56a90e7e93eb1
    たとえばタイムアタック中にどこかのバネに引っ掛かり「ああこれはもう最速タイムにはならない、やりなおし!」と思ったときに、ポーズ→リスタートを選ぶ→ロード…と操作するのは結構面倒ですよね。そんなイライラを解消するのが「クイックリトライ機能」で、プレイ中にXボタンを押し続けることですぐにタイムがリセットされた状態でスタート地点に戻れます。ロード時間はなし! 何度も何度も挑戦するのにうってつけな機能なのです。



    【タイムが命!…なだけじゃない!?「対戦モード」】
    9a63510fcdb83c30cbae6a50503d76e4d8cd21404e70da5ed034b056d96f2c0f7645da3f97f6b968
    ストーリーモードでは2人協力プレイが楽しめますが、「そんなんじゃヌルい! アツく対戦したいんじゃぁ!」という“対戦マニア”にうってつけなのがこのモード。上下分割のシンプルな画面で、勝敗を競い合います。キャラクター選択のほか、出現アイテムやラウンド数などの設定も可能です。

    この対戦モードのミソは、題名の通り「タイムだけで競うのではない」こと。「クリアタイム」以外にも「スコア」「クリア時に持っていたリングの数」「ステージ全体での取得リングの総数」そして「アイテム取得回数」の5つの項目があり、それぞれで勝敗を比較。相手よりも勝った項目が多い方のプレイヤーが勝ち、となるのです。

    2c86cdd9d6e798a69217779fefac82d1d0946cab1f462c33e169257913ca53de179586d40cf62432
    つまり、「クリアは早かったけどミス回数が多くあまりリングを取らなかった」人より「多少遅れても丁寧に進み、リングやアイテムもたくさん取った」人のほうが最終的には勝利できるのです。これなら反射神経が鈍くてスピードアクションに追いつけないこともある私でも熱い勝負ができるかも…!?

    …あ、でも相手がゴールしてから60秒以内にゴールできないとタイムオーバーになっちゃうそうです。やっぱり多少の練習は必要ですねっ。
    Nintendo Switchならおすそ分けプレイでコントローラーをわざわざ用意しなくても遊べるので、気軽に家族や友だちとワイワイ遊べますよ!



    …さて、ここまではストーリーモードとは別の2つのモードをご紹介しましたが、次からは通常のストーリーモードで楽しめる見どころをご紹介していきます。皆さんが気になっているであろうあの「ぷよっとしたアレ」についてもご紹介しますよ。

    ソニックマニア公式サイト
    http://sonic.sega.jp/SonicMania/
    by **こあら**
    ©SEGA

  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』発売!編集部も期待以上の大満足!

    2017-03-03 00:01
    記事作成のため、一足お先に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下『ブレス』)をプレイさせてもらっています。次のニンドリ発売は3月21日なのですが、もっと早いうちに楽しんでいる様子を伝えられたらと思い、少しだけブログを書くことにしました。

    発売日にNintendo Switchを買う人は、『ブレス』をやりたい人が多いと思うんです。
    でも、「新しい本体だから何となく」とか、「『スプラトゥーン2』が出るから今のうちに買う」という人も中にはいますよね。

    いやいや。

    『ゼルダの伝説』シリーズに一切興味がなくてもいいんです。
    新しい「体験」を求め、面白いゲームを遊びたい!という人なら、『ブレス』をスルーしちゃもったいないよと!


    …「ニンドリはどうせいつも『ゼルダ』プッシュするんでしょ?」と思っている人もいるかもしれません(笑)。が。
    もはや『ゼルダ』であるかどうかは一度忘れてもらっていいです。
    今までの「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」、そんなコンセプトで作られた『ブレス』は、シリーズファン以外の人もより入りやすいはずです。

    (注)Nintendo Switchの同時発売タイトルとして期待の高い『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですが、Wii Uでも楽しめます!


    『ブレス』は、主人公リンクを操作し、広大な世界を自由に冒険していくゲームです。
    これまでの『ゼルダ』シリーズは、順にダンジョンをまわって新しいアイテムを手に入れ、謎や仕掛けを解いていくものでした。いっぽう今作の『ブレス』には決まった順序はなく、最終的な目的地を目指しはするものの、ダンジョンに行くも行かないも自由です。
    目の前の高い山にはよじ登ることができ、高いところから滑空して新しい土地を目指したり、食材を集めて料理をしたり…。暑い場所や寒い場所でそれなりの対処が必要になるなど、どのように道を切り拓くのかが面白いところです。

    編集部では、それぞれのプレイヤーによって遊び方が異なり、会話が盛り上がっています。
    「そんなやり方があったか…」「その場所は気づかなかった!」という発見が毎日あったり、旅に有用な情報を交換をしたり。
    そうやってひとりひとり遊ぶのもいいですし、家族でワイワイ「あっちに行ってみようよ」とか「こうしてはどうだろうか」とか楽しむのも最高だと思います。

    グラフィックは、やわらかく牧歌的な雰囲気。風や空気を感じられる絵づくりが、とても心地いいです。
    リアルなようで記号的であり、ストレスなく遊べるところが素晴らしい。

    そして「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」とはいえ、『ゼルダ』の面白さの本質はゲームならではの「体験」。
    今回の「一本道にはしない」「見えるところにはどこでも行ける」などといった作り手のチャレンジによって、これまでの『ゼルダ』の醍醐味を振り切って、200%にしてくれたように思います!

    (なので、サクッと攻略見ちゃうよりは、自分でできることから試したり、誰かに聞いたりして楽しんでほしいなあ)

    ずっと遊んでいたくなるので、時間を作ってじっくり楽しんでくださいね!


    最後に、「『ゼルダ』って難しいのでは?」と思っている人にひとつ。
    私も正直、「毎日、料理ばっかりして、先に進まないのでは?」「自分はヘタだから、敵とちゃんと戦えるかな?」と思っていたんです。が、だ、大丈夫でした!!
    自由度が高く、さまざまな方法でなんとかなるからです。
    そして、「つらい」と感じてしまうことよりも、「おもしろい」と感じられるように舵をとられているからなんですね。
    (もちろん、敵と戦うのが好きな人は、強い敵を倒す楽しみもあります!)


    ニンドリの記事でも、この世界を旅して楽しんだ様子をお届けできたらと思います。
    皆さんも、ぜひ自分らしい遊び方を楽しんで、投稿などでも教えてくださいね。

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
    ニンドリドットコム


    by りふぁ
    © 2017 Nintendo