• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』発売!編集部も期待以上の大満足!

    2017-03-03 00:01
    記事作成のため、一足お先に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下『ブレス』)をプレイさせてもらっています。次のニンドリ発売は3月21日なのですが、もっと早いうちに楽しんでいる様子を伝えられたらと思い、少しだけブログを書くことにしました。

    発売日にNintendo Switchを買う人は、『ブレス』をやりたい人が多いと思うんです。
    でも、「新しい本体だから何となく」とか、「『スプラトゥーン2』が出るから今のうちに買う」という人も中にはいますよね。

    いやいや。

    『ゼルダの伝説』シリーズに一切興味がなくてもいいんです。
    新しい「体験」を求め、面白いゲームを遊びたい!という人なら、『ブレス』をスルーしちゃもったいないよと!


    …「ニンドリはどうせいつも『ゼルダ』プッシュするんでしょ?」と思っている人もいるかもしれません(笑)。が。
    もはや『ゼルダ』であるかどうかは一度忘れてもらっていいです。
    今までの「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」、そんなコンセプトで作られた『ブレス』は、シリーズファン以外の人もより入りやすいはずです。

    (注)Nintendo Switchの同時発売タイトルとして期待の高い『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ですが、Wii Uでも楽しめます!


    『ブレス』は、主人公リンクを操作し、広大な世界を自由に冒険していくゲームです。
    これまでの『ゼルダ』シリーズは、順にダンジョンをまわって新しいアイテムを手に入れ、謎や仕掛けを解いていくものでした。いっぽう今作の『ブレス』には決まった順序はなく、最終的な目的地を目指しはするものの、ダンジョンに行くも行かないも自由です。
    目の前の高い山にはよじ登ることができ、高いところから滑空して新しい土地を目指したり、食材を集めて料理をしたり…。暑い場所や寒い場所でそれなりの対処が必要になるなど、どのように道を切り拓くのかが面白いところです。

    編集部では、それぞれのプレイヤーによって遊び方が異なり、会話が盛り上がっています。
    「そんなやり方があったか…」「その場所は気づかなかった!」という発見が毎日あったり、旅に有用な情報を交換をしたり。
    そうやってひとりひとり遊ぶのもいいですし、家族でワイワイ「あっちに行ってみようよ」とか「こうしてはどうだろうか」とか楽しむのも最高だと思います。

    グラフィックは、やわらかく牧歌的な雰囲気。風や空気を感じられる絵づくりが、とても心地いいです。
    リアルなようで記号的であり、ストレスなく遊べるところが素晴らしい。

    そして「『ゼルダ』のアタリマエを見直す」とはいえ、『ゼルダ』の面白さの本質はゲームならではの「体験」。
    今回の「一本道にはしない」「見えるところにはどこでも行ける」などといった作り手のチャレンジによって、これまでの『ゼルダ』の醍醐味を振り切って、200%にしてくれたように思います!

    (なので、サクッと攻略見ちゃうよりは、自分でできることから試したり、誰かに聞いたりして楽しんでほしいなあ)

    ずっと遊んでいたくなるので、時間を作ってじっくり楽しんでくださいね!


    最後に、「『ゼルダ』って難しいのでは?」と思っている人にひとつ。
    私も正直、「毎日、料理ばっかりして、先に進まないのでは?」「自分はヘタだから、敵とちゃんと戦えるかな?」と思っていたんです。が、だ、大丈夫でした!!
    自由度が高く、さまざまな方法でなんとかなるからです。
    そして、「つらい」と感じてしまうことよりも、「おもしろい」と感じられるように舵をとられているからなんですね。
    (もちろん、敵と戦うのが好きな人は、強い敵を倒す楽しみもあります!)


    ニンドリの記事でも、この世界を旅して楽しんだ様子をお届けできたらと思います。
    皆さんも、ぜひ自分らしい遊び方を楽しんで、投稿などでも教えてくださいね。

    ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
    ニンドリドットコム


    by りふぁ
    © 2017 Nintendo

  • 『パズドラクロス』オリジナル降臨モンスターが配信中です

    2016-10-20 15:14
     『パズドラクロス』オリジナルの降臨モンスターが、10月19日からの配信クエストで遊べるようになりました。
     『パズドラクロス 神の章』なら光古神・ジェスト、『パズドラクロス 龍の章』なら闇古神・ダフネスがダンジョンの最奥で待ちかまえています。
     ダンジョンをクリアして、強力な古神やソウルアーマーを手に入れましょう。

    88314a2d47c1f3171b5b49ae81015c552df89dc9                   3b8b593cad2be034395220cb1620182e4fb3f992
    光古神(ひかりこしん)・ジェスト                              光古神のソウルアーマー                                                
    スキル:敬仰の英知(けいぎょうのえいち)
    ランダムで光か回復ドロップを3個ずつ生成&
    ジェスト以外の味方スキルが1ターン分増加

    da0f3b9b825d73d16381b22fcd613f494c68a97e                     b0cee871d6b8acf2e417dcd081e9dcd777fdc533
    闇古神(やみこしん)・ダフネス                                闇古神のソウルアーマー
    スキル:晦冥の英知(かいめいのえいち)
    ランダムで闇か回復ドロップを3個ずつ生成
    &ダフネス以外の味方スキルが1ターン分増加

     今までに配信された降臨モンスターも再配信が予定されています。チケットを入手できなかった人も再挑戦のチャンスですよ。
     
    by げろたん
    © GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

  • ニンドリ11月号付録プロモーションカード「グランベルの英雄 シグルド」を入れたデッキで遊んでみよう

    2016-09-29 12:00
     今日は、ファイアーエムブレム0(サイファ)第6弾スターターデッキ「聖戦の系譜篇」とブースターパック「閃駆ノ騎影」の発売日ですね。
     スターターデッキ「聖戦の系譜篇」は初登場のシンボル「聖戦旗」、ブースターパック「閃駆ノ騎影」にはシンボル「聖戦旗」「暗夜」のカードが登場します。
    563feb7a6ee22cd2f51e16db47972100e45e10617c353d396b16802cc7dfa652828738bad4de4c12
      スターターデッキ            ブースターパック
     「聖戦の系譜篇」            「閃駆ノ騎影」 
      1404円(込)               1パック10枚入り
                                          378円(込)

     9月21日に発売されたニンドリ11月号にはプロモーションカード「グランベルの英雄 シグルド」(シンボル「聖戦旗」)のカードが2枚ついています。
     今回は、第6弾のスターターデッキ「聖戦の系譜篇」を元に、絆エリアにボンドスキルを持つカードが置かれると戦闘力が上がる、ニンドリ付録プロモーションカード「グランベルの英雄 シグルド」のスキル【誉れ高き騎士】を生かす、ニンドリオリジナルのデッキを作ってみました。

     B06-003「シアルフィの公子 シグルド」やB06-050「あらためてペガサス エマ」を絆エリアに置いて、付録になっているP06-009「グランベルの英雄 シグルド」の戦闘力を上げて戦うデッキです。
     スターターデッキをベースに、お互いを支援すると戦闘力が上がるB06-015「赤き騎士道 ノイッシュ」とB06-017「軽妙なる緑騎 アレク」、味方が相手の後衛から攻撃されたときに守ってくれるB06-007「レンスターの王子 キュアン」の枚数を増やしています(デッキレシピに※のついているカードです)。
     さらに、ブースターパック専用のカードの中から、ボンドスキルを持ち支援力が30のB06-050「あらためてペガサス エマ」と、絆エリアに置かれたカードを出撃させて、退避エリアのカードを絆エリアに置くことができるB06-042「エッダの司祭 クロード」を追加しています。

    ●ニンドリ11月号オリジナルデッキレシピ
    主人公は「シグルド」
    P06-009「グランベルの英雄 シグルド」 (上級職)2枚
    f478202730b5c229dbdbc8e48f287ca50a51ef3a
    (ニンドリ11月号付録プロモーションカード)

    S08-001「聖なる血を継ぐ者 シグルド」 (上級職)4枚
    S08-002「悲劇の聖女 ディアドラ」   (上級職)3枚
    S08-003「ノヴァの騎士 キュアン」   (上級職)2枚
    1937b13c113d666c1f339f248a456f42345952555c0f2d872a12c3a7a39dbff820fcbd379f0657d6d567a3b37e413f1516521a9cbb43bca31d49c626
    (スターターデッキ専用のカード)

    B06-003「シアルフィの公子 シグルド」 (下級職)3枚
    B06-005「精霊の森の少女 ディアドラ」 (下級職)3枚
    B06-007「レンスターの王子 キュアン」 (下級職)4枚※
    B06-011「お転婆な姫 エスリン」    (下級職)3枚
    665e129ace568e136d489804a258609cde5749cffe8341a4a970c94799d1d3bfd990cb90567b832d47deb3b357002901e1134000355caaca8fdb124b78e7cb3937fc23865540663dd8042bdc8c889985

    B06-015「赤き騎士道 ノイッシュ」   (下級職)4枚※
    B06-017「軽妙なる緑騎 アレク」    (下級職)4枚※
    B06-019「ヴェルトマーの公子 アゼル」 (下級職)2枚
    B06-020「想いを秘めた弓 ミデェール」 (下級職)2枚
    a67280222d8edd0522ce4dd0fb77d15ea26b8c8b6b60a3b1b654a4493e965240862ed306a9f82531f1faac999f0fab58d7dec0aa4cbaf8d88f8a7a1cc93e552c3726e62fc70177e2306b5ae3ec1065ea

    B06-035「放浪の吟遊詩人 レヴィン」  (下級職)2枚
    B06-036「旅の踊り子 シルヴィア」   (下級職)1枚
    B06-038「氷雪の翔騎 フュリー」    (上級職)1枚
    B06-039「主君を捜す翼 フュリー」   (下級職)3枚
    b52f7eab97c31187482d20be035ce42498e653f59fbf5fa064d26fd773d55ba24ffb23fe33b0d67270ef1048adc29c953ff729cb7db19174b9741701f67c3325e621f50e311a8bd7998b1a9c8f1052df
    (以上スターターデッキ/ブースターパックのカード)

    B06-042「エッダの司祭 クロード」   (上級職)4枚
    B06-050「あらためてペガサス エマ」  (下級職)3枚
    a1b3cdc3cb3effba5a52db90bf4d03113543c6ce1d97e2074e095c52ec2fcf9f21a761177c4b7565
    (以上ブースターパック専用のカード)

    ●このデッキで活躍するカード
    ・主人公「シグルド」
    B06-003、P06-009、S08-001
    665e129ace568e136d489804a258609cde5749cff478202730b5c229dbdbc8e48f287ca50a51ef3a1937b13c113d666c1f339f248a456f4234595255
    ↑B06-003「シアルフィの公子 シグルド」はボンドスキルを持ち、絆エリアに置いたカードを手札に戻せます。絆エリアにシグルドのカードがあれば自分のターンに戦闘力が上がるP06-009「グランベルの英雄 シグルド」と相性のいいカードです。S08-001「聖なる血を継ぐ者 シグルド」は、同じエリアにディアドラがいれば戦闘力が上がるスキルを持っています

    ・B06-005「精霊の森の少女 ディアドラ」
    fe8341a4a970c94799d1d3bfd990cb90567b832d
    ↑出撃時に退避エリアに置かれているカードと絆エリアのカードを1枚入れ替えることができるので、ボンドスキルを持つB06-003「シアルフィの公子 シグルド」やB06-050「あらためてペガサス エマ」を退避エリアから絆エリアに置くことができます

    ・B06-042「エッダの司祭 クロード」
    3234052adddd8eaf81f093860fb644f0a49e8d04
    ↑コストを払うと、絆エリアに置かれている出撃コスト2以下の「聖戦旗」のカードを出撃させて、退避エリアからカードを1枚絆エリアに置くことができます。自分の手札にあるカードと同じカードを出撃させれば、手札を必殺攻撃や神速回避に使って有利に戦えます

    ●このデッキの戦い方
     ゲームスタート時の6枚の手札に、プロモーションカードの上級職「グランベルの英雄 シグルド」か上級職「聖なる血を継ぐ者 シグルド」のどちらも無い場合は引き直しましょう。
     序盤、主人公の下級職「シアルフィの公子 シグルド」と共に戦う仲間は、前衛に下級職「赤き騎士道 ノイッシュ」や「軽妙なる緑騎 アレク」。後衛には、味方が相手の後衛から攻撃されたときに、1ターンに1回攻撃された味方の戦闘力を+40してくれる下級職の「レンスターの王子 キュアン」を出撃させてください。
    1c171d0773ccef9b4c1a1dbb501c3f7cf2be7750
     絆エリアにはボンドスキルを持つ下級職「シアルフィの公子 シグルド」や「あらためてペガサス エマ」を優先的に置いていきましょう。
    3b703f3693ec32b96372fdc3f3c94e3c9496b7e5
     手元にプロモーションカードの上級職「グランベルの英雄 シグルド」があれば2ターン目にクラスチェンジしましょう。自分のターンに、絆エリアに置かれているボンドスキルを持つカードの数だけ戦闘力が10プラスされます。
     下級職「精霊の森の少女 ディアドラ」の出撃時に発動するスキルや、上級職「エッダの司祭 クロード」のスキルを使い、戦場に出撃している味方の数を増やしながら絆エリアにボンドスキルを持つ味方を増やすしていきましょう。
    7e8b91e76fe2cd857b502b82a4ce4c0a8a80951f
     最終的には上級職「聖なる血を継ぐ者 シグルド」にクラスチェンジ。前衛にいるシグルド以外の味方が自分のターン中に戦闘力が+10されるので、戦闘力50以上の味方を前衛で戦わせます。上級職「聖なる血を継ぐ者 シグルド」は同じエリアにディアドラがいれば戦闘力が+10。ディアドラも隣で戦わせましょう。
     絆エリアに置いた下級職「シアルフィの公子 シグルド」のボンドスキル【シアルフィの騎士道】を使って絆エリアからカードを手札に戻し、必殺攻撃や神速回避を上手く使って勝利をめざしましょう。
    2520c19f66f0190f4da7d03cc991dc40d3779840
    by げろたん
    © Nintendo / INTELLIGENT SYSTEMS