• このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ・メルマガ

  • 市場潮流

     今週(9月10~14日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で787円61銭上昇し(率にして3.5%の上昇)、2万3094円67銭で取引を終えました。2週ぶりの上昇です。  米中貿易摩擦の拡大懸念は依然として燻っていますが、14日(金)の株価指数・オプション9月物の特別清算指数(SQ)算出に伴う投機資金の動きなどが、株式相場上昇に大きく寄与したものとみられます。  13日(木)には、トルコ中銀が政策金利を6.25%引き上げると発表。利上げ幅が市場予想の中心(3~5%)を大きく上回ったことを受けて、トルコリラが急騰し、新興国の通貨不安が一服。米国の株式相場が堅調だったことを受けて、14日(金)の東京株式市場は続伸して始まり、前日比273円高35銭高で取引を終えました。これは、2月2日以来、約7カ月半ぶりの高値です。  日経平均株価が、2万3000円台に乗せてきたことで、来週以降の展開に期待がかかりますが、引き続き、貿易摩擦問題、中国の景気減速などへの懸念が燻ります。  一本調子に上値を追うのは難しいとみられ、引き続き、好業績銘柄を個別に評価したいと思います。 (水島...

    2日前

    • 0 コメント
  • ■金利上昇でも問題なし!好業績の実質無借金で財務内容が強固なキャッシュリッチ&グローバルな低PER低PBRで増配期待の優待企業を研究!!石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!!■

    銘柄研究に最適な有料メルマガです!クオリティをぜひ体感してください。  今週配信の有料メルマガでは、 高技術の事業を行い、増収増益で好業績を維持しており、実質無借金のキャッシュリッチで、低PER低PBRの過去6期増配している、長期株主優待があるグローバル企業を研究しています。  また、コラムでは、「今年の年末まで3か月と数日となり第4コーナーとなりました。今年の日本株は2月から崩れて、現物投資しか行わない私にとっては悪戦苦闘の日々が続いてきました。しかし2年前と同じように年末に向けて予想以上の米国株の上昇と、それに追随する日本株のリバウンドに期待が持てる状況になってきていると感じています。」と題し、最近の自身の投資行動をケースに、あるセクターに関して情報収集の結果と、投資作戦を考察しています。  さらに、本日一部億の近道に掲載したほか、相場でやられないために自身が留意してきたことを例示しているほか、業績がさらに伸びていくことが見えているのに株価下落している9月の配当と優待利回りが良い企業を8銘柄挙げています。  金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購...

    3日前

    • 0 コメント
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第208号配信中!!

    月曜日の億の近道で、19年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「 炎のファンドマネージャー 」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算208号が9月3日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。 【個別9銘柄の情報!!】 【9/18 第208号では】 ■相場の視点 ■自己株買い発表のテノックスの株価の行方に注目 ■日創プロニティに株価反転の動き ■7月決算2銘柄の決算速報 ■前回取り上げたサイネックスの続報 ■来期業績に関心が寄せられるズーム ■調整中のアドソル日進の次のイベントは10月12日のフォーラム ■TATERU株の下落に引きずられたLCホールディングス ■新四季報で来期EPS134.5円とされたLib Work ■炎のファンドマネージャーの「銘柄選択セミナー」予告編  → ご案内ページ  http://www.honohfm.com/

    3日前

    • 0 コメント
  • 電波利権

     まずは全米テニス女子オープン。凄かったです。  あの世界女王セリーナが思うようにプレー出来ずイライラしているのが分かりました。こんな選手が日本から出てきた事に誇りを感じます。  グローバル化が進んでいますから、大阪選手は海外育ちで日本語が苦手な日本人というところでしょうか(^^)。  サッカーのキリンチャレンジカップも良かったです。  若者こそ素晴らしい活躍!最近のスポーツ界の不祥事を見るにつけ、本当に老害を何とかしなくてはと(苦笑)  前回のメルマガにて下記のように書きました。 『とは言え、他省庁に比べたら財務省はまだマシな方です。経産省や農水省に至っては悪徳業者と分かっていても業界(天下り先)維持の為に露骨に手心を加えますし、簡単な注意をしただけで放置…なんて事例が山ほどあります。』  ところが・・・、これを読んだ関西の知り合いから、 「違うよ。こっちでは悪徳業者が有力議員の後援会に色々な形で食い込んでいるから手が出せないんだ。」 「業界団体も目立たないように結構な額のパーティー券を買っている。」 「下手な処分などしたら直ぐに秘書から電話が入ることもあるし、我...

    1週間前

    • 0 コメント
  • 資産形成ダイナミックメカニズム その2

     前回に続き、資産形成ダイナミックメカニズムの解説です。  前回 ⇒  http://okuchika.net/?eid=7926  今回は収入について。  資産形成のアドバイスをしていると、多くの人が 「資産運用」に取り組めば、資産形成ができる と思っていることを感じます。  しかし、資産形成で一番大事で、誰しもが最優先で取り組まなければならないのは自分の収入を拡大することです。  この自分のバリューを最大に高める努力が、資産形成には一番効果的なのですが、そこのところを誤解している人は多いように思います。  それを踏まえて、資産形成ダイナミクスの表を解説していきましょう。 【1】収入を拡大する  1)ヒューマンキャピタルバリューの拡大    1.より長い年月働く      a.健康寿命の延伸       ・正しい生活習慣       ・最高水準の医療サービスへのアクセス         定期健診、治療  まずは、健康面です。  これもシンプルですが、「健康」でないと仕事に前向きに取り組めません。  また実際に加齢に伴い、仕事をしていて体力が必要だと痛感することも増えてきます。  まず...

    2018-09-13

    • 0 コメント
  • ■経済危機でも赤字なし!増収増益の決算と、グローバル展開するビジネスで好業績を維持、低PBRで増配期待の優待企業を研究!!石川臨太郎の有料メルマガ、好評配信中!!■

    銘柄研究に最適な有料メルマガです!クオリティをぜひ体感してください。  今週配信の有料メルマガでは、 直近決算でも増収増益、産業において必要不可欠なビジネスを展開し、リーマンショックでも黒字維持の収益力を持ち、財務も良好で低PBRの、増配が期待出来る株主優待企業を研究しています。  また、コラムでは、「業績の良さも、配当利回りの高さも関係なく、下げてしまう日本株がたくさんあります。その中から、この企業なら投資して安心だと自分が納得できる企業の株を、勇気をだして分散で買っていく。いまこそ勇気を振り絞り株への投資を増やすべき時だと考えて、ゆっくりですが実行をスタートしています。」と題し、最近の自身の投資行動を振り返りながら、反省点と今後への課題を抽出し、具体的な銘柄を挙げて解説しています。  さらに、本日一部億の近道に掲載したほか、他の成功した投資家から収集した銘柄から、研究銘柄候補を4社取り上げています。  加えて、売り込まれすぎた有望銘柄から、研究銘柄候補を3社ピックアップしています。  金曜までにお申し込みの方には、本号も差し上げます。ぜひご購読を。 詳細は  http...

    2018-09-12

    • 0 コメント
  • 最新有料メルマガから「いまこそ勇気を振り絞り株への投資を増やすべき時」

     今回は特別に、本日配信の有料メルマガ・石川臨太郎の「生涯パートナー銘柄の研究」のコラムの一部を掲載いたします。  自立した投資家、石川臨太郎の最新コンテンツをお楽しみ下さい。 =コラム「いまこそ勇気を振り絞り株への投資を増やすべき時」  (有料メルマガ第498回・2018/9/11配信号) 【前略】  株式投資をして学んだことは沢山ありますが、その中でも特に大切なことは過去も未来も確定しているものは何もない。未来の自分の行動で、過去は常に変ってしまうことを知ったことでした。  「過去は可変的であり、未来は未知である。」「過去についても、未来についても、確定的なことは何も言えない」ということを、株式投資で学べたことは、人生においてもとても役に立ちました。  「過去が変る?」 「やってしまった失敗は取り返しがつかないのではないか?」  そう思われた購読者もいらっしゃると思います。しかし株式投資を長くやっていると「あ、過去が変わるというのは、当たり前のことなのだ」と体感することが出来ます。  中国のことわざにもあることです。 『人間万事、塞翁が馬』という故事です。...

    2018-09-12

    • 0 コメント
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第207号配信中!!

    月曜日の億の近道で、19年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「 炎のファンドマネージャー 」の有料メルマガ「炎の投資情報」通算207号が9月3日に配信されました。  企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。 【大坂なおみ関連銘柄ほか、個別銘柄情報満載!!】 【9/10 第207号では】 ■相場の視点 ■なおみ効果銘柄 ■戦略的先行投資で今期減益見通しのネットマーケティング(6175) ■サイネックス(2376) ■TBCスキャット(3974) ■プラッツ(7813)  → ご案内ページ  http://www.honohfm.com/

    2018-09-11

    • 0 コメント
  • 経常利益1億円未満の上場企業はなぜか狙われる

     停滞局面下の株式相場にあっていくつかの活躍銘柄が堅調な値動きを辿っています。  JALCOホールディングス(6625)はその一つかも知れません。  同社の直近の高値は8月22日につけた289円で時価230円はその高値から20%下落していますが、7月の安値143円からは60%上昇した水準です。  同社の前期の経常利益は35百万円で1億円を下回った水準でしたが、今期は4億円余りに急増するとの見通しを示したことで一気に評価が高まってきたのです。しかも中期的にはP店向けのコンサル業などで収益が急向上するとの見通しを示しており、そうした成長期待がここでの評価の高まりにつながっていると考えられます。  同社社長の田辺氏は野村証券OBでもあり、金融のプロである点も特徴的。  縮小傾向にあると言われるP店業界が生き残りをかけ、資産の有効活用を同社に託す展開が同社の不動産事業の成長を後押しするとの社長の経営戦略がここでの評価につながってきたと言えます(実際には業績の変化とIRへの注力があったと筆者は見ています)。  全体相場が停滞すればするほどこうした事例が他にも出てきそうな気がしま...

    2018-09-11

    • 0 コメント
  • 我慢の投資が成功の源

     本日のメディアは「大坂なおみ」の話で大盛り上がり。テニスが好きな方も興味がない方も話題の人になった感があります。 祝!!全米オープン優勝!!  テニスの4大大会の一つであるUSオープンで日本人として初めて優勝した大坂なおみ選手の快挙がもたらした影響は計り知れない。  皆さんも様々な思いでセリーナウィリアムズとの試合をテレビでご覧になったかと思います。この快挙にわく日本人の興奮が、元気のなかった株式相場に少しでもポジティブな影響をもたらしたと感じているのは筆者だけではないと思います。  この試合でのセリーナウィリアムズの態度は大坂なおみの勝利に水を差したことで後味の悪い印象をもたらしました。それだけに皆さんも複雑な思いがあるかと思いますが、大坂なおみの日本人らしいあこがれの相手や観客を思いやる控え目な態度こそ、勝者にふさわしい。  試合後のなおみ効果は株式市場にも表れ始めています。  大坂なおみ選手の年齢が20歳なだけに、その効果はこれから長期にわたるものと考えられます。  残念ながら試合前からヨネックス、日清食品、WOWOWなど、スポンサー企業や放送メディアへの評...

    2018-09-11

    • 0 コメント

Twitter

生放送

放送済みの番組はまだありません。

動画