• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャーの無料セミナー開催!

    2017-06-27 02:0114時間前
    有料メルマガ「炎の投資情報」が創刊第150号を迎えました。

     それを記念して、7月に東京で「炎のファンドマネージャー無料セミナー」を開催いたします。

     有料メルマガ購読者にお申し込みいただけます。
     受講ご希望の方は、6月30日までにお申し込み下さい。

     先着順にて、満席になり次第受け付け終了となります。
     空席があった場合のみ、一般の方に募集を行う予定です。

     有料メルマガ「炎の投資情報」をまだご購読いただいてない方は、ぜひこの機会にご購読下さい。

     有料メルマガ「炎の投資情報」ご案内ページ
     http://www.honohfm.com/








     ◆無料セミナー「株で創る個人年金」

     講師:炎のファンドマネージャー

     現在の年金制度には一定の安定性がありますが、どこかで矛盾を生じてしまう恐れがあります。
     それを補うのが個人年金づくりに向けた取り組みです。

     サラリーマン生活が7~8年の年代、つまり30歳そこそこから始められると大きな資産形成を早めに行うことができますし、40歳代、50歳代からのスタートでも特段の問題はありません。

     流動性を考えて上場株式を中核にした運用が王道かと思われます。

     その株式投資でのリターンの種類や、リスク管理のためのポートフォリオ構築などを、わかりやすく例を挙げながらお話ししたいと思います。


     日時:7月29日(日) 18:45~20:00

     場所:東京都渋谷区 渋谷駅より徒歩5分
        場所の詳細は、お申し込みいただいた方へお知らせします。

     受講料:無料
  • 【お知らせ】炎のファンドマネージャー有料メルマガ第150号配信中!!

    2017-06-27 01:5814時間前
    月曜日の億の近道で、18年にわたり執筆を続けてきました、おなじみ「炎のファンドマネージャー」の有料メルマガ「炎の投資情報」最新号が6月26日に配信されました。

     企業プレゼン出席や企業個別面談などのアナリスト活動を基本にした、独自の目線の投資情報を毎週1回、月曜日に皆様にお届けします。


    【気になる低位株や調整株情報!今週のIPO銘柄や決算説明会レポート!】


    ■相場展望
    ■年後半の相場展望
    ■特別報告:ながまれ投資のススメ
    ■炎の企業訪問報告
    ■炎の決算説明会銘柄コメント(2銘柄)
    ■炎の「億の寄り道」、株価110円台の低位2銘柄のコメント
    ■炎の直近調整銘柄コメント(3銘柄)
    ■6月IPO銘柄一口コメント(3銘柄)


     → ご案内ページ http://www.honohfm.com/
     → 申し込みフォーム http://goo.gl/ikAUu3


    【6/19第149号を読む】
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    http://okuchika.net/?eid=7088


    【6/26第150号を読む】
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
    http://okuchika.net/?eid=7102
  • 市場潮流

    2017-06-27 01:5614時間前
    cd0a1c3027531ddc28d651f7c97fa20e_s.jpg



     今週(6月19~23日)の東京株式市場は、日経平均株価が週間で189円41銭上昇し(率にして0.9%の上昇)、2万132円67銭で取引を終えました。

     週初から外為相場での円安進行、米株高などを好感して日経平均株価は20日まで3日続伸。20日には6月2日以来、半月ぶりに年初来高値を更新しました。
     21日、22日は原油安が重荷となり、続落しましたが、23日は小反発して終えました。


     来週も大きな材料はありませんが、米国の景気動向を反映した米国株の動き、原油市況の動向などが焦点となりそうです。

     原油相場をみるうえでは、サウジアラビアの「皇太子交代」が重要なポイントになりそうです。新皇太子は「脱石油」に向けた構造改革の旗振り役だけに、改革を促進するうえでも、一定の原油価格は維持したいところだと思います。

     一方で、イラン、カタールなどに対しては強硬な姿勢が目立つだけに、「減産合意」の足並みが乱れる可能性もあります。


    (水島寒月)


    (情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)