• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • 『Innocent Eyes』 26〜「 レコーディング」という幸福な時間について (8)

    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。

    2日前

    • 0 コメント
  • 『Innocent Eyes』 25〜「 レコーディング」という幸福な時間について (7)

    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。

    2018-06-13

    • 0 コメント
  • 津田直士 情報まとめ 6月9日号

    津田直士に関連する情報のまとめ記事です。 ニコ生やTwitterなどでは分散してしまう最新情報や重要なお知らせを、きちんとまとめてお届けします。また、それらの情報にまつわる津田直士本人によるコラムなどの文章そして、本人ならではのフライング情報なども・・・!

    2018-06-09

    • 0 コメント
  • 『Innocent Eyes』 24〜「 レコーディング」という幸福な時間について (6)

    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。

    2018-06-04

    • 0 コメント
  • 『Innocent Eyes』 23〜「 レコーディング」という幸福な時間について (5)

    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。

    2018-05-28

    • 0 コメント
  • 特別掲載(津田直士 資料室)

       2015年7月5日に配信されたブロマガ記事を復刻版としてお届けします オリジナルは http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar825307 になります  僕が、Xの制作をしていた当時の想い出と共に、大切に保管してある数々の資料。  その一部を以前、2013年の9月に「津田直士 資料室」と題してご紹介しました。    http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar338685    http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar344341    http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar350842  3回にわたって掲載したその資料を今回、再びまとめ、新たな資料も追加して掲載します。  レコーディング時に使用したノートや譜面、詳細なスケジュールなどを改めて見ていると、 当時の記憶が鮮やかに蘇ります。  濃密な時間の連続。  闘いの日々。  本当に命がけでした。  そして何より、音楽に対する情熱がとてつもなく強かったことを、残された紙が語りかけ てくれます。  資料をご紹介しながら、そこに眠っている当時の空気も、僕なりにお伝えしていきたいと 思います。  ぜひ楽しんで下さい。 ( ※ 過去の資料を...

    2018-05-25

    • 0 コメント
  • 復刻版【夢と夕陽】55. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.22 【ART OF LIFE -最終回】

           2015年6月9日に配信されたブロマガ記事 を復刻版としてお届けします オリジナルは  http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar807539  になります   【 ART OF LIFE 最終回 】   「輝く未来」と 「ART OF LIFE」    2014年5月。    今から1年ほど前、僕はこの「夢と夕陽」の連載を始めた。    YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR 2014  と、全世界ベストアルバムの発売がきっかけだった。    世界的な活動がいよいよ本格的になり始めたYOSHIKI、そしてX JAPAN・・・という現実が嬉しかったのと、メンバーと共に僕が人生を傾けた大切な作品、「BLUE BLOOD」が25周年を迎えた直後という感慨もあって、僕は「夢と夕陽」の連載でX JAPANとYOSHIKIの「輝く未来」について熱い想いを綴り始めた。    そんなある日、ニコ生番組を共に進行しているあくあ君が僕に話しかけ、とても重要なことを教えてくれた。    「それにしても、今 ART OF LIFE っていうのが感慨深いですよね。」    「えっ?どういうこと?」    「まず、海外で評...

    2018-05-24

    • 0 コメント
  • 『Innocent Eyes』 22〜「 レコーディング」という幸福な時間について (4)

    伝説に関する懐かしい記憶や、世界的アーティストとなった今について、そして自分らしい人生を生きるコツや、輝く未来の創り方について、津田直士が気のおもむくまま自由に書く、エッセイスタイルの新連載ブロマガです。

    2018-05-22

    • 1 コメント
  • 復刻版【夢と夕陽】54. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.21 【ART OF LIFE -18】

         2015年6月4日に配信されたブロマガ記事 を復刻版としてお届けします オリジナルは  http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar803000  になります   【 ART OF LIFE ⑱】       49. (27:33〜) CHORUS (サビ)    いよいよラストのサビだ。    このサビで「ART OF LIFE」は終わる。  何度かサビについて書いてきたので、もうここで説明することはない。  けれど、最後のサビで、しかも曲の終わりだ。  やはりこのサビならでは、という要素はある。    日本人らしい情感が溢れる、哀しみを伴った美しいメロディーを、 X JAPANのバラードサウンドが支える。  曲のフィナーレを飾るように、オーケストラもフルスケールで演奏、豊かな音でバンドサウンドを包む。  YOSHIKIによるトータルプロデュースが見事に実を結んだ素晴らしい音だ。    他のサビより一回り多く、3回目のコーラスが繰り返されると、Drumsの6連フィルに合わせて「In My Life」という歌詞がTOSHIの振り絞るような声で切なく鳴り響き、約30分の「ART OF LIFE」は終わりを告げる...

    2018-05-18

    • 0 コメント
  • 復刻版【夢と夕陽】53. 『100年残る音楽』 を生み続けるYOSHIKI.20 【ART OF LIFE -17】

         2015年5月26日に配信されたブロマガ記事 を復刻版としてお届けします オリジナルは  http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi/blomaga/ar798758  になります   【 ART OF LIFE ⑰】  「ART OF LIFE」の音楽解説も、いよいよクライマックスに近づいてきた。  今回は2度目のSchubertセクションからだ。      43.Schubert(6/4) (26:27 〜)    キーは違うけれど、基本的には 29. Schubert (12:07 〜) と音楽的にほぼ同じ状態からこのセクションは始まる。    けれど、やはりそこは『生きている作品』らしく、後半のクライマックスということで、ちゃんと 29. との違いが存在している。    そしてさらにその違いが、30分という長さを感じさせない結果につながっている。まさに曲が生きている理由だ。    まず、ここのSchubertセクションでは、HIDEのギターメロディー、PATAの速いビートを刻むギター、オーケストラの3者がとても美しく絡むアレンジになっている。    つまり役割分担がはっきりしていて、しかも音的にとても良いバランスとなっているのだ。  最初の2...

    2018-05-17

    • 0 コメント

Twitter

生放送

動画

9:01会員無料

津田直士井上水晶インタビューVol.2

再生25 コメ0 マイ0
入会者見放題

12:19会員無料

津田直士井上水晶インタビューVol.1

再生55 コメ0 マイ0
入会者見放題

8:50会員無料

井上水晶インタビューPART.1

再生31 コメ0 マイ0
入会者見放題

1:00

ニコラジ出演

再生198 コメ2 マイ0

4:30

つだぐみのテーマDemo2

再生203 コメ17 マイ4

2:20

つだぐみのテーマDemo

再生394 コメ161 マイ1

5:35

mora life「Gradation」紹介Movie

再生341 コメ8 マイ7

次回放送予定をお待ちください。