• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

次回放送予定をお待ちください。

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「宗教とブラック企業、信頼を破壊するものとは?」小林よしのりライジング Vol.213

     女優の清水富美加が、突如すべての仕事を放り出して宗教団体「幸福の科学」に出家してしまい、大騒動になっている。 「幸福の科学」は清水の所属事務所・レプロエンタテインメントを「ブラック企業」扱いして対決姿勢を露わにしており、週刊文春の取材にも 「自殺事件のあった電通のような体質があるのではないか。悪質なものを事務所に感じました」 と言っている。  教団広報の主張は、以下のようなものだ。 ・ 仮面ライダーシリーズに出演中、睡眠時間3時間で1カ月31日働いても月給5万円、ボーナスは支給されなかった。 ・性的対象にされるのが嫌で拒否していた水着の仕事を無理やりやらされた。 ・教義に反する「人肉を食べる」シーンのある映画に出演させられた。  教団広報は記者会見では、こうレプロを非難している。 「はっきり言って、芸能界にしばしば見られる奴隷契約、そうした雇用、就労関係があったのが大きな点だと思っている」 「何人も思想の自由、幸福追求の権利が保障され、苦役が禁止されていることは、日本国憲法に保証されている。過密なスケジュール、本人が望まないキャラクター、人を食べる仕事も含...

    5日前

    • 122 コメント
    ダウンロード
  • 「オルタナティブ・ファクトを巡る戦い」小林よしのりライジング Vol.212

     トランプ米政権発足後、 「オルタナティブ・ファクト」 という言葉が話題になっている。 既存の事実に取って代わる、もう一つの事実という意味だ。  大統領報道官ショーン・スパイサーが会見で「就任式を目撃したのは、過去最大の聴衆だった」と発言したのに対して、アメリカのメディアが実際にはガラガラだったと報道した。  オバマの大統領就任式には2009年に約180万人、2013年には約100万人が集まったのに対し、トランプの就任式は「25万人」としているメディアもある。航空写真で比較して見せているものもあるが、トランプの方は確かにスカスカだ。  これについて、NBCの番組でキャスターから「報道官はなぜそんなことを言ったのですか? これは初日からホワイトハウスの広報全体の信用性を損なうものですよ」と追及されたケリーアン・コンウェイ大統領顧問が、「ショーン・スパイサーはオルタナティブ・ファクトを述べた」と擁護し、ここからこの言葉が広がったのである。  トランプ自身も、CNNは嘘ばかり流していると非難し、オルタナティブ・ファクトが存在するようなことを言い続けているが、これは不都合な事実を認めようとしない、マスコミ...

    2017-02-14

    • 132 コメント
    ダウンロード
  • 「『SAPIO』に出てきた幼稚な逆賊」小林よしのりライジング Vol.211

     皇統問題を巡る八木秀次との「激突対論」の後半戦を掲載した、「SAPIO」3月号が発売された。  その概要は、既にライジングVol.204「いると言い張るカルト信者と会った」 http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1154872 に書いているが、八木本人の発言が活字になったことで、改めてそのイカれ具合も露わになったと思う。 「政府はまだ把握していないかもしれませんが、旧宮家のトップクラスが、皇籍復帰の意向を持つ方を把握していると聞いています」  誰に聞いたんだ? 「旧宮家のトップクラス」って、どこの何者? 証明が一切ない! 「ご結婚を機に旧宮家の男性を当主とする宮家を創設し、眞子さまや佳子さまが妃殿下となる。これは過去にも例があります」  男系宮家創設のためだけに、眞子さま、佳子さまを本人のご意思と関わりなく、旧宮家の男性と結婚させる? 呆れかえる。勝手に妄想しているだけなのだ。  それで、本当にそんなことができるのならさっさと実現しろと迫ったら、八木はこう言う。 「まあ、政府がちゃんと検討すると思いますよ」  たちまち「他人事」になってしまうのだ!  他にもツッコミどこ...

    2017-02-08

    • 161 コメント
    ダウンロード
  • 「『自国第一』は当たり前、グローバリズムもアメリカ第一だった」小林よしのりライジング Vol.210

     アパホテルが客室に南京大虐殺を否定する本を置いているということで騒ぎになり、中国政府は自国内の旅行業者に、アパホテルの利用中止や広告の撤去を要求、観光客にも利用しないよう呼びかけた。  その本は、ホテルを運営するアパグループの代表・元谷外志雄がペンネームで書いた社会時評エッセイ集で、南京大虐殺を否定する論拠は、わしが『戦争論』で挙げた論拠と同じものが多い。  だが一方で、同書は支那事変の拡大要因となった様々な事件を全て「コミンテルン(ソビエト共産党の国際組織)の陰謀」としている。  ただし、わしは「コミンテルン陰謀説」を採ってないから、この点は強調しておく。  どうやら昨今の自称保守・ネトウヨ界隈では、支那事変も大東亜戦争も、なんでもかんでも「コミンテルンの陰謀」にしてしまうトンデモ歴史観が「正史」として定着してしまっているようで、その知性の劣化は留まるところを知らない。  とはいえ、たとえアパホテルの南京大虐殺否定論が、「コミンテルン陰謀説」に基づくトンデモレベルのものだったとしても、それに対して中国政府にとやかく言われる筋合いは全くない。   なぜなら、中国は「日本陰謀...

    2017-01-31

    • 263 コメント
    ダウンロード
  • 「配偶者控除は低賃金の原因ではない」小林よしのりライジング Vol.209

     政治学者の三浦瑠麗氏が週刊新潮1月19日号の連載コラム「週刊『山猫』ツメ研ぎ通信」で非正規労働者について論じていて、その中でこんなことを言っている。  実際のところ、労働者の四割を占める非正規のうち七割は女性です。多くは、「専業主婦」であるパートさん。残り三割の相当部分が定年退職後の高齢男性。若い男性の非正規というのは案外少ないのです。  昨年12月、ゴー宣道場のゲストに招いた時にも同じことを言っていて、その時も、直感的に違和感を覚えた主張である。 「パートさん」という軽い呼び方にも、わしは違和感を覚えるのだが、非正規労働者とは、専業主婦や定年退職者がせいぜい「家計の足し」か「小遣い稼ぎ」のために片手間で就業しているものではない。真剣に生活がかかっている人たちなのだ。  言っておくが、わしは三浦氏を個人的には応援していて、天皇退位問題では「天皇の人権」を配慮するリベラルな立場から、常にわしの側についてくれ、男系固執派に打撃を与えてくれたので、感謝している。  井上達夫氏と同様に根本的な思想が違う部分があるが、権力の暴走を防ぐための徴兵制の効用など、三浦氏には共感するところも...

    2017-01-25

    • 224 コメント
    ダウンロード

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『民主主義という病い』
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『大東亜論・第二部「愛国志士、決起ス』
「卑怯者の島」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

2017/02/25 11:15

よしりんに、きいてみよっ!#66 『天皇退位問題、ついでにトランプ』 動画配信!

2017年1月20日の生放送番組を動画配信!
今回は、笹幸恵さんを迎えて3人でお送りする。
放送日はトランプ大統領の就任式前日ということで、テレビはどこもかしこもこの話題一色。だが、この時点でいくら話しても「予測」でしかなく、つまらないので、それは「ついで」程度にしておいて、目下の最重要課題である天皇生前退位の問題について、ロビー活動の状況などを、話せる範囲で大公開。
他にも、「どうしてここまでつまらんものが作れるのかと思いつつ、耐える毎日」という朝ドラ『べっぴんさん』などドラマの話やそのほか、気の向くままにトークを展開!

2017/02/22 12:20

「宗教とブラック企業、信頼を破壊するものとは?」小林よしのりライジング Vol.213

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.213」『宗教とブラック企業、信頼を破壊するものとは?』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…女優の清水富美加が、突如すべての仕事を放り出して宗教団体「幸福の科学」に出家してしまい、大騒動になっている。「幸福の科学」は清水の所属事務所・レプロエンタテインメントを「ブラック企業」扱いして対決姿勢を露わにしているが、プロ側の言い分は全く異なる。この騒動や、電通の事件以降の「ブラック企業バッシングブーム」から読み取れる、日本の労働観の変化とは?※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…“グローバリズム”“グローバル化”という言葉をあまりにもくり返し刷り込まれたことによって、もうこの流れは人の手ではどうにも抗えないもので、「迷惑に感じても我慢していくしかないのが現実」「新しい価値観を受け入れることが大事」と何の根拠もなく思い込まされ、完全に主体性を見失ってしまった人は本当に多いと思う。そう思い込まされた結果、アイデンティティそのものを奪われてしまったのがメキシコである!メキシコの事例から日本人は何を学ぶべきなのか?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!世間的には下手と言われていても、先生が“絵”を評価している漫画家は?好きなアイドルには出家してほしくない?ハロウィンなどの西洋行事ばかり広めようとするのは何故?好きな芸能人に自著の宣伝をしてもらうのはアリ?「夜専用ブラ」とは何のためにある?もっと多くの議員にあってロビー活動をして!うっかり電車を乗り過ごしたことはある?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2017/02/14 21:59

「オルタナティブ・ファクトを巡る戦い」小林よしのりライジング Vol.212

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.212」『オルタナティブ・ファクトを巡る戦い』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…トランプ米政権発足後、「オルタナティブ・ファクト」という言葉が話題になっている。既存の事実に取って代わる、もう一つの事実という意味だ。同様の言葉に「ポスト・トゥルース(脱・真実)」があり、本当に真実かどうかはもはや関心がなく、自分の価値観に近ければそれを「真実」としてしまうという意味だ。各々が自分なりの「オルタナティブ・ファクト」やら「ポスト・トゥルース」やらを見出す時代が来たのだ、というようなことを知識人は言うが、むしろ、真実・トゥルースは必ずあるのだということで、戦わなければならない時代になっているのである!※小説「わたくしの人たち」…占い師・大森先生として電話相談サービス「愚痴聞き館」を始めた沙智子。前回の「祝われたい男」に引き続き、今回の悩める子羊(?)も強烈!私怨私情に囚われ、負の感情のヘドロに溺れてしまっている、24歳独身・志穂。果たして彼女を救うことはできるのか?※おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて、一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてくり!」。今回のお題も作者よしりんが「すごく面白かった」と絶賛でしゅ!ぽっくん、日本一の大金持ちでしゅけど、お巡りしゃんは苦手ぶぁ~い!許してクリ!見逃してクリ!逮捕せんでクリ~!!