• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

次回放送予定をお待ちください。

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「危うかったTPP協定の正体」小林よしのりライジング Vol.202

     先週号では、来年発足するトランプ米政権がTPPを完全に葬り去ることができるか、それとも「言うだけ番長」に終わるかという疑問を呈したが、答えはたちまち出た。   昨日(11月21日)トランプは動画メッセージを発表、公約通り就任初日にTPP(環太平洋連携協定)を離脱すると明言した。  TPPは署名12か国の合計GDPの85%以上となる、6か国以上が批准しなければ発効しない。署名国GDPの60%を占める米国が批准しなければ絶対に発効しないので、これでTPPもご破算である。  すっかり恥さらしな結果となったのは安倍晋三首相である。  そもそもまだ就任もしていない次期大統領に会いに行くこと自体が異例で、それも当選からわずか1週間後という超スピードですっ飛んで行ったのは、異常と言ってもいいほどだ。  安倍は会見で「トランプ次期大統領」ではなく「トランプ大統領」と連呼している。現大統領のオバマにも失礼だし、外交上も相当非常識なのだが、そんなことにも気づかないほど舞い上がっていたのだ。  非公式会談だったためその内容は明らかにされていないが、 安倍は「自由貿易の重要さ」を説き、TPPを離脱しないよう説得したらしい。 ...

    2016-11-22

    • 237 コメント
    ダウンロード
  • 「トランプは『暴言王』か『言うだけ番長』か?」小林よしのりライジング Vol.201

     ドナルド・トランプは、ヘイトスピーチをがなり立て、セクハラやり放題の馬鹿オヤジという雰囲気なので、これが自国のリーダーだったら、そりゃあ残念だろう。  けれどもアメリカ大統領なのだからザマミロと思っておけばいい。  ブッシュ大統領のときも酷い単細胞な奴がなったなあと思ってたら、たちまちアフガン・イラク戦争にのめり込んで、米国の国力を著しく弱めてしまった。  そのせいでオバマ大統領は「もう世界の警察官ではない」と言わざるを得ず、世界中の紛争に介入できなくなってしまった。米国は「内向き」になってしまったのだ。  トランプがヘイトスピーチをがなり立てるので、戦争を起こすと思ってる馬鹿が日本のサヨク知識人には多いが、トランプはオバマより「内向き」で米国ファーストなのだから、むやみに戦争なんかするわけがない。  それどころか在日米軍まで本音では撤退させたいと思ってるので、安倍政権はあわてているのである。  トランプの政治的主張に限って言えば、日本にとっては素晴らしく都合がいいのだから、「隠れトランプ支持」だったわしは、彼が「まとも」にならないことだけを祈っている。 「すべてのイ...

    2016-11-15

    • 175 コメント
    ダウンロード
  • 「ストーカーには治療が必要」小林よしのりライジング Vol.200

     今週も引き続きストーカーに関する考察を深めたい。あくまでも特定個人はサンプルであって、「公的」な問題に昇華させねばならない。  先週号でわしは、ストーカーに対して、 「なぜ絶対にその女に認められなければならないと思い込むのだろうか?あきらめればいいだけじゃないか。無駄な執着をやめればいいだけじゃないか」 と書いた。  正直に言って、わしには「執着」している相手に拒否されているのに、なぜその「執着」を断ち切れないのか、理解できないのだ。  相手に興味がある、好意を持つなら、好かれるように努力すればいいし、それで相思相愛にならぬならば、諦めればいい。興味そのものをなくせばいいし、他の相手に興味を移せばいい。  もし嫌われたならば、こんな恥ずかしいことはない。もう大急ぎで相手の前から去るべきだし、記憶から抹消する勢いで、他のことに打ち込めばいい。他の異性でもいいし、仕事でもいいし、読書でもいいし、スポーツでもいい。   相手に嫌がられているのに「執着」「粘着」「固着」する者は、わしにとってはひたすら気味が悪い生物に過ぎない。  当然「101回目のプロポーズ」はストーカーであるし、ヘン...

    2016-11-08

    • 235 コメント
    ダウンロード
  • 「ストーカーの気質についての考察」小林よしのりライジング Vol.199

     ストーカーによる悲惨な事件が跡を絶たない。  東京都目黒区の24歳の女性会社員が殺害された事件では、逮捕された元交際相手の50歳の男は、待ち伏せする際に顔がばれないようにと、ロングヘアーのかつらに大きなマスク、赤いブラウスを着てブラジャーまでつけるという入念な女装をする、異常な粘着性を見せていた。  ストーカーというと、見知らぬ男が勝手に一人の女性に執着し始めるというパターンを思い浮かべがちだが、 実際には、交際していた相手が別れた途端にストーカー化したというケースが多い。  そう言うと「そんな男と付き合った被害者も悪かったんじゃないか」と安直に「自己責任論」にされそうだが、そう簡単には言い切れない。  付き合い始めた頃はごく常識的で、真面目で、優しい人に見えたのに、時間が経つうちに違和感を覚えるようになり、それで別れを切り出したら、たちまちストーカーになるということもよくあるものなのだ。  女性はやはり信頼する知人の「保証」のある男、「信用」できる男と徐々に付き合うことを勧める。ネットなどで得体の知れない男と知り合って、いきなり深い関係になるような軽率な行動は慎んでおいた方が...

    2016-11-01

    • 262 コメント
    ダウンロード
  • 「『武士の情け』という日本人の倫理観」小林よしのりライジング Vol.198

     蓮舫の二重国籍問題が、まだくすぶっている。  二重国籍は、法的には何の問題もないということはライジングVol.193で詳述したとおりだ。(http://ch.nicovideo.jp/yoshirin/blomaga/ar1107347)  ただし法的には問題ないといっても政治家が、しかも閣僚を経験し、現在は野党第一党の代表で、首相を目指すという人物が二重国籍では問題だというのは、一応正論と言えば正論ではある。  しかし、すでに蓮舫が国籍を日本一国に決定して、手続きを済ませたのなら、この問題にいつまでもこだわって延々と責め続けているネット内の言論は、異常としか言いようがない。  特にこの問題の火付け役となったウェブサイト「アゴラ」の池田信夫と八幡和郎はほとんどストーカー状態で、しつこく女一人に粘着しまくっている。  この異様な執念はどこから来るのかといえば、基本的に民進党が大嫌いで、党首を潰してやりたいという負の欲望からでしかないだろう。実はわしはもっと意地悪く見ていて、彼らの顔が悪すぎて、モテなかったためにストーカーになったのだろうと思ってたりする。  彼らは、ひたすら自民党の味方、権力の味方なのだ。もともと「強きを助け、...

    2016-10-26

    • 158 コメント
    ダウンロード

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『民主主義という病い』
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『大東亜論・第二部「愛国志士、決起ス』
「卑怯者の島」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

2016/11/22 17:55

「危うかったTPP協定の正体」小林よしのりライジング Vol.202

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.202」『危うかったTPP協定の正体』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…昨日(11月21日)トランプは公約通り就任初日にTPP(環太平洋連携協定)を離脱すると明言した。TPPは米国が批准しなければ絶対に発効しないので、これでTPPもご破算である。すっかり恥さらしな結果となったのは安倍晋三首相であるが、もしTPPが発効していたらどういうことになっていたのか、検証しておくことは今後のためにも重要である。日本の政治家や官僚が、どこまで国を売ろうとするのか、こいつらがいかに警戒しなければならない人間であるかは、知っておかなければならない!※小説「わたくしの人たち」…自称“美魔女”の西川麻央に誘われ“凄い友達”が集う食事会に参加することに。そこは、互いが互いに持ち上げ合い、自己顕示欲と承認願望と損得勘定に満ちた禍々しい空間だった…!そこで見た、女の狡猾なポジショニングと、計算し尽くされたセルフプロデュースとは!?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!運動不足解消に社交ダンスはどう?ゴーマニズム宣言は公平中立?正直、最近の「笑ってはいけない」はマンネリでは?脚本・宮藤官九郎で「オリンピック」を描くという2019年の大河ドラマ、期待できる?妹ばかり「可愛い」というお父さんを怒って!先生にとって思い出の泣ける漫画は?「ドラえもん」の主人公は誰?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2016/11/19 15:59

「劣化保守の惨状」 よしりんに、きいてみよっ!#63

2016年10月19日の生放送番組をアーカイブ動画にアップしました!
今回のお題は…
題目1 竹田研究会の闇について語る
題目2 「生前退位」有識者会議の避けられない論点
題目3 憲法改正 自民党草案に見る劣化保守の証明
題目4 蓮舫の二重国籍について
題目5 豊洲市場、石原慎太郎の負の遺産について
もう笑ってしまうしかない、でも笑ってばかりもいられない、「劣化保守」のトンデモぶりを暴き尽くす!

2016/11/15 18:50

「トランプは『暴言王』か『言うだけ番長』か?」小林よしのりライジング Vol.201

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.201」『トランプは「暴言王」か「言うだけ番長」か?』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…アメリカの次期大統領はドナルド・トランプに決まった。日本のメディアも大騒ぎで、知識人も自己矛盾を曝け出している。多数の有名人を投入し、メディアも味方につけておきながら、なぜヒラリーは勝てなかったのか?当選した途端、トランプの言動は変わりつつあるとも言われているが、果たして彼は「暴言王」か「言うだけ番長」か?※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…東京都内は2020年のオリンピックに向けて、超高層マンションの建設ラッシュである。しかし、建材も人件費も高騰している現在、そう簡単に一般庶民が購入できるようなレベルの物件ではないはずだ。しかも全国的に空き家問題が深刻化しつつある上、既に様々な問題が起こり始めている。現代日本が抱えるトンデモな住宅事情とは?※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!ダイエットのために「半日断食」はどう?トランプが次期米大統領に決まったことは日本にとってチャンスでは?「墓場まで持って行く」秘密はある?よしりんはどんなウソをつく?二人っきりで会っている男女に友情はある?子供よりネコにばかり優しくするお母さんを怒って!自分が生み出したキャラクターに特別な感情を抱いたことはある?…等々、よしりんの回答や如何に!?