• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

小林よしのりチャンネル

次回放送予定をお待ちください。

小林よしのりライジング

『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。 気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、よしりんの心を揺さぶった娯楽を紹介する「カルチャークラブ」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成させる読者参加企画「しゃべらせてクリ!」、長年の漫画家キャリアで描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが日本神話を自由に語る「もくれんの『ザ・神様!』、秘書のよしりん観察記「今週のよしりん」等々、盛り沢山でお届けします!

小林よしのり(漫画家)

  • 「オリンピックに見る女性の時代とボコハラム」小林よしのりライジング Vol.189

     わしはナショナリストだが、オリンピックに関心が強い方ではない。  テレビで中継を見始めてしまうと仕事にならなくなるから、あえて関心を持つまいとしてきたということもある。  わしは女子マラソンのファンだったので、オリンピックでもそれだけは見ていたのだが、最近では日本人の有力選手がいなくなってしまったので、関心を失ってしまったというのも大きい。  ところが今回のリオ・オリンピックでは、女子選手の活躍につい興奮し、感動までしてしまった。  特に卓球の福原愛、石川佳純、伊藤美誠の活躍とその背景を見ていると、昔の日本人とはずいぶん違ってしまったなあと感慨深い。  昔の根性論は、例えば『巨人の星』のように、親父が息子をスパルタ教育するものだった。それは戦時中に軍隊教育を受けた親父が多かったからという事情もある。  わしの父も、戦時中は徴兵にとられて軍事教練を受けていたし、わしが小学生の頃は、学校の先生も戦時中の体験があるから、スパルタ教師が多かったものだ。  戦中派の教師が定年退職し、戦後派の教師と入れ替わるころには、『巨人の星』のような父と息子の根性論はやがてパロディのネタにされ、...

    14時間前

    • 26 コメント
    ダウンロード
  • 「天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち」小林よしのりライジング Vol.188

     多くの人が感じたとおり、8月8日に発表された天皇陛下のビデオメッセージは、昭和20年の敗戦時に続く2度目の「玉音放送」というべきものだった。  天皇陛下が生前退位=譲位を望んでおられることは、もう疑いの余地がない。   何よりも驚いたのは、陛下が「摂政」の設置に否定的であるというところにまで踏み込まれたことだった。  先月「生前退位」に関する第一報が流れた後、皇室典範改正に反対する「Y染色体保守派」から 「退位はさせず、摂政を置くべき」 という意見が続出したことを陛下は明らかに知っておられ、それを自らのお言葉で否定されたのである。  現在、政府は 「一代限りの特別立法」 で対処しようとしているが、それも陛下のご意思に反していることは、このお言葉で明らかである。 これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。 「一代限りの特別立法」 では、 「皇室がどのような時にも国民と共にあり」「象徴天皇の務めが常に途切れる...

    2016-08-16

    • 148 コメント
    ダウンロード
  • 「新自由主義の見本市・韓国――就職浪人と貧困街タルトンネ」小林よしのりライジング Vol.187

     前回のトンデモ見聞録では、先進国の格差社会のなかに生まれる、一見してそうとは把握しづらい《相対的貧困者》の実態として、「格差の先進国アメリカ~貧困だから太る子供たち」を書いた。アメリカ人といえば「ジャンクフードが好きで太っている」という大雑把なイメージを持つ人は多いと思うが、その実態は「カネがすべて」の新自由主義による際限なき競争のなかで、「野菜が買えず、ジャンクフードやスナック菓子しか食べられない」状態に置かれる《家畜化させられた貧困米国民》でもあった。  こんな米国の奴隷に甘んじ、「NO」と言えずに次々と「構造改革」させられてゆく日本の今後は、一体どうなってしまうのか?  そこで今回からは、 日本よりも先に米国民間企業からのドメスティック・バイオレンスを浴びまくり、新自由主義を突き進めてしまった韓国の実態 を、何回かに分けて紹介していきたいと思う。 ◆日本の現状が進行するとこうなる! 韓国の生き残り受験戦争  非常に深刻な格差社会に陥っている韓国は、いま、 上位1%の富裕層が国家全体の収入の45%を独占し、中間層は崩壊、国民の平均年収は3000万ウォン(約290万円)に満たな...

    2016-08-02

    • 235 コメント
    ダウンロード
  • 「幸せよりもカネが欲しい高齢者」小林よしのりライジング Vol.186

      今の高齢者は、圧倒的に「幸せよりもカネが欲しい」と思っている!  博報堂生活総合研究所が60~74歳を対象にした「シルバー意識調査」の結果を発表した。  その中に「欲しいもの」を「若さ」や「名誉」など20項目から3つ選ぶという質問項目があり、1位は「健康」、2位が「安定した暮らし」、3位が「お金」となった。  この結果で注目を浴びたのは、 欲しいものは「お金」と答えた人が40.6%に上り、「幸せ」の15.7%を大きく上回ったことだった。 「お金で買えない幸せがある」「お金よりも幸せが大事」といったことは常識のように言われてきたし、年配者こそそういう台詞を言うものだと思っていたが、今や年配者が身も蓋もなく 「幸せよりカネ!」 と言うようになってしまったのだ。  同調査は1986年から10年ごとに同じ方式で実施され、今回が4回目になる。   初回の86年調査では「欲しいもの」は「幸せ」(31.1%)が「お金」(28.1%)を上回っていたが、2回目の96年に逆転。その後は差が広がり、ついにはお金が欲しい人が、幸せが欲しい人の2.5倍以上にまでなってしまったのだ。  年々幸せを求める人がどんどん減り、お金を求める人が...

    2016-07-26

    • 106 コメント
    ダウンロード
  • 「天皇陛下、生前退位のご意向」小林よしのりライジング Vol.185

     天皇陛下が生前退位のご意向を示されているという報道は衝撃だった。  7月13日にNHKが第一報を報道すると、たちまち全マスコミが後追いし、 天皇陛下が退位して皇太子殿下へ譲位したいと考えておられること は、たちまち疑いない既成事実の扱いとなった。  皇室典範に生前退位の規定はなく、ご意向を叶えるには典範の改正が必須だが、典範改正は国会が行う国政問題となっている。  本来、皇室典範は皇室の家法であり、これが「国政問題」になっていること自体がおかしいのだが、天皇は憲法の規定によって国政には関われないことになっているから、もし天皇陛下が「生前退位できるよう、皇室典範を改正してほしい」と言ったら、憲法違反になってしまう。  報道の直後、宮内庁が「報道されたような事実は一切ない」と否定したが、これは憲法違反の発言ととられることを懸念したためだろう。  だがその一方で宮内庁は、陛下がご自身のお考えを国民に広く示される方向で検討を進めているという。  おそらくその際は、天皇陛下は制度の問題に関しては国会に委ねるとして一切触れず、ただご自身の心情を語るという形にするのだろう。  陛下は憲法に...

    2016-07-19

    • 115 コメント
    ダウンロード

漫画家 小林よしのり:プロフィール

小林よしのり公式サイト
ゴー宣道場ホームページ

新刊情報

「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『民主主義という病い』
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『大東亜論・第二部「愛国志士、決起ス』
「卑怯者の島」
「ゴーマニズム宣言SPECIAL」『新戦争論1』

2016/08/23 21:03

「オリンピックに見る女性の時代とボコハラム」小林よしのりライジング Vol.189

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.189」『オリンピックに見る女性の時代とボコハラム』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…わしはナショナリストだが、オリンピックに関心が強い方ではない。ところが今回のリオ・オリンピックでは、女子選手の活躍につい興奮し、感動までしてしまった。特に卓球の福原愛、石川佳純、伊藤美誠の活躍とその背景を見ていると、“根性論”を主張していた昔の日本人とはずいぶん違ってしまったなあと感慨深い。さらに選手たちのナショナリズムのあり方も大きく変わっているようだ。リオ・オリンピックに見た時代の変化とは?※復活!「ザ・神様!」…特別復活!今回は改めて「古事記」「日本書紀」の記述をふりかえりながら、世界のどこにも類を見ない「シラス」天皇の凄さを詳述します!タケミカヅチ神話から知る『シラス』と『ウシハク』、中国(シナ)の皇帝と日本の天皇の決定的な違い、三種の神器『八咫鏡』がしめすもの、日本書紀『天壌無窮の神勅』…等々、最も重要なポイントをコンパクトに網羅!必読です!※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「よしりん先生」と呼ばれるのは不快?「グローバリズムはダメ」「民主主義もダメ」と言うけど、ではよしりんの理想は何なの?泉美木蘭さん、あの人に似てない!?映画等の「ネタバレ」解禁はいつ頃だと思う?五輪で女性選手が大活躍!女性選手の活躍を喜ぶのは、単に自分が男だから?…等々、よしりんの回答や如何に!?

2016/08/20 16:36

「『民主主義という病い』を読み解く」 よしりんに、きいてみよっ!#60 配信!

7月12日の生放送番組を、アーカイブ動画にアップしました!

参議院選挙は与党が圧勝、改憲勢力は衆参両院で3分の2の議席を獲得した。ところが選挙後、有権者の80%が「3分の2」の意味を知らなかったという、なんともトホホなニュースが飛び込んできた。
これが民主主義というものだ! やはり「3分の2」とは何かも分からない者からは投票権を取り上げるべきである!
今回わずかに喜ばしかったのは、若者の4割が自民党支持で、マスコミがあれだけ担いだにも関わらず、シールズは若者に全然支持されていなかったという事実が明らかになったこと。
それにしても、格差社会は深刻化の一途をたどっているのに、なぜ下流層は怒りの声を上げないのか? それには「下見て暮らせ」と意識を誘導された、差別の構造がある。ちょっと問題あり(?)の図解で、分かりやすく教えよう!

2016/08/16 20:24

「天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち」小林よしのりライジング Vol.188

公式Webマガジン「小林よしのりライジング Vol.188」『天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち』を配信しました!!【今週のお知らせ】※「ゴーマニズム宣言」…8月8日に発表された天皇陛下のビデオメッセージは、昭和20年の敗戦時に続く2度目の「玉音放送」というべきものだった。ところが今回2度目の「玉音放送」では、徹底して陛下のご意思を無視しようとする者が続出している。しかもその多くが「保守」を自称し、自分には「尊皇心」があるという風を装っているのだから、71年間の日本人の堕落もここに極まれりである。天皇陛下の「切なる願い」に逆らおうというのだから、これは「国賊」以外の何物でもない。そこで今回は、平成28年8月8日の玉音を拝してもなお反逆を続けた「国賊」を列挙し、歴史の記録としたい。※特別寄稿「天皇陛下を想う、市井の民より」…8月8日のお気持ち表明以来、天皇陛下への敬愛を自然に語る人たちが大勢いる。天皇陛下は、つねにご自分のためではなく、国民のため。私のためではなく、あくまでも公のため――しかし国民は、そんな陛下のお気持ちを、折にふれてたまに顧みては、また忘れてしまう。大御心の深さのあまり、そう甘えつづけてきた自分自身を反省しながら、今回は、天皇皇后両陛下の過去のお言葉を読み返していきたい。※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!昭和天皇を演じた俳優たちの中で特に素晴らしかったのは誰?「ほぼ全部見えてます!」というグラビア、乳首や穴を隠す意味はあるのか?全然好みじゃない女性に口説かれた場合、どう接するべき?生前退位できるよう典範改正したら、恣意的退位の危険性が高まる?五輪だらけかと思ったら、今度はSMAP解散に大騒ぎ…日本のメディアはどうなってるの?…等々、よしりんの回答や如何に!?