• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 「花形満の時代、星飛雄馬も左門豊作もいない」小林よしのりライジング Vol.190

    2016-08-30 21:1059
    150pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
    第190号 2016.8.30発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「ゴーマニズム宣言」…先週に引き続き、リオ・オリンピックのメダルラッシュから考察を進めてみたい。先週、今回のメダリストたちにはナショナリズムの感覚が希薄だと指摘したが、もう一つ彼ら・彼女らに希薄…というより、もはや皆無だと感じたものがある。それは「ハングリー精神」である!今のスポーツ選手は貧乏からの脱出のために能力を磨いた者たちではない。逆に豊かだからこそ、恵まれた家庭環境で好きな競技の練習に没頭し、才能を伸ばすことができた者たちである。リオ・オリンピックの結果から分析できる、現代日本の実相とは?
    ※「泉美木蘭のトンデモ見聞録」…NHKのニュース番組で紹介された貧困家庭の女子高生が、「貧困には見えない」とバッシングに晒されている問題。ネット民たちは「多数のアニメグッズを持っている!」「映画・イベントにも何度も行っている!」「1000円以上のランチを食べている!」「NHKのヤラセだ!!」などと生活端々に至るまで難癖をつけて炎上させている。彼らの蛮行と差別心、そして「見えない貧困」の実態を直視せよ!
    ※復活!著名なる言論人の方々の立派な御意見を思いっきり褒めそやす「御意見拝聴・よいしょでいこう!」。先週金曜日の深夜に放送された「朝まで生テレビ!」にて、竹田恒泰氏が妄言…いや名言を連発!!ということで、今回は竹田氏の大嘘…いやいや素晴らしい超絶技巧の数々をご紹介します!


    【今週の目次】
    1. ゴーマニズム宣言・第185回「花形満の時代、星飛雄馬も左門豊作もいない」
    2. 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第12回「『見えない貧困』が理解できないネット愚民と片山さつき」
    3. 御意見拝聴・よいしょでいこう!・特別編「『朝まで生テレビ!~激論!象徴天皇と生前退位~』〈1〉変幻自在!竹田恒泰流議論の超絶技巧!」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
    7. 編集後記




    a4ce1caf1f8abb131c469c9146f5fc59e8d53f0f

    第185回「花形満の時代、星飛雄馬も左門豊作もいない」

     先週に引き続き、リオ・オリンピックのメダルラッシュから考察を進めてみたい。
     先週、今回のメダリストたちにはナショナリズムの感覚が希薄だと指摘したが、もう一つ彼ら・彼女らに希薄…というより、もはや皆無だと感じたものがある。
     それは「ハングリー精神」である。

     読者の中に知っている人がどれだけいるか分からないが、60年代後半から70年代の初頭にかけて、『巨人の星』という漫画が大ヒットした。
     スポーツ根性漫画の最高峰で、梶原一騎原作、川崎のぼる作画、アニメも大人気だった。
     この作品の主人公・星飛雄馬は、父親が元プロ野球選手で今は日雇い人夫の貧乏家庭に育ち、そこから「ハングリー精神」でのし上がっていった。
     なにしろ父親が何かというと癇癪起こしてちゃぶ台返しをするシーンが有名になり、息子・飛雄馬に大リーグ養成ギプスをつけて生活をさせるという、今なら児童虐待で放送できないスパルタ教育をしていたものだ。
     また、そのライバルには両親を早く亡くし、5人の弟妹を自分一人で養うために、泥まみれで這い上がろうとする貧乏人の左門豊作というキャラもいた。
    『巨人の星』が大ヒットした60年代後半は、そういう貧乏から「ハングリー精神」でのし上がっていこうという時代だったのだ。

     しかし、今のスポーツ選手は貧乏からの脱出のために能力を磨いた者たちではない。逆に豊かだからこそ、恵まれた家庭環境で好きな競技の練習に没頭し、才能を伸ばすことができた者たちである。
     金メダルを取るには露骨なまでにカネが要る。まず中流以上の家庭で英才教育を受け、才能を開花させて、優秀なコーチやトレーナーに託された選手が、オリンピックに出場できるまでに育つのである。
     実は過去のデータから、オリンピックの金メダルの数はその国のGDP総額でだいたい決まるということは確認されているのだ。 
  • 「オリンピックに見る女性の時代とボコハラム」小林よしのりライジング Vol.189

    2016-08-23 20:55136
    150pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
    第189号 2016.8.23発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「ゴーマニズム宣言」…わしはナショナリストだが、オリンピックに関心が強い方ではない。ところが今回のリオ・オリンピックでは、女子選手の活躍につい興奮し、感動までしてしまった。特に卓球の福原愛、石川佳純、伊藤美誠の活躍とその背景を見ていると、“根性論”を主張していた昔の日本人とはずいぶん違ってしまったなあと感慨深い。さらに選手たちのナショナリズムのあり方も大きく変わっているようだ。リオ・オリンピックに見た時代の変化とは?
    ※復活!「ザ・神様!」…特別復活!今回は改めて「古事記」「日本書紀」の記述をふりかえりながら、世界のどこにも類を見ない「シラス」天皇の凄さを詳述します!タケミカヅチ神話から知る『シラス』と『ウシハク』、中国(シナ)の皇帝と日本の天皇の決定的な違い、三種の神器『八咫鏡』がしめすもの、日本書紀『天壌無窮の神勅』…等々、最も重要なポイントをコンパクトに網羅!必読です!
    ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!「よしりん先生」と呼ばれるのは不快?「グローバリズムはダメ」「民主主義もダメ」と言うけど、ではよしりんの理想は何なの?泉美木蘭さん、あの人に似てない!?映画等の「ネタバレ」解禁はいつ頃だと思う?五輪で女性選手が大活躍!女性選手の活躍を喜ぶのは、単に自分が男だから?…等々、よしりんの回答や如何に!?


    【今週の目次】
    1. ゴーマニズム宣言・第184回「オリンピックに見る女性の時代とボコハラム」
    2. しゃべらせてクリ!・第149回「タイムスリップ!ぽっくんとぽっくんの対決ぶぁ~い!の巻〈前編〉」
    3. ザ・神様!・復活特別番外編「シラス天皇とウシハク権力者」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
    7. 編集後記




    b856f0d1e4cd54abb9c9aea7f84b150aa5777269

    第184回「オリンピックに見る女性の時代とボコハラム」

     わしはナショナリストだが、オリンピックに関心が強い方ではない。
     テレビで中継を見始めてしまうと仕事にならなくなるから、あえて関心を持つまいとしてきたということもある。
     わしは女子マラソンのファンだったので、オリンピックでもそれだけは見ていたのだが、最近では日本人の有力選手がいなくなってしまったので、関心を失ってしまったというのも大きい。
     ところが今回のリオ・オリンピックでは、女子選手の活躍につい興奮し、感動までしてしまった。

     特に卓球の福原愛、石川佳純、伊藤美誠の活躍とその背景を見ていると、昔の日本人とはずいぶん違ってしまったなあと感慨深い。
     昔の根性論は、例えば『巨人の星』のように、親父が息子をスパルタ教育するものだった。それは戦時中に軍隊教育を受けた親父が多かったからという事情もある。
     わしの父も、戦時中は徴兵にとられて軍事教練を受けていたし、わしが小学生の頃は、学校の先生も戦時中の体験があるから、スパルタ教師が多かったものだ。
     戦中派の教師が定年退職し、戦後派の教師と入れ替わるころには、『巨人の星』のような父と息子の根性論はやがてパロディのネタにされ、反戦平和教育の中で、スパルタ教師なんていなくなってしまっていた。

     だが今は、母が娘を根性論でスパルタ式に英才教育している。
     福原愛が母親の特訓を受ける姿は、幼児の頃からメディアに出ていたのでよく知られているが、石川佳純や、今回脚光を浴びた15歳の伊藤美誠も同様で、二人とも卓球選手だった母親から英才教育を受けている。
     伊藤が卓球を始めたのは2歳の時。母は伊藤が幼稚園の頃から毎日7時間程度の練習をさせ、どうしてもできない技術があったときは、夜遅くまで練習させることもあったという。
     石川が卓球を始めたのは6歳で、トップ選手になるためには早期教育が特に重要とされる卓球においてはやや遅いスタートだったが、それをカバーするために、母は自宅に卓球場を建てて練習させた。
     そして、伊藤も石川も過酷な練習を強いられているのに、母と仲が良く、母娘密着がものすごく強い。娘は母が自分のためを思って泣く泣くスパルタ教育をしているということを知っていて、それで母に感謝しているのである。

     レスリングでは伊調馨が、女子ではオリンピック全競技を通じて史上初となる個人種目4連覇を達成したが、伊調の場合も母の影響が強いという。
     伊調の家は父と兄姉がレスリング選手だったが、勝負に対する厳しさはむしろレスリング経験のない母から教わったものらしい。何しろ教育方針が「勝負事には死んでも勝て」だったというのだから、すごい母親だ。
     伊調の母は一昨年亡くなったが、伊調はその遺訓を噛みしめながら戦い、土壇場の大逆転でオリンピック4連覇を達成。「最後はお母さんが助けてくれた…」と泣いていた。
     いまは母が娘にスパルタ教育をしている。
     不思議なことに、いまはむしろ父がスパルタ教育をできなくなっているのだ。伊藤美誠、石川佳純は父も卓球経験者らしいが、なぜかその存在はほとんど見えない。
     男がスパルタ教育をやると何か毛嫌いされてしまうし、父と息子がものすごく強く結びついていたら気色悪いという感覚になってしまう。今となっては『巨人の星』の世界などちょっとヘンタイかと思われそうなのだが、母と娘だったら、それが許容されてしまうのだ。

     リオ・オリンピックを見ていてさらにもう一つ、変わってきたと思うことがある。 
  • 「天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち」小林よしのりライジング Vol.188

    2016-08-16 20:15149
    150pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    c3f0d4ea8027341f15369617681477ec895171d2
    第188号 2016.8.16発行

    「小林よしのりライジング」
    『ゴーマニズム宣言』『おぼっちゃまくん』『東大一直線』の漫画家・小林よしのりが、Webマガジンを通して新たな表現に挑戦します。
    毎週、気になった時事問題を取り上げる「ゴーマニズム宣言」、『おぼっちゃまくん』の一場面にセリフを入れて一コマ漫画を完成してもらう読者参加の爆笑企画「しゃべらせてクリ!」、著名なる言論人の方々が出版なさった、きちんとした書籍を読みましょう!「御意見拝聴・よいしょでいこう!」、漫画家キャリア30年以上で描いてきた膨大な作品群を一作品ごと紹介する「よしりん漫画宝庫」、読者との「Q&Aコーナー」、作家・泉美木蘭さんが無限に想像をふくらませ、とことん自由に笑える「日本神話」の世界を語る「もくれんの『ザ・神様!』」等々、盛り沢山でお送りします。(毎週火曜日発行)

    【今週のお知らせ】
    ※「ゴーマニズム宣言」…8月8日に発表された天皇陛下のビデオメッセージは、昭和20年の敗戦時に続く2度目の「玉音放送」というべきものだった。ところが今回2度目の「玉音放送」では、徹底して陛下のご意思を無視しようとする者が続出している。しかもその多くが「保守」を自称し、自分には「尊皇心」があるという風を装っているのだから、71年間の日本人の堕落もここに極まれりである。天皇陛下の「切なる願い」に逆らおうというのだから、これは「国賊」以外の何物でもない。そこで今回は、平成28年8月8日の玉音を拝してもなお反逆を続けた「国賊」を列挙し、歴史の記録としたい。
    ※特別寄稿「天皇陛下を想う、市井の民より」…8月8日のお気持ち表明以来、天皇陛下への敬愛を自然に語る人たちが大勢いる。天皇陛下は、つねにご自分のためではなく、国民のため。私のためではなく、あくまでも公のため――しかし国民は、そんな陛下のお気持ちを、折にふれてたまに顧みては、また忘れてしまう。大御心の深さのあまり、そう甘えつづけてきた自分自身を反省しながら、今回は、天皇皇后両陛下の過去のお言葉を読み返していきたい。
    ※よしりんが読者からの質問に直接回答「Q&Aコーナー」!昭和天皇を演じた俳優たちの中で特に素晴らしかったのは誰?「ほぼ全部見えてます!」というグラビア、乳首や穴を隠す意味はあるのか?全然好みじゃない女性に口説かれた場合、どう接するべき?生前退位できるよう典範改正したら、恣意的退位の危険性が高まる?五輪だらけかと思ったら、今度はSMAP解散に大騒ぎ…日本のメディアはどうなってるの?…等々、よしりんの回答や如何に!?


    【今週の目次】
    1. ゴーマニズム宣言・第183回「天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち」
    2. しゃべらせてクリ!・第148回「茶魔vs影茶魔の対決ぶぁ~い!の巻〈後編〉」
    3. 特別寄稿・泉美木蘭「天皇陛下を想う、市井の民より」
    4. Q&Aコーナー
    5. 新刊案内&メディア情報(連載、インタビューなど)
    6. 読者から寄せられた感想・ご要望など
    7. 編集後記




    67337e520bc7a608350f51713058d9c54985fa14

    第183回「天皇陛下に公然と叛逆する国賊たち」

     多くの人が感じたとおり、8月8日に発表された天皇陛下のビデオメッセージは、昭和20年の敗戦時に続く2度目の「玉音放送」というべきものだった。
     天皇陛下が生前退位=譲位を望んでおられることは、もう疑いの余地がない。
     何よりも驚いたのは、陛下が「摂政」の設置に否定的であるというところにまで踏み込まれたことだった。
     先月「生前退位」に関する第一報が流れた後、皇室典範改正に反対する「Y染色体保守派」から「退位はさせず、摂政を置くべき」という意見が続出したことを陛下は明らかに知っておられ、それを自らのお言葉で否定されたのである。
     現在、政府は「一代限りの特別立法」で対処しようとしているが、それも陛下のご意思に反していることは、このお言葉で明らかである。
    これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。

    「一代限りの特別立法」では、「皇室がどのような時にも国民と共にあり」「象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていく」ことにはならない。陛下は間違いなく恒久法である皇室典範の改正を望んでおられるのだ。
     その上で陛下は締めくくりに、「国民の理解を得られることを、切に願っています」とおっしゃっている。畏れ多いことに、天皇陛下が国民にお願いされているのである!

     ここまで言われれば、国民は「承詔必謹」で陛下のご意向に従うのみであろう。

     71年前の玉音放送ではほとんどの国民が粛然として敗戦を受け入れ、陛下のご意思に反しても抗戦を続けようとした者はごくわずかだった。
     ところが今回2度目の「玉音放送」では、徹底して陛下のご意思を無視しようとする者が続出している。
     しかもその多くが「保守」を自称し、自分には「尊皇心」があるという風を装っているのだから、71年間の日本人の堕落もここに極まれりである。
     天皇陛下の「切なる願い」に逆らおうというのだから、これは「国賊」以外の何物でもない。
     そこで今回は、平成28年8月8日の玉音を拝してもなお反逆を続けた「国賊」を列挙し、歴史の記録としたい。


     自称保守・似非尊皇派の牙城、産経新聞の1面コラム「産経抄」は、先月第一報が駆け巡った際には「たとえ公務がかなわなくなっても、天皇陛下のままでいていただきたい」と、譲位に反対していた。
     だが陛下のビデオメッセージの翌日、8月9日の紙面では「大いに反省した。なんとも、甘ったるいことを書いたものだ」と書き、結論でもこう述べている。
    皇室典範に規定がない「生前退位」の実現までには、課題が山積している。陛下はそれを十分承知の上で、心情を打ち明けられた。日本と皇室の未来のために知恵を絞ろう。国民はこれまで両陛下に甘えすぎていた。

     珍しいこともあるものだ、産経もついに改心したか? なんて思ったら甘い。
     ページをめくり、2面に載っている社説を見ると、最初こそ天皇陛下を賛美して「国民は感謝と敬意を新たにしたい」などと言っているが、後半に入ると「皇位継承の根幹に関わるだけに、退位を認める皇室典範改正には慎重な意見がある」と言い出し、結局は「恒久法の改正ではなく、今上陛下の一代に限り、可能にする考え方もある」と主張するのだ!
     そればかりか「摂政」についても、「重病など極めて限られたときに置かれる摂政の運用を緩和することなども考えられる」として、なおも摂政を選択肢に入れるのだ!!
     いくら慇懃に天皇を敬愛しているふりをしても、産経新聞は陛下のご意思を尊重するつもりなど一切ないのである。
     そして産経社説は、こう主張して締めくくっている。
    旧宮家の復帰など、皇統を厚くする方策についても考えなくてはならない。

     …もう、脱力する以外にない。
     何万回指摘しても、産経は「旧宮家の復帰」という間違った言葉を使い続けている。
     旧宮家の男性は生きていれば年齢的には90歳にもなる。「旧宮家系で一般国民になった男性」という場合は、「旧宮家系国民男子」と表記するしかないではないか。
     しかも、百万歩譲って用語の問題は措いたとしても、現実問題として「復帰」する「旧宮家」の人間など、この世に1人もいないのだ!
     このことだって、何万回指摘したかわからないのに、産経は今なおこの世に存在しない人物を皇統存続の切り札と固く信じて、一切疑わない。宇宙人は地球に来ていると言い張るアホとまったく一緒である。

     同紙の3面には櫻井よしこが見解を述べているが、これも社説と全く同じ構造になっている。